コンパクトなベッドを選ぶならこんなタイプ!

photo credit: me'nthedogs What Time Of Day Do You Call This??- 52 Weeks For Dogs,18/52 via photopin (license)

部屋が狭いので、どうしてもコンパクトなベッドが欲しい!

でも、どんなのを選んだらいいか分かりにくくないですか?

ベッドは家具の中でも場所をとるので、できるだけコンパクトなものをというのも分かります。

ベッドのスペースを、できるだけコンパクトにするにはどうしたらいいのか考えてみました。

そもそもコンパクトなベッドは無い!(少ない)

コンパクトなベッドを探してる人は多いと思いますが、そもそもコンパクトなベッドというのはとても少ないんです。

ベッドというのは人が寝るための家具。

家具メーカーは、洋服と違ってできるだけ平均的に誰もが使えるサイズを作ります。
(洋服ほど数が売れる訳でもなく、買い替える物でもないため)

なので、ほとんどのベッドの長さは同じです。横幅も、一般的に1人で使うマットレスのサイズはシングルになりますが、ほとんどのメーカーで97㎝×195㎝となっていて、違ってもプラスマイナス数㎝。

つまり作られてるサイズがどれも同じなので、コンパクトなベッドというものが少ないんです。

ベッドのスペースをコンパクトにするには?

そんな中で、できるだけコンパクトなベッド、部屋を広く使えるベッドなどについてあげてみます。

セミシングル

ベッドのサイズとして、唯一シングルよりも小さなサイズが、このセミシングルというサイズ。

メーカーによって少し差がありますが、だいたい横幅が80~85㎝のタイプが多い印象です。

長さは普通のベッドと同じなんですが、確実に幅が10㎝以上狭いので、コンパクトなベッドといえます。

ただしちょっと特殊なサイズとなるので、全てのメーカー、アイテムで展開されている訳ではなく種類、数ともに少ないです。

ヘッドレスベッド

ベッドといえば、普通は頭側にヘッドボードと呼ばれる板や棚が付いてますが、ヘッドレスベッドとは、この板や棚が無いタイプ。

台の上にマットレスが乗っかってるだけ、といったベッドです。

サイズ的には棚が付いてるものよりは10~20㎝ほど短くなりますが、棚付きでないベッドとは、ほぼ同じサイズ。
(100㎝×200㎝程度のモノが多いです)

ただヘッドボードがない分、壁の見える面積が増えて、部屋を広く見せてくれます。

脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドとはマットレスの中に土台となる枠が組まれていて、マットレスに脚を取り付けたようなベッド。

サイズはシングルマットレスと同じ大きさのものが多いんですが、中には長さが180㎝くらいの、まさにコンパクトなタイプもあります。

布団やカバーは余ってしまいますが、長さが短いベッドというのは少ないので貴重です。

「脚付きマットレスベッドのメリット・デメリットと、おすすめはコレ!」

折りたたみ式ベッド

寝るときはベッドとして、使わないときは折りたたんで端っこに寄せて部屋を広く使える、といったタイプ。

ベッドの状態は100㎝×210㎝程度と、シングルのマットレスよりもちょっとだけ長いものが多いんですが、折りたたんだら30~50㎝くらいに納まるので、かなりスペースを節約できます。

毎回きちんとたたむ必要がありますが。

ソファベッド

これもベッドの状態ではそれほどコンパクトなサイズ、という訳ではありません。
(商品によって、かなりのサイズ差があり)

ただソファとして使うことができるので、ベッドもソファも必要、といった人には両方置くことを考えると、コンパクトにまとめる事ができるといえます。

チェストベッド

ベッドの下の部分に引き出しが2段ついてるタイプで、このベッドに関しては、サイズが他よりも小さいということはありません。

ただベッドの下にしっかり収納する事によって、他の収納家具(タンスやプラスチック収納)を置かずに済み、結果として部屋を広く使える、という考え方です。

引き出しのサイズによっては、小さなタンス1個分くらい収納できる事になるので、クローゼットなど収納スペースが少ない場合には、部屋を広く使うのにとても助かります。

コンパクトなベッドで気を付けること

強度や耐久性

まず上であげた、

  • 脚付きマットレスベッド
  • 折りたたみ式ベッド
  • ソファベッド

に関しては、しっかりした土台(ベッドフレーム)があって、その上にスプリングなどが入ったマットレスを置いてある、といったベッドではないため、マットレス、フレームともに強度や耐久性は普通のベッドよりも劣ります。

値段も安いものが多いんですが、その分作りもそれなり、というモノが多いのも事実。

長く使うつもりであれば、少し考えた方が良いかもしれません。
(コンパクトさをとるか耐久性をとるか)

しっかり寝られるか

しっかりといったのは、サイズの面でです。
(寝心地に関しては、マットレスにより好みがあるので、そこはそこでしっかり選んでください)

チェストベッドやヘッドレスベッドなどならシングルのサイズだと思いますが、セミシングルだと20㎝ほど幅が狭い場合もあります。

普通の体型の人でもですが、特に体が大きな人では寝返りのしにくさなど、狭さを感じる事もあるでしょう。

コンパクトさを重視しすぎて、肝心の寝る事が二の次になっては意味がありません。

また脚付きマットレスなどで、長さが短いベッドも足が出て寝にくかったりしないか、しっかり確認しましょう。

コンパクトなベッドのまとめ

ベッドのシングルサイズは、ほぼどのメーカーも同じ。

よって小さいものを選んでも、だいたい100㎝×200㎝は必要!
(例外としてセミシングルサイズあり)

折りたたみ式やソファベッドなど、使わないときに部屋を効率よく使えるアイテムもあるけど、耐久性や寝心地が心配。

個人的なおすすめは、チェストベッド。

他の家具を減らすことで、マットレスにもよりますが、耐久性や寝心地を損なわずに、部屋のスペースを効率よく使えます。
(欠点は寝る面が少し高くなってしまうトコ)

探せばヘッドレスタイプのチェストベッドも!

 


個人的によくできてるな~、と思うベッド!

walto(ウォルト)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」

NORL(ノール)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」

Clerus


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」

ALLOYS(アロイス)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」 

パイプベッド

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このパイプベッドがよくできてる、10個の理由!」

 

 icon-hand-o-downコンパクトなタイプもあります!

人気のタイプのベッドフレームを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のおしゃれなベッドフレーム!おすすめの18台」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする