「キャスター付きのテレビ台はやめたほうがいいかも」と思う理由についてです。

テレビ台
photo credit: 04.02.2012 via photopin (license)

「キャスターのついたテレビ台ってどうなの?」
「あとから自分で取り付けられる?」

よくテレビ台の脚の部分にキャスターがついてるものがありまよね。

あると便利な気もするんですが、キャスター付きのテレビ台のメリット・デメリットについてまとめてみました。

あと自分で取り付けることについても思うところを書いてます。

キャスター付きのテレビ台の良いトコ!

掃除が楽になる!

掃除に関して1つめは、キャスターが付いていてテレビ台を移動させる事ができるので、当然テレビ台の下を掃除するのが楽になります。

もう1つは、毎回移動させないでも、キャスターの高さの分、テレビ台の底の板が浮いているので、その点でも掃除がしやすいといえます。

テレビの裏側は色んなコードが密集していて、ホコリなどが溜まると危ない、ということもあり、掃除がしやすいというのは最も大きなメリットでしょう。

見やすい場所、角度に移動できる!

キャスター付きで移動ができるという事で、見る位置(部屋)によって置く場所を変えられる、というメリットがあります。

また家具の配置によっては、同じ部屋の中にいても、見る角度が変わる(ソファとダイニングテーブルなど)という事もあり、そんな時にテレビ台ごと角度を変える、という対応もできます。

大型のテレビを置いていて頻繁に動かすというのは、ちょっとしんどいかもしれませんが。

キャスター付きのテレビ台の悪いトコ!

テレビ台が動く

当たり前です。動かすためにキャスターがついてるので。

ただそのために大きなデメリットとなることが結構あるんです。

例えば子供が押しただけでも簡単に動くんです。危なくないですか?

他にもキャスターで動くゆえのデメリットがいろいろありますが、気になるのは次の「床に傷」問題でしょう。

床に傷がつく!

キャスターは車輪が回転して動く物なので、傷なんかつかないと思われがちです。

ただ1回動かしたぐらいでは大丈夫かもしれませんが、ずっと使っていると傷がつく可能性は、かなり高いです。

通常キャスターの数は、1台のテレビ台に対して4~6個程度だと思いますが、それだけの数に全ての重さ(テレビ+テレビ台)が分散されてかかっています。それが床の上で動く訳ですから、傷が付くのも当然です。

傷が気になるなら、動きが悪くなったり完全に傷を防ぐことができない場合もありますが

  • 薄手のラグ
  • クッションフロア
  • チェアマット

などの対応は必要です。

楽天とかで探したら、いろいろ出てきます。

 icon-hand-o-right 楽天で床の傷防止グッズをみてみる!

キャスターが壊れる!

キャスターには土台がスチールでできた、ゴム性の物や、全部がプラスチックの物があります。

プラスチック性のタイプは、小さく軽めで、ちょっと安めのテレビ台に付いてる事が多いんですが、テレビ台が軽いからといって、意外と簡単に壊れます。

「えっ、こんなすぐ壊れる?」っていうぐらいの事もあります。(多くは重すぎたり、入れすぎたり、動かしすぎたりですが)

特にキャスターの本体への取り付けが、ネジ式ではなく差し込み式の物には十分注意が必要です。

ちなみにゴム性のキャスターの場合、ゴムの材質と床の塗料の相性によるものなのか、床の色が変色してしまう場合があるので、その点も注意が必要。

そんなには移動できない!

上のメリットで移動ができる、と書きましたが、動かすには当然コードが邪魔になります。

長めのコードを繋げていればその分動かすことは可能ですが、実際には移動する度に、そこまで長いコードを引きずっていったり、いちいちコードの抜き差しをするのも現実的ではありません。

角度を変える程度ならいいのですが、移動ができるからとキャスター付きにするのは、よく考えた方が無難です。

地震の時など安定が悪い!

キャスターが付いてる時点で、普通よりも動かしやすくなる訳で、当然安定感は悪くなります。

地震があるとすぐにスーッと動いてしまう、とまではいかないかもしれませんが、キャスター部分はクルクル回るので揺れに応じてテレビ台も揺れてしまいます。

キャスターにはロック機能が付いている物がほとんどですが、全く動かないようにピタッと止められる訳ではなく、ロックしていても揺すればグラグラ動きます。

安定感を求めるならキャスター付きというのは、デメリットになるでしょう。

カッコ悪い!

そしてキャスター付きのデメリットとしてあげたい、個人的な意見がコレ。

見た目が悪くなる場合がほとんどです。

まれにキャスターが付いているからこそ、カッコいい!というモノもありますが、多くの場合は普通の脚(本体のデザインや材質に合わせたもの)の方がカッコいいと思うんですけど、どうでしょう?

キャスターを自分で取り付けるのはやめときましょう

ちなみにですが、テレビを購入後にどうしてもキャスターを取り付けたくなる人もけっこういます。

ただ個人的にはやめといたほうがいいかと。

キャスターがついてないテレビ台というのは、当然のことながらキャスターを取り付けるような作りにはなっていません。

ホームセンターでキャスターと木ねじを買ってきて、固定したらいいだけと考えてる人もいるかもしれませんが、キャスターを取り付ける部分に心材が入っているとは限りません。

もし芯材のないところだと薄っぺらのベニヤ板に固定することになり、とても危険です。

重さによって簡単にキャスターが取れてしまうことにもなりかねません。

ある程度技術や知識があるなら自分で取り付けてみてもいいと思うんですが、少なくとも今ここに書いてる心材があるかどうかとか、などについて「何を言ってるかわからない」という場合にはやめておいたほうが無難かと。

キャスター付きのテレビ台のまとめ

キャスターが付いたテレビボードは、掃除が楽になる、といった利点はあるんですが、脚付きのテレビ台でも下は掃除できます。

  • 床が傷つく
  • 安定が悪い
  • カッコ悪い(個人的な意見)

という事を考えると、あえてキャスター付きにする必要はないんじゃないかと。

(ついでに! どうしても動かしたいならキャスターなしでも、家具用のフェルトを裏に貼っといて滑らす、という手もあり。(こっちの方が傷つかないかも)ただテレビの転倒には気を付けましょう!)


 

個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!」もどうぞ。


EMO(エモ)

 icon-hand-o-right 楽天でこのテレビ台をみてみる!

 

詳しい説明は

「EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!」もどうぞ。


Lewis(ルイス) 



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」もどうぞ。


Rits(リッツ)

 

icon-hand-o-right テレビ台リッツの価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!」もどうぞ。


幅広テレビボード



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」もどうぞ。

コストパフォーマンスがなかなか!

 

 

 icon-hand-o-down タイプ別テレビ台の記事については、ココにまとめました。

テレビ台はタイプで選ぶ!機能別に記事をまとめてみました
テレビ台を選ぶには、自分が希望するタイプを考える事が大切です。 それが決まっていないと、数あるテレビ台のなかから必要なテレビを選ぶことができません。 ここではテレビ台のさまざまなタイプについての記事をまとめてみましたので、自分の部屋に合...