クイーンサイズのベッドの大きさとメリット、デメリットはコレ!

photo credit: Sam Breach Big Yawn on Film via photopin (license)

2人で寝るベッドを探しているときによく見かけるサイズが、ダブルとクイーン。

ダブルといえば何となく分かるけど、クイーンサイズの大きさとか使い勝手って、実際にはどうなんだろう、とか思いませんか?

ここでは、クイーンサイズのベッドの大きさやクイーンベッドで寝る事のメリット、デメリットなどについてみていきます。

クイーンサイズのベッドとは?

2人で寝るベッドのサイズとしては、まずダブルサイズがあります。このサイズの横幅が140㎝。

クイーンサイズはさらに2人がゆったり寝られる大きさとなっていて、160~170㎝ぐらいの幅となっている場合が多いです。

ダブルサイズでは、ほとんどのメーカーで横幅140㎝に設定してますが、クイーンサイズになると各メーカーで設定されている長さが違います

そのため商品によって10㎝程度の違いがあります。
(またメーカーによっては160㎝幅くらいのベッドを「ワイドダブル」と呼んでいる場合もあります)

クイーンサイズと書いてるからといって同じサイズとは考えないように注意しましょう。

クイーンになるとサイズが大きいので、部屋への搬入も考えて、マットレスが2つに分かれている物もあって、寝ている間にすき間ができないよう、マジックテープやファスナーでくっ付けられるようになってるものもあります。

(1枚になってる一体型もありますが、サイズが170㎝×195㎝にもなるので、階段やエレベーターで上げられず、部屋に入らないなんて事も)

マットレスカバーだけでは、ずれてくるので何らかの方法でくっつけられるものを選ぶようにしましょう!

クイーンのベッドのメリット

とにかくゆったり

ダブルベッドと比べると20~30㎝ほど横幅が広くなるので、これだけ違うと寝たときの感じとして、かなりゆったりします。

(そもそもダブルというのは2人用のサイズとしては、ギリギリのサイズと考えておきましょう「2人で寝るならダブルのベッドは狭い?」)

今は2人だけど子供ができて小さいうちは3人で、といった場合も、ダブルではかなり狭くなってしまいます。

布団を分けられる

一般的にダブルのサイズで2人で寝る場合には1枚の布団で寝ることになると思います。

ただ

  • 寝る時間が違って後から入ってこられた時に目が覚めてしまう
  • 布団の取り合いになる

など、1枚の布団では不便に感じてしまうことも。

だからといってシングルを2枚使うにも、掛け布団の幅は150㎝ほどあり、かなりかさばります。

クイーンの場合なら、もちろんクイーン専用の掛け布団(幅210㎝程度)のものもありますが、シングルを2枚使えない事もありません。(それでもやや余りますが)

1枚の布団を2人で使うストレスは軽減されます。

振動が伝わりにくい

クイーンの場合には、2人の距離が離れるのに加えて上に書いたようにマットレスが2つに分割されているタイプがあります。
(そっちの方が多い印象ですが)

なのでバネがそこで分かれていて、揺れが伝わりにくいといえます。

これも寝る時間が違ったり、ねぞうが悪い場合に相手の睡眠を妨げない、という点ではメリットといえるでしょう。

クイーンのベッドのデメリット

中央にへこみが

クイーンのマットレスは2つに分かれているものが多く、すき間ができないようにファスナーなどで固定できるものも多いですが、ただ2枚のマットレスを並べるだけのものもあります。

そしてそのマットレスの間はバネが無い事もあり、どうしても平らにはならず少しへこんでしまいます。(固定できるものでも)

2人で寝るベッドなので、真ん中がへこんでいても気にならない人もいれば、どうしてもそこが気になるという人も。

厚めのベッドパッドを敷く、という方法もありますが、完全に平らにというのは難しいかもしれません。

場所を取る

あと当然ですが、サイズが大きいので部屋が狭くなります。

見た目だけでも部屋を広く見せたいなら、ロータイプのベッドにするという手も
 icon-hand-o-right 「ローベッドってどう?」低いからこそのメリット・デメリットと、おすすめの3台はコレ!

設置場所を選ぶ

これはシングルベッドなどを2台並べたときとの比較ですが、クイーンベッドだとのちのち2つに分けられないので設置場所が限られます。

子供が大きくなったなど、将来的に設置場所を変える事になっても融通がききません。

極端な話でいうと、引っ越した先で置けずに処分する、なんて事も。

そんな時にクイーンではなくシングル2台にしてると、いろいろ置き方も考えられます。

シングル2台だと幅が大きい(100㎝×2)という場合には、セミシングルというサイズもあるので、それを2台(80㎝×2台)という手も。

カバー類が少ない

ベッドのサイズでメインとなるのは、

  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル

の3つ。実際に売れる割合も、これらが多くなるでしょう。

そのためベッド本体やマットレスの数、種類がたくさんあります。

それに引き換えクイーンなどその他のサイズに関しては、種類も少なく選べる選択肢が減ってしまいます。

そして比例して、ベッドを使うときに必要となる、

  • マットレスカバー
  • ベッドパッド

といったものも選べる種類が減ってしまい、安い商品も少なくなります。

ベッド本体はそれほど買い替える物ではないですが、人によってはカバー類を頻繁に替える場合もあるので、種類が少なく安いモノが少ない、というのはデメリットとなるでしょう。

クイーンベッドのまとめ

予算とスペースに余裕がありゆったり寝たいなら、クイーンぐらいのサイズはおすすめ。

ダブルはそれほどゆとりがありません。

また将来の移動の事も考えて、シングルやセミシングルを2台という選択肢も。
(幅はそれほど変わらなくても、予算はかなり上がりますが)

 


個人的によくできてるな~、と思うベッド!

walto(ウォルト)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」

NORL(ノール)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」

Clerus


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」

ALLOYS(アロイス)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」 

パイプベッド

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このパイプベッドがよくできてる、10個の理由!」

 

人気のタイプのベッドフレームを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のおしゃれなベッドフレーム!おすすめの18台」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする