【必見!】絶対に見てほしい人気のおすすめテレビボード19台!

テレビ台
photo credit: jovike 1960s Middle Class room via photopin (license)

「気に入ったテレビ台が見つからない!」
「おすすめのテレビ台は?」
「どんなテレビボードが人気?」

テレビ台といってもいろんなタイプがあり、形や種類もいろいろなので迷いませんか?

ここでは人気のタイプでおすすめのテレビ台を集めてみました。

とにかく個人的に、「おしゃれでよくできてるなぁ」と思うモノだけを選んでみたんですが、どうでしょう?

おすすめの天然木を使ったシンプルでナチュラルなテレビ台はコレ!

家具といえば温かみのある天然の木を使った、シンプルでナチュラルなタイプにやっぱり人気が集まり、それはテレビ台も同様。

ただ天然木を使っているといっても、全ての部分が木でできているわけではなく、側面や裏側などは木の模様を印刷したシートが使われている事がほとんど。

また天板や引き出し部分など見えている場所に関しても、

  • 木の板が使われているタイプ(無垢材)
  • 表面に薄くスライスした木を貼ってあるタイプ(突板)

とあり、天然木使用となっていても商品によって様々です。

どの部分にどんな素材が使われているかは、耐久性にも関わってくるので、あらかじめ確認しておきましょう。
「木製のテレビ台には注意が必要!」

アイアンと組み合わせたタイプも

最近ではナチュラルなものでも、天然木とアイアンを組み合わせて素材の違いでナチュラル感を出しているタイプの人気も上がっています。

木製でありながらアイアン(スチール)と組み合わせることで、

  • 西海岸風
  • カフェ風

といった雰囲気の部屋に合わせる事も。


 

よくできてるなぁと思う、天然木のおすすめテレビ台

言わずと知れた無印良品のテレビ台。スッキリとしたデザインなのでどんな部屋にもマッチ。

北米のホワイトオーク突板を使用し、天然木ならではの質感が特徴。

無印のサイトで価格をみてみる!



天然木とスチールを組み合わせた、カフェっぽいテレビボード。

天板は木目がはっきりしたパイン材で、ヴィンテージ感もありなかなかの雰囲気。

また、使っていくうちにより良い感じになっていくかも。

このテレビ台の価格をみてみる!

あと素材でいうと、ガラスを使ったりしてるモノもありますが、安全性を考慮すると子供が小さい間は避けたりした方がいいかもしれません。
「ガラスを使ったテレビ台ってどうなんだろう?」

今、最も人気のおしゃれな北欧風テレビ台

現在、雑誌などで取り上げられる事が多い人気のインテリアスタイルの1つといえば、なんといっても北欧風インテリアでしょう。
「テレビボードを北欧風にする時のポイント」

ただ北欧風といっても定義や捉え方はいろいろで、北欧風の家具が溢れかえっています。

ここでは個人的に北欧っぽい(あいまい…)部屋に合いそうなテレビ台として選んでみました。

 

実際に北欧の家庭でこんなのが使われている、という事ではなく、あくまでそんな感じの部屋に合いそうかなぁー、という程度です。

ちなみに「部屋をカフェっぽくしたい」、あるいは「ヴィンテージ風やアンティークっぽいインテリアに興味がある」、なんて人にもいいんじゃないでしょうか。


 

よくできてるなぁと思う、おすすめの北欧風テレビ台

天然の木を使ってる訳ではないんですが、きれいな木目の模様が出ていて、北欧風のインテリアにもはまるかと。

天然木を使っていない分、価格は安め。

このテレビ台の値段をみてみる!



まさに北欧のヴィンテージといったデザインのテレビボード。

デザインを重視したい人にとっては、かなりおすすめな感じなんですがどうでしょう?

公式サイトFLYMEe(フライミー) で価格をみてみる!


表面に天然木は使っていませんが、きれいなウォールナットやアルダー材風の仕上げになった国産品。

長めの脚と、カクカクしたシンプルなデザインが北欧風のインテリアにピッタリじゃないでしょうか。

このテレビ台の価格をみてみる!

人気の伸縮式テレビ台でおすすめはコレ!

部屋のスペースを有意義に使いたいという人にすごく人気の高いテレビ台が、長さを調節できる伸縮式のテレビ台。

長さを変えられるテレビ台のタイプはいろいろあるんですが、この手のテレビ台のよくできた所は、コーナーにも置ける点

片側のパーツをもう一方に乗っけてるだけなので、直線じゃなくても好きな角度に傾けられるんです。なので45度や90度に傾けて部屋の角の場所に置くこともできます。
「伸縮できるテレビ台ってどうなの?」


 

よくできてるなぁと思う、おすすめの伸縮式テレビ台!



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

上に乗せてるだけなので、簡単に幅を調整可能。角度も変えられるので、コーナーテレビ台としても。

デザインもスッキリしながらも、きれいな木目の模様(天然木ではない)で無機質なテレビを置く台として最適!


コチラもコーナータイプにもできる伸長式のテレビ台。

簡単な造りで組み立て式なんですが、その分なかなかよくできた値段になっています。

色違いは

  • ブラウン
  • ナチュラル
  • オーク

の3色対応。

このテレビ台の価格をみてみる!



この伸縮式テレビボードの特徴は、なんといってもアイアンの脚と、表面にウォールナット材を使っているところ。

見た目のおしゃれ感が違います。

もちろん角度を変えてコーナータイプとしても使えます。

このテレビ台の価格をみてみる!

一人暮らしに人気のコンパクトタイプ!

「部屋が狭い!」

これはほとんどの人が感じる部屋についての悩みじゃないでしょうか。特にワンルームなどで一人暮らしをしている人にとっては、とても大きな問題です。

昔と比べてテレビは薄型になりましたが、それでもデッキなどの収納を考えると、ある程度の奥行きは必要。

ただそれでもできるだけ小さめの、コンパクトで小型なテレビ台が欲しいところです。

サイズを考える場合には、長さ(横幅)・奥行き・高さすべてを気にしながら

  • 部屋のスペース
  • 収納するもののサイズ

を考慮して選びましょう。


 

よくできてるなぁと思う、おすすめのコンパクトなテレビ台!

とにかくコンパクトなテレビ台で、横幅は80㎝。長めの脚でさらにスッキリします。

色違いとして脚が白、本体がナチュラル色のタイプもあり。

このテレビ台の値段をみてみる!



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

50×35㎝の超コンパクトサイズ。

回転盤が付いていてボードの上に置いたり寝室に置いたり、また直接床に置くのも可能。

色違い、ブラックあります。

収納重視な人におすすめ!人気のハイタイプテレビ台

リビングといえば色んな物がゴチャゴチャとしてしまい、できるだけ収納スペースが欲しい部屋といえます。

できることならテレビ台の周りにもいろいろ片付けたいところ。

そこで人気なのがハイタイプとかハイボードとか言われる、背の高いテレビ台。
「ハイタイプのテレビ台ってどうなの?」

圧迫感がデメリット

ただハイタイプとなると、高さが180㎝くらいのタイプもあり、リビングへの圧迫感がなかなかです。

ハイタイプのテレビ台を選ぶ場合には、収納スペースがどれだけあるのかはもちろんの事、いかに圧迫感を抑えることができるかが大きなポイント。

あと、大型のテレビに対応する大きいハイタイプのテレビ台が少ない、というのもデメリットといえるでしょう。


 

よくできてるなぁと思う、おすすめのハイタイプのテレビ台


icon-hand-o-rightこのテレビ台の価格をみてみる!

ハイタイプだけどそれほど圧迫感を感じないタイプで、なかなか少ないデザイン。

収納量は少なくなるけど、部屋のスペースや開放感のことが考えられたテレビ台といえるでしょう。

色違いでブラック×ブラウンもあります。

さらに収納をとことん追求するなら、壁を収納で埋め尽くす壁面収納にするという手もありますが、それはそれでデメリットもあるので慎重に検討しましょう。
「テレビ台を壁面収納にする事のメリット・デメリット!」

 


ちなみにハイタイプに限らず圧迫感を抑えたいなら、足つきのテレビ台もおすすめ。床が見える事で圧迫感を減らせます。
(サイズによってはルンバとかお掃除ロボットも使えるし)
「脚の付いたテレビ台ってどう? について」

ただしキャスター付きは、強度などの面からおすすめしません。
「キャスター付きのテレビ台ってどうなんだろう?について考えてみました。」

人気のミッドセンチュリーにもピッタリ!とにかくおしゃれなダークブラウンのテレビ台

家具を選ぶときに色というのは重要な要素です。
「テレビ台の色はどうする?」

ナチュラルな色合いや白や黒を基調としたモノトーンのタイプも売れてるし、なかにはカラフルなのもありますが、一時期からずーっと根強い人気を保っているカラーがダークブラウン

ウォールナットを使ったような、濃いめの茶色の家具はどのアイテムでもメインとなっています。

テレビとの相性も

中でもテレビ台の場合には、テレビの色との相性を考える必要があるんですが、そのほとんどが黒になるんで、ダークブラウンにしておけば、まず間違いはありません。

また人気のミッドセンチュリーなテイストに合わせる場合にも、あまりナチュラルな色にするよりは濃いめのブラウンがはまります。

他のスタイルでも割と合わせやすく(なんといっても茶色なんで)、部屋のスタイルを選びません。

寝室や和室といった落ち着いた雰囲気にしたい場合には、最適な色といえるでしょう。
「ダークブラウンのテレビ台はどうなのか?」


 

よくできてるなぁと思う、ダークブラウンのおすすめテレビ台!

濃いめの茶色+ダークグレーのガラスで、かなり落ち着いた雰囲気に。天然木のアルダー材を使った格子状の引き出しでモダンなスタイルにもなってるので、ミッドセンチュリー風のスタイルにも。

安心の国産品という点もおすすめのポイント!

このテレビ台の値段をみてみる!

 


無印良品の、ウォールナットを使ったテレビボード。 

濃いめの色ですが木目のきれいな素材なので、高級感もありながら温かな雰囲気や質感も味わえます。

このテレビ台を無印のサイトでみてみる!


ダークブラウンの色合いとベーシックなデザインですが、このテレビ台の幅は180㎝あります。

なかなか見かけないサイズな上に、価格がなかなかよくできてます。

さらに200㎝、240㎝とさらに広い幅のテレビ台もあるので、サイズが広めのテレビ台を探している人は、絶対に見ておくべきかと。

 このテレビ台の価格をみてみる!

やっぱり女性に人気抜群!おすすめの白いテレビ台

やはり女性に人気があって外せない色といえば白(ホワイト)です。

テレビの色には黒が多くかわいらしい要素が少ないため、白でかわいい雰囲気を出したり、逆に部屋をモノトーンで統一してモダンな雰囲気にする、というパターンも。

同じ白でも光沢デザインによってイメージがゴロッと変わります。
「白のテレビ台にするときに気を付けたい事」


 

よくできてるなぁと思う、白のおすすめテレビ台



天板と脚をナチュラル色にすることで、カジュアルな部屋にもピッタリ。

雑誌を置いてある扉はプラップタイプになっていて、中に収納してあるAV機器を隠せます。

このテレビ台の値段をみてみる!


こちらも真っ白という訳ではないですが、逆に部屋のスタイルを選ばずどんなテイストにも合わせやすいと思います。

画像の120㎝幅以外に、サイズ違いとして80㎝幅、150㎝幅があって、組み立て式だけど安い!

このテレビ台の値段をみてみる!

安さが人気のおすすめテレビ台!

家具を選ぶ上では、やはり値段は大きな要素。

  • 新築の家を買った
  • 引越しした
  • テレビにお金を使った

とかで置くための台にそこまでお金をかけられない、という人も多いでしょう。

ただamazonやら楽天やらネットの通販サイトとかでテレビ台を見てると、よく「格安!」「激安!」なんて文字を見かけますが注意してください。

安いからには国産品(日本製)じゃないとか、完成品じゃないとか理由が必ずあるので。
「テレビ台を探している人へ、価格の違いはココ!」

安い、というだけなら2~3000円ぐらいのものもホームセンターとか家具を売ってる店で購入できますが、ここではサイズの割には安い、見た目が良いのに安い、といったものを集めてみました。
(ほとんど組み立て品ですが)


 

よくできてるなぁと思う、値段の安いテレビ台!

基本的には価格が安いという事もあって、組み立て式となります。


長さを調節でき、角度を変えられるのでコーナーに置くのも可能。

このサイズで伸長式タイプなのを考えると、組み立て式ながらもやすいんじゃないでしょうか。

このテレビ台の価格をみてみる!

 


部屋のスペースの関係で、どうしてもコーナーにしか置けない場合に助かります。

組み立て式だから値段は安めで、サイズもちっちゃめ!

このテレビ台の値段をみてみる!

 


このテレビ台、なんと210㎝あります。(真ん中で連結してますが)

色違いでホワイトもあり。

もちろん安いんですが、このサイズが希少!
(ちなみに240㎝というサイズもあり)

このテレビ台の値段をみてみる!

 


最適なテレビ台を選ぶ時のポイント

いろいろとおすすめのテレビ台をあげてみましたが、実際には最適なテレビ台を選ぶためには見た目などだけじゃなくいろんなポイントがあります。

サイズを考える

まず最初に考えないといけないのがサイズ。

テレビ台のサイズでいうと、

  • 横幅
  • 奥行
  • 高さ

があります。

横幅

横幅に関しては部屋のサイズによりますが、特に気を付けたいのはテレビよりも必ず横幅の広いモノを選ぶこと。

どのくらいかというのはスペースにもよりますが、一回り大きいくらいからテレビが小さければ2倍くらいあってもいいと思います。

テレビ台の大きさ(横幅)は? サイズの目安はこのくらい!
「テレビに対してテレビ台の大きさはどのくらいがいいの?」 「テレビ台からテレビがはみ出るのはダメ?」 テレビ台を選ぶとき、大きさをどのくらいにしたらいいのか迷いませんか? 家具屋で店員をしていた時も「どのくらいの幅にしたらいい...

奥行

テレビ台の奥行に関してはそこまで気にする必要はないかもしれません。

ただテレビが薄型だからといって奥行のスリムなテレビ台を探している人も多いんですが、テレビ以外にも収納するDVDプレーヤーなどのデッキ類やゲーム機などの奥行を考える必要があります。

【テレビ台の薄型はダメ?】奥行スリムなテレビボードの注意点とおすすめ3台!
「薄型のテレビ台はやめたほうがいい?」 「おすすめの奥行がスリムなテレビ台が知りたい!」 「細いテレビ台のデメリットは?」 家具屋さんで働いていて、テレビボードを探してるお客さんによく聞かれたのが、 「テレビの奥行きが薄いの...

高さ

意外と気にする人が少ないのがテレビ台の高さ。これは部屋の中での見た目やテレビ自体の見やすさに大きく関わってきます。

見た目に関していうと、テレビ台は低め(できれば40㎝以下くらい)のほうが、スッキリするしおしゃれかと。

あと見やすさの面ではテレビの中心を見た時の目線が水平よりも15度ほど下にくるくらいが疲れずに楽だといわれています。

【テレビ台は高さも重要!】ベストな高さの決め方をまとめてみました。
「テレビ台の高さってどうしたらいいの?」 「テレビを見るベストの高さが知りたい!」 テレビ台のサイズを決めるときに迷いがちなのが高さ。 ネットでも「テレビを見るときに最適な高さはこのくらい!」みたいなのをよく見かけるんですが、...

タイプを考える

テレビ台のタイプで考えるところは、

  • ハイタイプ
  • ロータイプ
  • コーナータイプ
  • 伸縮式

など。

「収納重視ならハイタイプ」
「部屋の角を有効に使いたいならコーナータイプ」
「空いたスペースをきっちり埋めたいなら伸縮式」
といった具合に自分に合ったものが何なのかをまず考える必要があります。

【テレビ台は低いほうがいい5つの理由!】と、ロータイプでおすすめのテレビボード5台
「ロータイプのテレビ台ってどうなんだろう?」 「低いテレビ台でおすすめは?」 家具を買うときはサイズについて悩みがちですが、テレビ台の場合は高さがとても重要になります。 個人的にはロータイプがいいんじゃないかなぁと思うんですが、低...
ハイタイプのテレビ台のメリット・デメリットと、おすすめの7台!
「ハイタイプのテレビ台ってどう?」 「メリットやデメリットが知りたい!」 「ハイタイプのテレビボードでおすすめは?」 テレビボードにはテレビを置くだけの低いローボードから、背が高くてサイドや上部に収納ができるハイタイプがあります。...
【角に斜め置きができるテレビ台5選!】と、コーナーテレビ台のメリット・デメリットまとめ
「コーナーテレビ台って使い勝手はどうなの?」 「角に斜めに置けるテレビボードでおすすめが知りたい!」 部屋の角、つまりコーナーにテレビを置こうとコーナータイプのテレビ台を探している人は多いんじゃないでしょうか。 家具屋で働いて...
【伸縮テレビ台ってどう?】ぜひ知っておきたい6つのデメリットと、おすすめの伸長式3台
最近テレビ台を探しているとよく見かけるのが、伸縮できるテレビ台。ちょっと使い勝手とか気になりませんか? 「伸縮タイプにはどんなのがあるの?」 「メリットとデメリットは?」 「いいなぁと思う伸縮タイプはこれ!」 など、伸縮式のテレビ台...

色を考える

テレビ台の色でいうと

  • ブラウン色 (ダークブラウン・ライトブラウン)
  • ナチュラル色
  • ホワイト
  • ブラック
  • グレー

などがあります。基本的には

  • 他の家具に合わせる
  • 床や建具とのバランスを考える

といったことを考えるんですが、他にも色によっては傷が目立ちやすかったり、安っぽく見えたりといったこともあるので、そういったところも注意しましょう。

【テレビ台の色の選び方】テレビ台によく使われる4つの色とそのメリット・デメリットまとめ
「テレビ台の色ってどうやって選んだらいいの?」 「それぞれの色の特徴は?」 テレビ台を選ぶときに、何色にするかは意外と悩む(難しい)もの。 他の家具に合わせるだけじゃなく、色によるメリットやデメリットも知っておきたいところです。 ...

テイストを考える

スタイルとも言えますが、家具を選ぶには部屋のテイストを合わせると統一感が出てスッキリします。

インテリアのテイストというと

  • ナチュラル
  • モダン
  • 北欧風
  • フレンチ
  • アジアン

などいろいろありますが、できればまず部屋の家具を買うときに考えておきたいところです。あとからだと合わすのが難しくなるので。

あと極端なテイストのモノにするとテレビ台だけ浮いてしまったり、といったこともあるので注意しましょう。

テレビ台もデザインはいろいろ。テイストごとのメリット・デメリットについてのまとめ
テレビ台に限らず家具というのは、いろんなポイントを部屋全体で統一させるべきです。その方がまとまるので。 そのときの基準としては 高さや奥行などのサイズ 色 材質 などがありますが、1番手っ取り早いのがデザインやテイス...

強度を考える

テレビ台を選ぶときには強度の面でも注意が必要です。どんな材質を使っているのかも大切ですが、もっとわかりやすいのが完成品か組み立て式かというとこ。

それぞれメリットやデメリットはあるんですが、ほとんどの場合組み立て式のテレビ台のほうが強度的には弱くなります。

組み立て式のテレビ台を検討しているなら、そのあたりは知っておいた方がいいかもしれません。

組み立て式のテレビ台を選ぶときはココに注意!メリット・デメリットをまとめました。
「組み立て式のテレビ台ってどうなの?」 「テレビ台の組み立てって簡単?」 家具にはその種類によって、メーカーで組み立てられた商品以外に、自分で組み立てるタイプのものがあります。 テレビ台にも組み立て式は多いですが、強度とかどう...

収納を考える

あとテレビ台を選ぶときにあまり気にしないのが、収納方法。

収納スペースが

  • 引き出しタイプ
  • 棚に扉がついたタイプ
  • 扉のついてないオープンタイプ

のどれかによって結構使い心地などが変わってきます。

例えばオープンタイプだと見せる収納になったり、引き出しタイプなら小物の収納にはいいけどデッキ類が置けなかったり。

テレビ台を決める前に、収納するものを先に考えておくと選んでからの後悔が少なくなります。

テレビ台の収納は何を入れるのかで、引き出しか扉かが決まってきます!
「テレビ台の収納って何を入れるの?」 「どんなテレビボードが収納に向いてるの?」 テレビ台はテレビを置くために必要なので、ほとんどの家にある家具じゃないでしょうか。 そんなどこの家にでもあるテレビ台において、収納という機能はとても...

脚を考える

これもあまり気にしない人が多いんですが、テレビ台の底がどうなっているかも案外使い勝手に関わってきます。

テレビ台の底は大きく分けると、

  • 脚付き
  • キャスター付き
  • 脚なし

と分けられます。

キャスター付きは動かせるので便利な反面、故障の不安があったり、そもそもそんなに動かすことがあるのかという疑問も。

あと問題なのが脚付きやキャスター付きと、脚なしの比較。そこの違いで掃除のしやすさがかなり変わるので、使い勝手がかなり変わってきます。

「脚付きのテレビ台ってどう?」メリット・デメリットまとめました。
「テレビ台な脚がついてるほうがいい?」 「脚がついてることによるメリット・デメリットは」 テレビ台はデザインによって、脚が付いてる物とそうでない物があります。 どっちが良いのか、脚付きテレビ台の良いトコ、悪いトコについて考えて...
「キャスター付きのテレビ台はやめたほうがいいかも」と思う理由についてです。
「キャスターのついたテレビ台ってどうなの?」 「あとから自分で取り付けられる?」 よくテレビ台の脚の部分にキャスターがついてるものがありまよね。 あると便利な気もするんですが、キャスター付きのテレビ台のメリット・デメリットにつ...

 


 

よくできてるなぁと思う、値段の安いテレビ台!

基本的には価格が安いという事もあって、組み立て式となります。


長さを調節でき、角度を変えられるのでコーナーに置くのも可能。

このサイズで伸長式タイプなのを考えると、組み立て式ながらもやすいんじゃないでしょうか。

このテレビ台の価格をみてみる!

 


部屋のスペースの関係で、どうしてもコーナーにしか置けない場合に助かります。

組み立て式だから値段は安めで、サイズもちっちゃめ!

このテレビ台の値段をみてみる!

 


このテレビ台、なんと210㎝あります。(真ん中で連結してますが)

色違いでホワイトもあり。

もちろん安いんですが、このサイズが希少!
(ちなみに240㎝というサイズもあり)

このテレビ台の値段をみてみる!