よくできてるなぁ、と思うベッドフレーム・アロイス

アロイスの画像
販売ページはこちら!

家具屋さんで働いていた事があるので色んな家具を今でも見るんですが、そんな中でよくできてるなあ、と感じたのがアイロスというベッドのフレーム。

その理由をあげてみます。

このベッドフレームがよくできてるなぁ、と思う10個の理由!

値段が安い!

このベッドフレームの1番の良さは、ズバリ値段。

ベッドフレームの値段というとピンからキリまでありますが、はっきり言って下に書いてるような機能が付いていてこの値段というのは、かなり安いと思います。

頑張って探せば無いこともないんですが、頑張らないと見つかりません。

(機能面で劣って同じ価格、というのはまだ見つけやすいかもしれませんが)

それくらいよくできた値段のベッドフレームです。

このベッドフレームの価格をみてみる!

棚付きのヘッドボード

ベッドの頭の部分の棚についてですが、ココに関しては必要か不要かの判断が分かれるところ。

無ければ棚の分だけ部屋を広く使えるし。でもあると、

  • メガネ
  • スマートフォン

など必要なものを枕元に置いておけるのは便利です。

(私なんかは近眼でメガネが手放せないんですが、棚なしのベッドだとメガネ用に小さなサイドテーブルが必要となり、結局場所をとるので最初から棚付きを選ぶようにしてます)

収納スペース

コレも人によって意見が分かれるかもしれませんが、このベッドフレームには扉付きの収納スペースがあります。

たくさん物を置くなら見た目がスッキリするというのはメリット。

またフラップ扉といって前に倒れるタイプなんで、ちょっとしたテーブルとして使えます。
(出したまま寝るのは危険!)

コンセント付き

今では寝てる間のスマホの充電は必須。

そして寝る直前や起きたあとの直後にスマホをいじる人も多いでしょう。

そんな中でベッドにコンセントが付いてるのは助かります。

ライト付き

また夜中の手元を照らすためにライトが付いているので、そのあたりもよくできてると感じる点です。

もちろんライトが付いてるベッドフレームなんていくらでもあるんですが、この価格でそこまでやっている、という事への評価です。

キャスター付きの引き出し

そしてもう1点、価格のわりにはよくできてるなぁ、と思うのが引き出しが付いてるところ。

しかもキャスター付きで出し入れも楽にできます。

もちろん値段の高いベッドフレームと比べると、

  • 引き出しの作り、強度
  • ホコリなどが入らないための密閉度
  • スムーズさ

などは劣るんですが、この価格でこの機能はなかなかだと思います。

4色対応

カラーは

  • ホワイト
  • ナチュラル
  • ダークブラウン
  • ブラック

と4色に対応しているので、使う人の好みや心室の雰囲気、他の家具との相性も考えて選ぶことができます。

3サイズ対応

サイズに関しては、シングル・セミダブル・ダブルの3サイズ対応。

それぞれの寸法は次のようになっていて、一般的なマットレスが使えるサイズになっています。

(メーカーなどによっては、特殊なサイズのマットレスではサイズが合わない場合もあるので、必ず確認しましょう。書いてるサイズはベッドフレームのサイズです)

  • シングル :幅101㎝×奥行215㎝×高さ77 (床面高:26㎝)
  • セミダブル:幅121㎝×奥行215㎝×高さ77 (床面高:26㎝)
  • ダブル  :幅141㎝×奥行215㎝×高さ77 (床面高:26㎝)

カクカクなデザイン

ココも好みが分かれるところですが、安っぽさを抑えてくれるんじゃないかと。

もともと値段が安いので、質感や見た目に現れてしまうんですが、その辺を隠してくれるデザインかなぁ、と。

あと関係ないですが、色は薄いよりも濃いものの方が安っぽさは薄れます。

とにかく価格!

で、大事なんでもう1回言いますが、価格がよくできているな、と。

(1つかぶってるんで、「9つの理由」になってしまいましたが…)

このベッドフレームの価格をみてみる!

このベッドフレームの注意点

このサイトを見に行くと分かりますが、別売りでマットレスも揃っています。
(ベッドフレーム単体、各種マットレス込みの価格が載ってます)

で、別にマットレスをセットで購入してもいいんですが、一応元家具屋の店員の意見としては、「マットレスだけは1度試してみた方がいいんじゃないか」と。

ちなみにこのベッドとセットで購入できるマットレスは、

  • オリジナルポケットコイルマットレス
  • 高密度アドバンスポケットコイルマットレス
  • 超高密度ハイグレードポケットコイルマットレス

となっています。難しい・・・。

ネットでの購入の欠点は実際に触れないこと。

もしマットレスもセットで考えるなら、少なくともポケットコイルマットレスというのがどんなものなのか、くらいは知っておいた方がいいかもしれません。
(思ってたよりもやわらかい、硬いというのがあるかもしれないので)

サイトに行くとマットレスのバネの数や厚みが書いてあるので、そのあたりも参考にしてみてください。

ベッドフレーム・アロイスのまとめ

正直にいうと、デザイン的には好みではありません。

そして強度面でも値段が高いものと比べると、劣ってしまいます。
(それは当たり前ですが)

ただそこを差し引いても、値段のわりに、

  • 棚付き
  • 引き出し
  • ライト付き
  • コンセント付き
  • 色対応

などの機能を詰め込んだ、よくできたベッドフレームではないかと。

大人はもちろん、子供部屋にもピッタリじゃないでしょうか。

このベッドフレームの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする