無印のローテーブルはココがいいと思うんです!

無印ローテーブルの画像
photo credit: @梁上教授 via photopin (license)

シンプル、ナチュラル、スッキリの家具を探している人が1度は見ておくべきなのが無印良品。

それはローテーブルも同様です。

アイテム数や種類はやや少ないんですが、いかにも無印な感じのよくできたローテーブルが揃ってます。

無印のローテーブルはこんなアイテムがある!

無垢材ローテーブル・オーク材

まず、いかにも無印っぽいローテーブル。

まさにシンプルでなんの変哲もないテーブルなのに、なぜかおしゃれ。

北米産のホワイトオークという材料を使った無垢材(木の板)のテーブル。
(日本でいうナラの木と同じ種類)

「木のテーブル」という質感があって素朴な雰囲気なんだけど、デザインが洗練されてるなぁと思うはなぜなんでしょう。

シンプルなデザインのタイプは、サイズが次の3つ。

  • 無垢材ローテーブル90㎝×45㎝×35㎝
  • 無垢材ローテーブル90㎝×60㎝×35㎝
  • 無垢材ローテーブル120㎝×60㎝×35㎝

これら以外にオーク材無垢のテーブルとしては、テーブルとしてだけでなくベンチチェアとしても使える次の2タイプがあります。

  • 無垢材テーブルベンチ120㎝×37.5㎝×44㎝
  • 無垢材サイドテーブルベンチ37㎝×37㎝×44㎝

使い方や場所によっては、なかなか面白いアイテムで、このあたりのサイズやデザインを揃えてるのも無印っぽいところです。

無垢材ローテーブル・ウォールナット材

ウォールナットという、日本でいうところのクルミの木と同じ種類の材を使った、無垢のテーブル。

個人的にはウォールナットの方が好きなんですが、この無印のテーブルはよくできてるなぁと思います。

もちろんシンプルでナチュラルなのは当然なんですが、さらにそこにカッコ良さが加わっています。

画像から受ける印象よりもかなりいいです。

サイズの展開は、オーク材と同じで、

  • 無垢材ローテーブル90㎝×45㎝×35㎝
  • 無垢材ローテーブル90㎝×60㎝×35㎝
  • 無垢材ローテーブル120㎝×60㎝×35㎝

ベンチ共用のタイプが

無垢材テーブルベンチ120㎝×37.5㎝×44㎝

無垢材サイドテーブルベンチ37㎝×37㎝×44㎝

となっています。

REAL FURNITURE

これは無印の中でもちょっとこだわったシリーズ。

シンプルはそのままに素材やデザイン、組み立てにこだわって長い年月の使用に耐えられる家具を、というようなコンセプトのもとにつくられたシリーズのようです。

たしかに他のアイテムとはデザインがやや違ったりしてます。
(直線だけでなく曲線や丸みを帯びたり)

ローテーブルでもデザインが、

  • 角脚から丸脚に
  • 足がまっすぐからハの字に
  • 天板の角に丸みを

といった違いがあります。

ただ価格については、やや高くなっています。

サイズの展開は次のようになっています。

  • オーク材ラウンジテーブル1 120㎝×60㎝×38㎝
  • オーク材ラウンジテーブル2 120㎝×40㎝×38㎝
  • オーク材ラウンジテーブル3 50㎝×60㎝×38㎝

無印でローテーブルをみてみる!

無印のローテーブルはココがいい!

シンプルなのにおしゃれ

無印の特徴といえば、なんといってもシンプル。

ここに異論がある人は少ないんじゃないでしょうか。

で、シンプルな家具っていうのは世の中にいろいろあるんですが、ただただシンプルなだけ、というのが多いんです。

なぜか無印の場合、そこにおしゃれ感がついてくるんです。

ブランドのイメージにごまかされてる部分もあるかもしれませんが、やっぱりデザインをどうするかにすっごく力を入れてるんでしょう。

合わせやすい

シンプルというのが効いてるんですが、他の家具に合わせやすいというメリットも無印のローテーブルならではでしょう。

リビングルームというのは、いろんな家具がおいてます。

  • ソファ
  • テレビ台
  • ラック

などなど。

カーペットやラグも敷いていたり、いろんなもののバランスを考えないといけません。

リビングでの主役と言えばソファであり、テレビ台なども意外と中心にきます。

そこに合わせる上で、シンプルでベーシックなデザインやカラーは重宝します。

自己満足を満たしてくれる

「これ無印なんで!」という自己満足を、しっかりと満たしてくれる商品をしっかり作ってくれている、という事でしょう。

家具っていうのは自己満足できるかどうか、というのは大きいものです。
(そんなに頻繁に人に見せるものでもないので)

そんな中で自分が納得できるかどうかは重要だし、無印らしさがその欲求を満たしてくれるんじゃないかと。

無印でローテーブルをみてみる!

無印のローテーブルの注意点!

サイズの展開が少ない

それほど大きな問題点や注意点はないんですが、サイズの展開が少ないというのは、やや欠点かと。

そうはいっても汎用性が高い、使い勝手のいいサイズは一通り揃ってるんですけど。

カラー展開が少ない

ローテーブルのカラーに関しては、

  • オーク材のナチュラル色
  • ウォールナット材のダークブラウン色

の2色対応。

これも木製家具であれば合わせられる範囲なんですが、無印なんで、白やスチールっぽい素材のテーブルがあっても面白いんじゃないかなぁ、と。

とにかく、現状では2色で合わす必要があるということになります。

無垢材じゃない

無垢材というのは、中まで木の板になったもの。

無印のローテーブルは天然の木を使ってるんですが、突板(つきいた)といって薄くスライスしたモノを貼り付けていて、無垢材ではありません。

その分

無印のローテーブルのまとめ

なんといっても、結局はシンプルですっきりしたテーブル。

そんなのを探しているなら、無印で十分じゃないかと。

無印っぽすぎるのが嫌という人もウォールナットのタイプなら満足するかも。

個人的にはウォールナット、おすすめです。画像で見るよりもカッコいいです!

無印でローテーブルをみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする