無印のベッドフレームはなぜ評判が高いのか?(注意点についても)

photo credit: #K MUJI via photopin (license)

ベッドフレームを探してるけど、家具屋さんではおしゃれなのが少ない!と思ってませんか?

そんな人がぜひ1度目を通すべきなのが無印良品。

ココのベッドフレームは本当によくできてます。(ちなみに商品に関しての情報は、記事掲載時のものとなっています。実際の商品取り扱いに関しては、「無印良品」のホームページで確認してください。)

どんな種類のフレームがあるのか、おすすめのポイント、無印でフレームを選ぶときの注意点などを考えてみました。

無印のベッドフレームの種類

パーツを自由に選べるシリーズ

こんな名前のシリーズじゃないんですが、勝手に名付けました。

名前の通り抜け、パーツやサイズを選んで自由に組み合わせて、部屋に合ったベッドフレームを選べる、という商品。

材質

  • オーク材
    日本のなら材と同じ種類の木で、無印お得意のナチュラルな明るめの色が特徴。いわゆる高級な家具にもよく使われている材質。
     
  • ウォールナット
    日本のクルミ材と同じ種類の木で濃いめの色合いが特徴。世界三大銘木の1つにも数えられる、近年特に人気のある材。

サイズ(ベッドフレームの横幅)

  • スモール:85.5㎝(他のメーカーではセミシングルとも呼ばれます)
  • シングル:103㎝
  • セミダブル:123㎝
  • ダブル:147㎝

別売ヘッドボード

頭の部分の板(ヘッドボード)が別売となっていて、有無を選べると共に後から買って取り付けも可能。

もともと脚が付いた状態で25.5㎝という高さ(フレームの面)となっていますが、脚をはずして使うこともできるので、ローベッドとしても。

収納

フレームの下(底)部分にレールをつけて、帆布のバスケットを取り付け可能。据え置きタイプの引き出しもあります。


このようにサイズが4タイプ、材質ヘッドボードの有無収納の有無脚の付けはずしなどによって、かなり自由度の高いベッドフレームとなっています。

またスモールサイズのベッドフレームのみ、側面に取り付けられる板とクッションがあり、ソファベッドとしても使えます。

収納ベッド

ベッド周りというと、シーツや枕カバーなどの他にも何かと収納スペースが欲しくないですか?そんな時に助かるのが引き出しの付いたベッド。

ベッドの内部のデッドスペースを、しっかりと気密性の高い収納スペースと変えてくれます。

サイズ

  • スモール:85.5㎝
  • シングル:105.5㎝
  • セミダブル:128.5㎝
  • ダブル:148.5㎝

材質

  • オーク
  • ウォールナット

ヘッドボード

別売で後からの取り付けも可能。

追加台

足元にベッドフレームと同じ奥行き15㎝の棚を繋げる事ができ、収納スペースを確保すると共に、身長が高くて足が出てしまう人にも対応できます。

脚付マットレス

脚付マットレスというのは画像のようにマットレスに直接脚が付いたような形状(実際にはフレームにねじ込まれている)のベッド。

無印ではマットレスの中のバネの種類が、2種類から選べて、サイズも4サイズあり。

スプリング

  • ポケットコイル
    バネが1つずつ袋に入っていて独立して縮むため、柔らかな寝心地
     
  • ボンネルコイル
    バネがそれぞれ繋がっているので固めの寝心地

サイズ

  • スモール:83㎝
  • シングル:98㎝
  • セミダブル:120㎝
  • ダブル:140㎝

(ボンネルコイルはシングルのみ)

脚は別売で12㎝、20㎝、26㎝の中から好みの高さに合わせて選べます。
(マットレスの厚み26㎝をプラスする)

パイン材ベッド

パイン材(松の木)を使ったナチュラル色の、いかにも無印っぽいベッドフレーム。

サイズはシングルのみ。

オーク材ベッド

オーク材を使ったナチュラルテイストのベッドフレーム。

無垢材(貼ってるのではなく中まで板の材料)も使っていて、木の質感を感じられます。

サイズは

  • スモール:80㎝
  • シングル:100㎝
  • セミダブル:120㎝
  • ダブル:140㎝
  • クイーン:160㎝

の5サイズあり。

無印のサイトで価格をみてみる!

無印のベッドフレームはココがいい!

と、まあ色んなベッドがあるんですが、これらの中でも個人的によくできてるなぁ、と感じるのが、パーツを自由に選べるシリーズと、脚付マットレス。

無印のベッドフレームの評判が高いのも、このあたりのラインナップのおかげだと思うんです!

選べるシリーズの良いトコ!

ヘッドボードの有無が選べる

ヘッドボードって有るか無いかで、当然必要なスペースが変わってきます。

無ければ場所も取らないし、部屋も広く見えるので、一人暮らしで部屋が狭かったりすると助かる場合も。

ただ枕が落ちるとか、後から後悔しがちなのもヘッドボードの無いベッドフレーム。

後から買い足せるのもよくできてます。

ウッドスプリング

そしてこのベッドの1番よくできてるなぁ、と思うのが、床板がウッドスプリングになっている点。

普通のベッドだと底の部分はスノコ状になっていたりして、通気性を確保してるんですが、このベッドはプラス、板自体がしなってバネのようになっています。

結果、

  • マットレスが体のラインに沿いやすくなる
  • マットレスのへっこんでる部分の力を逃がせるので耐久性が良くなる

といったメリットが考えられます。

個人的に自宅のベッドは、(ウッドスプリングではないんですが)フレームにバネが入ったモノを使っています。(ダブルクッションと呼ばれるタイプ)

そのおかげだと思うんですが、マットレスのへたりはあまりありません。フレームが力を逃しているからでしょう。

さらにウッドスプリングのベッドというのはかなり高いモノが多いんですが、値段もなかなか抑えられているんじゃないでしょうか。

脚付マットレスの良いトコ!

丈夫

脚付マットレスというベッドは、一般的に簡易的な扱いを受ける場合が多く、作りも粗雑なモノが非常に多いです。
(その分、価格も安くなってます)

ところが無印の脚付マットレスは、バネの質や形状、バネ以外にマットレスに入っている詰め物(クッション材など)も、割としっかりしています。

さらにポケットコイルのタイプなら、上に書いたようなウッドスプリングを使っています。

かなりよくできているんじゃないでしょうか。

その分、価格は凄く安い、という事はありませんが、しっかりしていて、ある程度の期間を使うことができる脚付マットレスを探しているなら、無印の商品はなかなかだと思います。
(もちろん10~20年へたらずに使う、というのは難しいですが)

シンプル

そして無印のベッド全般(商品全てにも当てはまりますが)にいえるのが、シンプル、かつナチュラルなデザイン。

確かに無印みたいな商品は他にもあります。
(他が真似してるという感じですが)

安いものも。

ただ、やっぱりどこかデザイン的にイマイチだったり、質が伴っていなかったり。

長年シンプルさを突き詰めてきた結果ということでしょう。デザインが洗練されています。

無印のサイトで価格をみてみる!

無印のベッドフレームの注意点!

いくら評判が高いからと言って、もちろん注意点や気をつけたいポイントというのはあります。

全てが良いわけではない!

上におすすめした商品以外、ダメという訳ではないんですが、絶対に無印でないと、というほどでもないのかなぁ、と。

  • 収納ベッド
  • パインベッド
  • オーク材ベッド

などですが、例えば収納ベッドといっても他の同サイズのベッドよりたくさん収納できる、という訳ではありません。

パイン材やオーク材のベッドも、どこが良いかというと、やっぱり無印っぽいデザインの良さ、というトコじゃないでしょうか。
(個人の感想です)

そうはいっても無印のデザインは好きだし、かなり色んな部屋のスタイルにはまると思うので、それだけだも値打ちはあると思いますが。

値段が安いわけではない

無印の商品の値段ってどう思います?

これも個人的な意見ですが、昔は安かろう、悪かろうみたいな印象があったんですが、今は質もかなり上がっている感じがしてます。

その分、値段もそれなりの価格になっていると感じています。
(決して高くてはない!)

値段だけで比べると、無印よりも安いベッドはたくさんあるんですが、質も含めて比較すると、なかなかよくできてるなぁ、と感じる、というコトです。

無印良品 ベッドフレームのまとめ

おすすめは、

  • パーツを自由に選べるシリーズ
  • 脚付マットレス

選べるポイントがよく考えられてるし、脚付マットレスの方も耐久性の面など、なかなかです。

激安という訳ではないけれど、確実に値段以上の価値を感じます。

あとはやっぱりデザイン。

シンプルな中にも品がある!

無印のサイトで価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする