ベッドのサイズ(寸法)、だいたい何人寝られる?

ベッドのサイズ

ベッドを探すとき、どのサイズにしたらいいのかで迷いませんか?

家具屋で接客をしていた時も、「ベッドはサイズがいろいろあって、分かりにくい」という事を言われるお客さんは多かったです。

ベッドのサイズにはどんなのがあるのか、どのぐらいの大きさなのか、だいたい何人で寝られるのかについて、まとめてみました。

ちなみに全て、マットレスのみのサイズに関してであって、フレーム(ベッドの土台)のサイズについてはモノによって変わってきます。

ベッドの横幅のサイズ

これからベッドのサイズについて、どんなものがあるのかをみていきますが、実際にはベッドメーカーによって、そのサイズの有無や表示の方法、実際の幅にかなり差があります。

目安としての寸法を載せておくので、必ず実際の商品で確認してください。

ベッドのサイズとしては、次のようなものがあります。

  • セミシングル
  • シングル
  • ワイドシングル
  • セミダブル
  • ダブル
  • ワイドダブル
  • クイーン
  • キング

(メインのサイズは、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンぐらいですが、商品やメーカーによって、これだけの種類があります)

セミシングル

「SSベッド」と表示される事もあるセミシングルのサイズですが、横幅は80~90㎝という設定のものが多いです。
(たまーに70㎝台のものも見かけますが)

どの商品にも設定されているというサイズではなく、何タイプかをコンパクトなベッドという位置付けで展開しているだけなので、数や種類は少ないです。

80㎝という幅がベッドとしてどうなのかですが、大人の男性だと体の幅がだいたい60㎝。寝返りするにはプラス30㎝が必要とされています。

つまり大人の男性だと明らかに狭さを感じる、というサイズ。

部屋のスペースの都合でコンパクトなベッドを探している、という場合は別ですが、サイズ的には女性や子供用のベッド、あるいは2人で寝るのにダブルじゃ狭いけど、シングル2台は置くスペースがない、といった場合でしょうか。

「セミシングルのベッドは狭い?メリットとデメリットはコレ!2」

シングル

「Sベッド」と表示されるシングルベッドですが、横幅はだいたい100㎝前後となってます。

97㎝っていう中途半端なサイズになってるトコも多いですが、シングルのベッドフレームは100㎝のものが多く、マットレスはカバーをして使うので、見た目的にもはみ出さないように、という事なんでしょうか。

1人で寝るためのマットレスとしての基本的なタイプで、特に広くも狭くもなく、無難なサイズといえます。

「一人暮らしのベッドに使えそうなタイプはコレ!」

ワイドシングル

「WSベッド」と表示される事もあるワイドシングルのサイズですが、横幅は110㎝前後のものがほとんどです。

このサイズもセミシングル同様に、色んなベッドに設定されているサイズではなく、数や種類も少なくなります。

体格がしっかりしている男性などでシングルでは狭く感じる、けどセミダブルは置けない、といったかなりピンポイントな人に向けた、痒い所に手が届くといったサイズ設定。

実際に家具屋で販売してた時も、あんまり出ないんですが確実に需要がありました。やはり部屋のスペースの都合という人が多かったです。

シングルと比べると10㎝だけなんですが、寝比べると明らかにゆったり感じます。

「ワイドシングルってどんなベッド?」

セミダブル

「SDベッド」、「Mベッド」と表示されることの多いセミダブルのサイズですが、横幅はほぼ全てのメーカーで120㎝の設定。

サイズ名のなかにダブルと入ってるので勘違いする人もいるんですが、はっきり言って2人で寝るには狭いです。1人当たりの幅が60㎝なんで。

一人暮らしで、たまに彼氏が泊まったときに一緒に寝る、といった程度ならいいんですが、毎日2人で寝るには間違いなく狭いです。

たぶんぐっすり眠れず、睡眠の質も悪くなるでしょう。

個人的な意見ですが、セミダブルは1人でゆったり眠るためのサイズだと考えてます。
(寝れないことはないんですが、子供と2人でも狭めかと)

「2人で寝るには狭い!セミダブルの使い心地について」

ダブル

「Dベッド」と表示されるダブルサイズですが、横幅は140㎝となってます。

2人で寝るためのベッドとして標準的なサイズ。

ただし1人当たりのサイズが70㎝という事からも分かるように、それほどゆったりとしたサイズではありません。どちらかというと2人で寝るための最低限のサイズと考えた方が良いでしょう。

人によっては窮屈に感じたり、距離や揺れが気になる場合も。

「ダブルベッドは2人で寝るには狭い?」

ワイドダブル

「WDベッド」と表示されるワイドダブルサイズですが、横幅はメーカーによって幅があり、多くのメーカーは150㎝の設定にしてますが、フランスベッドでは154㎝、他のメーカーでも微妙に違う場合があります。

だいたいダブルサイズの10㎝強、幅が広い感じで、横になっただけでは1人当たり5~8㎝程度大きくなるだけなので分かりにくいんですが、実際に寝るとその差は大きいと思います。

上にも書いたようにダブルサイズは、それほどゆとりのあるサイズではないので、寝室に余裕があるならワイドダブル、という選択も。

クイーン

「Qベッド」と表示される事もあるクイーンベッドですが、横幅はメーカーによって160~170㎝と幅があります。

セミシングルのマットを2枚くっ付けた位のサイズで、マットレスの形状は、

  • 一体型のタイプ
  • 2枚のマットをファスナーなどでつなげられるタイプ
  • 2枚のマットを乗せただけのタイプ

と様々です。

2人で寝るのには、かなり余裕があるのと、マットレスが分かれている物だと、横の振動が伝わりにくい、という利点もあります。

「クイーンサイズのベッドって、どうなんだろう?」

キング

「Kベッド」と表示される事もあるキングベッドですが、180~200㎝とこちらもメーカーによって幅があります。

ほぼシングルを2つ並べたサイズなので、当然ゆったり2人で眠ることができますが、場所も取ります。(ベッドなのにほぼ正方形なんで)

3人で寝ようとする場合、マットレスが分割タイプのものが多いので、厚めのベッドパッドとかを使わないと段差が気になることも。

まれにマットレスが一枚(別注の場合が多いと思いますが)の物もあるんですが、その場合は搬入時に部屋に入るかどうかに注意が必要!

ベッドの縦方向のサイズ

一方ベッドの奥行きに関してです。

寸法としては、ほとんどのものが195㎝となってますが、一部メーカーではロングサイズとして、長めのマットレスを作っている所もあります。

だいたい210㎝を前後してプラスマイナス5㎝位のサイズ設定といったところでしょうか。

伸長が高くて普通のマットレスでは脚が出てしまう、といった場合には重宝されます。

マットレスのサイズまとめ

シングル、セミダブル、ダブルサイズまでは、ほぼどのメーカーも同じなんですが、それ以外はメーカーによって差があります。

特にベッドのフレームとマットレスを別々に買う場合には注意しましょう。(フレームよりもマットレスがはみ出ると、信じられないくらいカッコ悪いです)

 


個人的によくできてるな~、と思うベッド!

walto(ウォルト)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」

NORL(ノール)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」

Clerus


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」

ALLOYS(アロイス)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」 

パイプベッド

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このパイプベッドがよくできてる、10個の理由!」

 

人気のタイプのベッドフレームを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のおしゃれなベッドフレーム!おすすめの18台」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする