無印のテレビ台はココがいいんです!(あと気をつけたいポイントも)

無印テレビ台の画像
photo credit: andreakw Muji Toronto Opening via photopin (license)

「無印のテレビ台ってどうなんだろう?」

ナチュラル系のインテリアを探してる人が、まず見ておくべきなのが無印。

家具のアイテムも一通り揃ってるし。

そんな無印良品の家具のなかでも、なかなかよくできてるなぁ、と感じるのがテレビ台です。

無印でテレビを置くためのボードとして扱ってるモノにどんなのがあるのか、無印のテレビ台のおすすめなトコ、などをみていきます。

無印のテレビ台はこんなの!

無印のテレビ台は、AVラックというくくりで大きく3つのタイプで構成されています。

またスタッキングキャビネットというラインナップでは、本体の枠、扉、引き出しなどを自由に選んで自分好みにカスタマイズできる、というシリーズもあります。

オーク材AVラック

いかにも無印っぽい、ベーシックなデザインとカラーのテレビボード。

サイズ

サイズは

  • 幅150㎝×奥行き40㎝×高さ46.5㎝
  • 幅110㎝×奥行き40㎝×高さ46.5㎝
  • 幅90㎝×奥行き40㎝×高さ46.5㎝

の3サイズ。

材質

素材には北米産のホワイトオーク材(日本でいうナラ材と同じ種類)という木を使っていて、天板や側面、引き出し前部分の板などに、薄くしたものを貼り付ける突板と呼ばれる仕様で使われています。(扉の枠は無垢材)

耐荷重

耐荷重は

  • 90㎝、110㎝幅は40㎏
  • 150㎝幅は65㎏

となっています。

ウォールナット材AVラック

ナチュラルよりもさらにシンプル、スッキリになったテレビ台。

サイズ

サイズは

  • 幅150㎝×奥行き40㎝×高さ46.5㎝
  • 幅110㎝×奥行き40㎝×高さ46.5㎝
  • 幅90㎝×奥行き40㎝×高さ46.5㎝

の3サイズ。(オーク材と同じ)

材質

使用されてる材質は、ウォールナットという材で日本でいう「くるみ」と同じ種類の木になります。

それらを天板や引き出しの前板などに突板として使用。

耐荷重

耐荷重は

  • 90㎝、110㎝幅は40㎏
  • 150㎝幅は65㎏

となっています。

オーク材AVラック薄型(引戸)

上の2タイプでも、それほど奥行きが深いという訳ではないんですが(奥行き40㎝)、さらに薄型のラックがこのアイテム。

サイズ

サイズは

  • 幅150㎝×奥行き35㎝×高さ36.5㎝
  • 幅110㎝×奥行き35㎝×高さ36.5㎝

材質

このテレビ台も、オーク材の突板を

  • 天板
  • 扉の前板
  • 側板

などに貼り付けた仕上げ。

耐荷重

耐荷重についてはそれぞれ40㎏(150㎝幅の方は補助脚要)

スタッキングキャビネット

スタッキングキャビネットとは、まず基本となる本体の横幅が、

  • 82.5㎝
  • 162.5㎝

の2タイプから選びます。

次にオプションパーツとして、それぞれのサイズに合う

  • 木製扉
  • ガラス扉
  • 引き出し
  • 仕切り板

などを選んで、自分の求める配置を選べるというタイプ。

材質には

  • オーク材
  • ウォールナット材

の2種類あり。

組合せ次第でハイタイプのテレビ台を組み合わせる事も可能で、かなり自由度が高くなっています。

無印のテレビ台の評判とかいいところ!

とにかくシンプル

無印の1番の特徴といえるかもしれませんが、とにかくシンプルですっきりしたデザイン!

これがやっぱりいいトコなんじゃないでしょうか。

余計な装飾がないことでグリーンやディスプレイも引き立つし、テレビ台はリビングの中心にくる家具なので、部屋の印象もスッキリします。

薄型タイプがいい感じの省スペース

あとよくできてるなぁ、と思うのが薄型タイプのサイズ設定。

奥行き35㎝、高さ36.5㎝とかなり省スペースになっています。

しかも扉が場所をとらない引き戸なので、部屋が狭い場合はもちろん、和室に置くテレビ台としてもかなり良いサイズ感と見た目じゃないでしょうか。

スタッキングキャビネットがよくできてる!

そして、もう1つよくできてると感じるのがこのシリーズ。

サイズのバリエーションはそれほど無いんですが(組合せにもよりますが)、扉にしたりオープンタイプにしたりと、テレビ台の構成を選べるというのは、なかなかいいと思います。

無印のテレビ台の評判はこんなの

そんな無印の評判の中で多いのをまとめてみても、

  • 無印の家具を置くだけでおしゃれな感じになる
  • シンプルなデザインで部屋に合わせやすい
  • 奥行がちょうどいい
  • それなりの価格でおしゃれなテレビボードが選べる
  • スタッキングキャビネットが使いやすい
  • スタッキングキャビネットだと部屋にピッタリ
  • オーダーみたいに選べる

といった感じで、いろんな口コミを見てても、おおむね評判はいいです。特にスタッキングキャビネットの評判がなかなかです。

(たまに「デザインが普通」といった意見もありますが、そこが良さでもあると思うんですが、どうでしょう?)

無印のサイトでテレビ台をみてみる!

無印のテレビ台の注意点!

無垢材ではない

パッと見た感じよくできてるので、木の板(無垢材)を使ってるように見えます。

が、実際には板ではなく木の木目がきれいな部分を薄くスライスして貼りつけた、突板(つきいた)という仕上げになっています。

奥行きに注意

薄型は当然場所もとらずにいいんですが、気をつけたいのがDVDプレーヤーなどの周辺機器をちゃんと収納できるかどうか。

表示されているサイズは外側の長さになるので、実際にデッキ類を置く場所のサイズも確認しましょう。
(デッキ側のコードを含めたサイズも)

扉がちゃんと閉まらない、なんてのは最悪です。

組み立てに時間がかかる場合も

スタッキングタイプなどは自分で組み立てる場合に、ちょっと時間がかかる場合もあるかもしれないので注意が必要。

組み立て式の家具を組んだ経験がある人だと、そこまで苦戦しないかもしれませんが、慣れていないと結構時間がかかります。

もちろん1つずつ確実に進めていけば、組み立てられないという事はないですけどね。

無印のテレビ台 まとめ

無印のテレビ台のポイントは、とにかくデザイン。

シンプルなんですが、なぜか他のメーカーの物とは違っておしゃれ。

デザイナーさんの力なんでしょうか。

そして注目したいのがスタッキングキャビネット

構成がよくできてるうえに、価格の設定もなかなかです!

無印のサイトでテレビ台をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする