無印のソファのおすすめと注意したいポイントはココです!

photo credit: chinnian Tokyo : 9 Mar 2012 via photopin (license)

「シンプルですっきりした、それでいておしゃれな家具はないかなぁー」と迷っているときに、絶対に見といた方がいいのが無印良品!

とにかくシンプルなのにおしゃれなモノが揃います。

では「無印のソファはどうなの?」について、アイテムの種類やおすすめ、注意点などについてみていきます。

無印のソファの種類にはどんなものがある?

体にフィットするソファ

いわゆるビーズクッション。細かな粒のビーズが入っていて、体にピタッとフィットする、というものです。

カバーにはデニムやポリエステルなどの素材があり、カラーのバリエーションもあり。

ワイドアームソファ

一般的なソファのデザインとして、無印では肘置きの幅が広いタイプと狭いタイプがあるんですが、こちらは広い方。

横幅

  • 2シーター:160㎝
  • 2.5シーター:190㎝
  • 3シーター:220㎝
    (ダウンフェザーポケットコイルクッションタイプのみ)

の3サイズ。

クッションタイプ

  • ダウンフェザーポケットコイル
  • 羽根ポケットコイル
  • ウレタン

の3種類あり、座ったときの固さや沈む感じ、そして値段が変わります。

カバー

カバーリングタイプ(別売りのカバーを選んで組み合わせる)なので、季節や気分に合わせて着せ替えも可能。

  • ブラウン
  • ナチュラル

の2色対応。

革張りワイドアームソファ

横幅

  • 2シーター:160㎝
  • 2.5シーター:190㎝
  • 3シーター:220㎝
    (ダウンフェザーポケットコイルクッションタイプのみ)

クッションタイプ

クッションはダウンフェザーポケットコイルのみ。

カラー

  • 茶色

の3色対応。

スリムアームソファ

横幅

  • 2.5シーター:169㎝
  • 2シーター:139㎝
  • 1シーター:69.5㎝

の3サイズ。
(ただし1シーターはウレタンクッションタイプのみ)

クッションタイプ

  • 羽根ポケットコイル
  • ウレタン

の2タイプ。

  • ブラウン
  • ナチュラル

の2色対応。

ソファベンチ

アイテムとしては、本体180㎝幅の本体。

足置きとなるオットマン。

専用のテーブル。

カバーは

  • ブルー系
  • グリーン系
  • ベージュ×ブラウン系

の3色対応。

ユニットソファ

画像でいうと、角にくるソファ(アーム付)、両側に肘置きのない背もたれだけのソファ(アームレス)を組み合わせて、部屋のサイズや好みのレイアウトに合わせて選べる、というソファ。

横幅

  • アーム付(小):82㎝
  • アーム付(大):95㎝
  • アームレス(小):61㎝
  • アームレス(大):74㎝
  • オットマン(小):61㎝
  • オットマン(大):74㎝

(オットマンとは背もたれ肘置きのない座面だけの椅子)

奥行

  • 背もたれの付いたタイプは82㎝
  • オットマンは61㎝

高さ

座面までが37㎝で背もたれまでが66㎝。

無印のサイトでソファの価格をみてみる!

無印のソファでおすすめなのは?

で、色々と種類が出てるんですが、無印でソファを選ぶならおすすめはこの3シリーズ!
(まったくの個人的な意見です)

体にフィットするソファ

世間では、「体にフィットするソファ」とは呼ばれず、「人間をダメにするソファ」なんて呼ぶ人もいるくらい。

とにかくフィットして、姿勢をキープしてくれます。

よくあるビーズクッションは座った状態でも中のビーズが動きまくるので、姿勢をキープしにくい!

ところが無印のだと、ある程度体の体勢をキープしてクッションの形を決めてからもたれたら、さらに沈んでいくという事も少ないです。

(説明が難しいんですが、コツはいるかもしれませんが普通のビーズクッションよりも体勢を作りやすい!という感じ)

またビーズクッションの弱点として、すぐにへたってしまう、という事がいえますが、耐久性についてもなかなか、という意見が多いです。

ちょっとでかいけど、かなりいいです。うちの子供は立ち上がれなくなってました…。

スリムアームチェア

これは、さらに個人的な好みの問題になるんですが、どうせ無印のソファを買うなら、無印っぽさがあった方がよくありませんか?

それでいうならワイドアームソファは、っぽくないんです。

ちょっとボリュームがありすぎて。

まぁ、ソファを買うのがメインなので、あえて無印っぽくないから却下というのもおかしいんですがね。

ただ、スリムアームチェアをすすめる理由はもう1つ。

ワイドアームは座れるスペースの割に場所をとる、ということ。

肘の部分というのは、頭は置けるものの座り心地には全く関係ありません。それなら部屋のスペースを有意義に使うことを優先した方がいいのでは、という意見でした。

(ただスリムアームの方にはダウンフェザーポケットコイルクッションがないのはいたいけど)

ソファベンチ

これは使い勝手や趣味でかなり意見が分かれるトコだとは思いますが、個人的にはよくできてるなぁ、と。

ポイントとしては、

  • 幅の割にロータイプで部屋が広く見える
  • 無印っぽいスッキリしたデザイン
  • パンパンのカバー

カバーに関しては、ピッタリすぎてかぶせるのがしんどい、なんて意見もありますが、このピッタリ具合がソファをきれいに見せている大きな要因です。

そしてやはり見た目のシンプルなデザインと、横になったりできる使い勝手の良さでしょう。

無印のサイトでソファの価格をみてみる!

無印でソファを選ぶ時の注意点

最後に「無印でソファを選ぶときに注意したほうがいいかなぁ」と思うポイントを、個人的な意見や口コミなども含めていくつかまとめてみました。

そこまで安いわけではない

「無印といえば安い」というイメージがある人もいるかもしれません。

ただ、特に家具でいうと質の向上とともに、それなりの値段になっています。

(質や素材を考えると決して高くはないですけど…)

カバーリングタイプのカバーはそこそこします

そして、わりと意見が多いのが、「カバーリングタイプのソファのカバーの値段が高い」という意見。

よく口コミサイトとかでも見かけるんですが、これに関してはしょうがありません。

カバーって付属品みたいに思ってる人が多いかもしれませんが、そもそもソファのなかでカバーが代金に占める割合というのは結構大きいんです

なので替えカバーを用意しようとすると、それなりの金額がかかります。

これは無印だからという訳じゃなく、そこそこのソファならそうなります。
(安物のソファだとカバーも安い、というのもありますが)

種類はそんなに多くない

無印のソファのラインナップは、上に書いた「ソファの種類」を見てもらったらわかるように、そんなに多い訳ではありません。

ただカバーリングの色や生地が選べたり、クッションの中身を選べたり、パーツを組み合わせられるものがあったりと、「無印特有のスタイルで自分好みのモノを探しやすい」という事はできますけど。

パーツのもれに注意

また特にネットなどで商品を選ぶときには注意が必要な点があります。

それは無印の家具全般にいえるんですが、色んなパーツを選んで組み合わせられるモノが多いため、逆に合計の金額が分かりにくい点。

例えば「体にフィットするソファ」なら本体とカバーは別売り。

ワイドアームソファなどでは、

  • 本体
  • カバー

などを選んで合計を出さないといけないので、値段を調べるときにはもれのないように気を付けましょう。

長時間は疲れます!

人間をダメにしてしまうビーズクッションですが、椅子とは違い姿勢は悪くなります。

なので長時間使っていると、首や腰が疲れてしまう事も。

破らない!

あとコレも体にフィットするソファですが、中身は超微細のビーズです。

ソファなんで先の尖ったものが当たれば破れてしまいます。

中身は超微細のビーズです。

本当に最悪です。

気を付けましょう。

無印のサイトでソファの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする