【チェストベッドってどう?】片づけられるベッドの5つのメリット・7つのデメリット!

ベッド
photo credit: ArTeTeTrA via photopin (license)

「チェストベッドってどうなの?」
「使い勝手やデメリットはどんなところ?」

物を片付けられるベッドとして、とても便利なチェストベッド。

ただ使い勝手とか、ちょっと気になりませんか?

チェストベッドならではのメリットやデメリット、選び方などについてまとめてみました。

チェストベッドとは引き出しがいっぱいついたベッド

チェストベッドとは、字のごとくチェストがベッドフレームにくっついたものです。

チェストとはタンスなどの事を指す場合もありますが、ようは引き出しが付いたベッドフレーム。それも引き出しが2~3段になったタイプの事をチェストベッドと呼ぶことが多いです。

(1段のタイプは「引き出し付きベッド」、「収納付きベッド」などと呼ばれます)

普通のベッドが、引き出し付きでも1段なのに対して2~3段付いてるので、寝る面が普通のベッドよりも高くなります。

チェストベッドのメリット

たくさんの物を片付けられる

最大のメリットが、たくさんの物を片付けられるという点。

ベッドの側面の幅というと約2メートルあります。その幅で2段の引き出しがあるとすると、横幅が80㎝位で高さが100~110㎝程度のタンスと同等の収納力になります。

ベッドの下だけと思うかもしれませんが、なかなかの収納量になります。

かなり大きなものも片づけられる

引き出し付きのベッドを使っている人の中には、引き出し部分にのみモノを収めている人も多いんじゃないでしょうか。

たいていのベッドは、実は引き出し側じゃない部分にもスペースがあり収納ができます。マットレスをどけて、床板を外した部分です。
(床に直接置く感じにはなりますが。)

特に仕切りがない場合が多いので、シングルなら2メートル弱くらいの長いモノ(スキー板やスノーボード、釣り竿など)も収納できます。

それがチェストベッドなら、その収納スペースにさらに高さが加わるので、かなり大きなモノも収納可能に。

部屋がスッキリ

チェストベッドを置くことでたくさんのモノが片づけられるので、結果として収納家具を減らせるといったメリットも。

当然、部屋の中も家具が減るのでスッキリして広く使えます。

一人暮らしなど部屋のスペースがあまりない人にとっては、とても助かるんじゃないでしょうか。

引き出しが丈夫なモノが多い

普通のベッドにも引き出しがついてるモノはたくさんあります。

ただチェストベッドの場合、引き出しがメインという事もあって一般的なベッドについてる引き出しよりも丈夫な作りになっている場合が多いです。

  • 底の板が厚い
  • レールが太い

など。しっかり収納できます。

いろんなサイズの引き出し

またチェストベッドについてる引き出しは、商品にもよりますが幅や深さの違うものを組み合わせている場合が多いです。

なのでベッド周りのシーツやカバー類、小物、厚手の服などいろんなものを収納しやすく、その点でもメリットは大きくなってます。

チェストベッドのデメリット

といってもいいトコばかりではありません。

寝る面が高い

上に書きましたが、チェストベッドは寝る面が高くなります。

普通のベッドでは、寝る面(マットレスを含めた高さ)がだいたい40㎝前後なのに対して、チェストベッドではフレームのみで40~45㎝程になってしまいます。マットレスを足すとそれ以上。

一般的なダイニングチェアの座面の高さが40㎝強なのを考えると、けっこう高いのが分かると思います。

そのため、

  • 部屋に圧迫感が出る
  • 落ちると危ない

といった欠点もあります。

落ちることの対策としては、見た目が悪くなりますが「ベッドガード」を使くという手もあります。

ベッドへの出入りがしにくい場合も

基本的にはベッドというのは、布団と比べて高さがあるので立ち上がりなどは楽になります。

ただチェストベッドの場合、かなりマットレスの面が高くなるので伸長によっては座った状態で足が届かなかったりする場合も。

若いうちはそれほど気にならないかもしれませんが、年配の方の中にはベッドへの出入りがしにくいという可能性もあります。

マットレスが薄くなる

チェストベッドでマットレスがセットになってる商品では、高さの件があるのでかなり薄めのマットレスになります

そのためフカフカした柔らかめのものが好みの場合には、満足いかないかもしれません。

ならセット販売になっていない物で、フレームとマットレスを別々に買えばいいだけなんですが、厚めのマットレスを置くと、かなり背が高くなってしまいます。

小柄な人では足が届かないくらいになることも。

若い人ならそれでも構わないかもしれませんが、身体の動きが機敏ではないまさに寝起きの状態で、足が届かないベッドから抜け出すのはどんなものかと思います。

湿気がたまる場合も

ベッドというのは寝てる間に汗をかき、その湿気がマットレスに吸収され引き出しの中にも影響することがあります

部屋の条件(一階など)によっては、通気が悪く湿気が溜まりやすい場合も。

ひどいとカビが発生する事もあるので、状況をみて湿気とりや通気を良くするなどの対策をとりましょう。

値段が割高

ベッドの価格を決める要素としてはいろいろありますが、引き出しもその1つ。

仮に引き出しがついてないタイプと引き出し付きのタイプを比較すると、価格で5千~1万円の差がつきます。

チェストベッドの場合は、わりとしっかりした引き出しが2段ついてるので、同レベルのマットレスがついた同じサイズのベッドと比べると1万円前後の差がつく場合が多いです。

部屋が狭く感じられる

チェストベッドは高さがあります。そうすると部屋の中での圧迫感が出てしまうので、やや狭く感じさせてしまうことも。

頭の部分の板(ヘッドボード)が低いものを選んだり、色を他の家具と合わせるなど少しでも部屋を広く感じられる工夫が必要かもしれません。

見た目がイマイチ (個人差あり)

ここは人によって意見が分かれるところかもしれませんが、わりと野暮ったいデザインのベッドが多いかもしれません。

ベッドに限らずですが、一般的には家具は低い方がおしゃれに見えます。マットレスの面が高いチェストベッドは、おしゃれに見えない場合も

ただ最近ではシャープめなデザインなど、いい感じのモノも増えてきましたが。

チェストベッドはココに気を付ける

引き出しが丈夫か

ベッドの引き出しというと、モノによってはかなり弱いものもあります。

チェストベッドの場合には、そこそこの強度のものが多いんですが、それでも

  • 引き出しの箱組がしっかりいるか
  • 底の板が分厚いか
  • レール付きのタイプなら太くてしっかりしたレールが付いているか

などをチェックしましょう。

チェストベッドを検討してるぐらいなら、たくさんの物を入れたいと考えていると思うので、引き出しのチェックは慎重に。

マットレスの寝心地、耐久性

同時に気にしたいのが寝心地。

上に書いたように、厚めのマットレスを合わせられない(合わせてもいいけど危ない)ため、薄いマットレスになりますが、そうなるとスプリングが入ってないタイプなどもあります。

硬めのものも多くなるので、できるなら1度横になって寝心地を確認してください

何でもいいと思っていたけど、いざ寝たら硬くて後悔した、なんて事にならないように。
(硬いのが悪いといってるんじゃなく、自分の好みが大事だという事)

また薄いタイプの場合、耐久性の面でも劣るものが多くなります。
(全てではないですが)

強度の面でもしっかり比較し、店員さんなどに確認しておきましょう。

チェストベッドのまとめ

とにかく物が片付き、収納家具を置くためのスペースを減らせます。

問題はマットレスの高さと質(寝心地)。

できれば1度、同じか同程度のベッドに実際に寝てみましょう。


 

個人的によくできてるな~、と思うベッド!

walto(ウォルト)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」

NORL(ノール)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」

Clerus

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」

ALLOYS(アロイス)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」 

パイプベッド

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このパイプベッドがよくできてる、10個の理由!」

 

 icon-hand-o-downチェストベッドもあります!