パイプベッドでよくできてるなぁと思うのがコレです!

パイプベッドの画像
販売ページはこちら!

ベッドってすごく場所をとるので、なんとか収納場所としても活用できないかと思いませんか?

特にワンルームなどの一人暮らしの場合。

最近見つけたベッドでよく考えられてるなぁ、と思ったのがこのベッドフレーム。

よくできてます。

このベッドフレームがよくできてるなぁ、と思う10個の理由!

THE・収納ベッド

ベッドというとシングルサイズでも、約1×2メートルの場所を必要とします。

そのため、収納場所を確保するために色んなベッドが考えられてきました。

  • 下にいっぱい引き出しが付いたチェストベッド
  • ハシゴで上に登って寝られる、下が机などになったロフトベッド

などなど。

ところがこのベッドは、寝てる上のスペースを収納として活用する、あまり見かけないタイプで、よくできてるなぁと思います。

収納部分のサイズは200×40㎝あるんですが、ロフトベッドほど圧迫感もないし。

絶対に欲しいヘッド部分の棚

そして頭の方には棚がついてます。

個人的にはメガネをかけてるんで、ベッドの頭のところの棚は必須なんですが、そうでなくても

  • スマホ
  • 充電器
  • 目覚まし時計
  • ライト
  • 読みかけの本

など、枕もとに置きたいものっていろいろありませんか?

頭のところの棚(宮ともいう)は、あった方が絶対にいいです。

足元には簡易のデスク

また足元には小さなテーブルが付いてます。

寝る前のパソコンでのちょっとした作業などにも使えます。

さらにハンガーラックまで

ベッドの奥には、152㎝の幅でハンガーラックが付いています。

見てもらったら分かるかもしれませんが、そこまで高さがある訳じゃないので手持ちの服を全部ぶら下げるとうっとうしい事に。

ただ普段使いの服や明日着ていく分をそこに用意、なんて使い方もいいんじゃないでしょうか。

ベッド下も収納スペースに

ベッドの下というのは意外と便利な収納スペースです。なんといっても約1×2メートルあるので。

このベッドの場合には、ベッド下の高さが29㎝あり、そこそこのボックスなども入れられるし、工夫すればかなりの収納スペースとして使えます。

しっかり支えてくれる

当たり前の話ですが、ベッドがしっかり体重を支えてくれるのは重要です。

パイプベッドってモノによっては弱々しいタイプもあるんですが、このベッドは耐荷重が100㎏となってるので、安心して使えるんじゃないかと。

通気性も抜群

寝てる間というのは、数百ミリリットルの汗をかくなんて言われてます。なのでベッドの通気性はとても重要

このベッドではフレームが網目になっているので、空気の流れはバッチリじゃないでしょうか。

木目とスチールの組み合わせ

やっぱり今人気があるのは、ブラックのスチールと木目の組み合わせ

天然木ではないんですが、茶色が入ることで、ちょっとした温かみや柔らかさが加わって雰囲気が変わります。

木目調中心の部屋や北欧風な雰囲気にも合わせやすいと思います。

2色対応

黒は重いという場合には、白+ナチュラル色の天板という組み合わせのタイプも。

コレだと

  • シンプル
  • ナチュラル

といったスタイルの部屋にもしっかりはまります。

人をダメにするベッド?

商品ページにこう書かれているんですが、このベッドにしてしまうとほとんど動かずに必要なものを手の届く場所に配置できてしまいます。

休みの日にはトイレ以外ずーっとベッドで過ごしてしまう、なんて事にもなりかねないので注意しましょう。

このベッドの価格をみてみる!

このベッドフレームの注意点!

組み立て式

このベッドは自分で組み立てるタイプとなってます。そしてこのサイズを考えると、なかなか大変だと思います。

パーツが大きなものもあるので、2人以上で組み立てることをオススメします。

昔、家具屋さんで働いてたので何となく想像がつきますが、1人でもできないことはないかもしれません。

が、慣れてなかったら本当に大変だと思います。

デスクとヘッドボードの向きは変えられない!

組み立て式なんですが、デスクの天板と、ベッドの頭の位置は逆にできません!

あらかじめ置き方など、部屋のことをしっかり頭に入れて考えておきましょう。
(朝日がやたら眩しかったり、枕の向きが気になる、なんて事の無いように)

このベッドフレームのまとめ

このベッドを最初にみたときは、本当によくできてるなぁと思いました。

ベッドの下はもちろん上部や頭の部分も収納にしながら、足元を有効に使いつつ、さらに壁面にハンガー。

もちろん普通のベッドと比べると圧迫感はあるでしょうが、

  • 収納スペースが確保できない人
  • 一人暮らしの人
  • ダラダラしたい人(?)

にとっては最適なんじゃないかと。

このベッドの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする