【ロフトベッドはやめた方がいい?】失敗しないために知っておきたい17個のデメリット

ロフトベッドのデメリット ベッド

「ロフトベッドってやめた方がいい?」
「ロフトベッドのメリットやデメリット、欠点は?」

狭い部屋にベッドを置こうと考えた時に候補にあがるロフトベッド。

上に寝るスペースがあって下を収納に使えるので、場所を有効に使えると人気です。ただロフトベッドにはあまり知られていないデメリットや欠点も。

けっこう「ロフトベッドはやめとけ!」という意見も見かけるし、買ってから後悔しないようにロフトベッドのメリットやデメリットをできる限り考えてみました。

ロフトベッドのメリット

まずはロフトベッドのメリットから。といっても、個人的にはそれほどあると思っていません。

部屋のスペースを有効に使える

ロフトベッドを置くことの1番のメリットはコレでしょう。

ベッドの下を収納スペースとして使うことができるので、部屋のスペースを有効に使うことができます。

例えばタンスなどを置いて収納スペースとして利用したり、子供部屋ならデスクを置いたり。
(中には最初からチェストやデスクがセットになったものも)

シングルベッドを置くには、だいたい1メートル×2メートルの場所が必要となります。

ロフトベッドならベッドを置いても部屋にそれに近いスペースが確保されるわけで、そこは大きなメリットといえるでしょう。

他にも

  • 湿気が溜まりにくい
  • 掃除がしやすい
  • 布団を敷きっぱなしでも目立たない

といった利点はあるものの、スペースの有効活用というのが最大のメリットで間違いないです。

ロフトベッドのデメリット

そしてデメリット。こちらはかなりたくさんあります。

  • はしごを使う面倒さ
  • マットレスが薄い
  • 寝心地が悪くなる
  • 天井が近い
  • きしみや揺れ
  • 布団やカバーの取り換えが面倒
  • 高さがちょっと心配
  • 物が落ちた時のダメージが大きい
  • 布団が落ちると最悪
  • 時間がかかる
  • 夏に暑いかも
  • 強度面でちょっと心配
  • ベッドの下が暗くなる
  • ほこりがたまる
  • 設置場所を選ぶ
  • 組み立ては大変
  • 部屋の圧迫感

なかには人によってデメリットと感じないような項目もあるかもしれませんが、思いつく限り並べてみました。

一応詳しく見ていきます。

はしごを使う面倒さ

ロフトベッドで寝るためには、はしご、あるいは階段を使って昇り降りしないといけません。

これが毎日の事となるので、かなり面倒です。

家具屋で働いてた時に実際に使っている人の話も聞いたことがありますが、「面倒くさい」という意見は結構ありました。

あと寝ぼけたり酔っぱらってたりすると、足を滑らせる可能性もあってちょっと危険。

マットレスが薄い

ロフトベッドの場合(2段ベッドなどでもそうですが)、落ちないように柵がついてます。ただあまり分厚いマットレスを敷くと柵の高さがなくなって危ないので使えません。

薄いマットレスしか使えないのも、デメリットの1つです。

寝心地が悪い

そして薄いマットレスだと、寝心地が悪い場合が多くなります
(個人の好みやマットレスにもよりますが)

体の凹凸を吸収しにくいので。

また布団で寝るのも一応可能なんですが、ロフトベッドによっては(特にパイプのタイプ)背中や腰が痛くなる場合も。

あと下にも書いてるけど強度面でも不安があるので、マットレスは敷いた方が無難です。

天井が近い

ロフトベッドといえば床からの高さがあるので、当然天井との距離は狭くなります。

一般的な天井の高さは240㎝。ベッドにもよりますが、ハイタイプになるとベッドの寝る面が床から150㎝となるものもあるので、天井との距離は約90㎝

男性の平均的な座高が90㎝前後といわれていることを考えると、かなり窮屈で圧迫感があることがわかると思います。

きしみや揺れ

一般的なベッドでもモノによって、きしむ場合はあります。

ただロフトベッドの場合、柱が長いのでよりきしみや揺れが出やすくなりがち

特に使われてる柱が細いタイプや、パーツの数が少ない場合はよりきしむ可能性が高く注意が必要。

布団やカバーの取り換えが面倒

マットレスカバーや掛布団自体も、汗や汚れを考えると定期的に取り換えが必要

それらも当然、はしごや階段を使って昇り降りしながら交換する必要がありかなり面倒です。

高さがあるので心配

寝る場所が高いというのは、やっぱり心配です。

もちろん柵がついていて落下防止については考えられているんですが、実際に「寝返りの時に布団などが台がわりになって落ちてしまった」という話はあります。

あと起床時はしごで降りるときに、足を踏み外したりといった危険も。

物が落ちた時のダメージが大きい

ベッドで寝るときって、ヘッドボードの棚にいろんなものを置いてる人も多いんじゃないでしょうか。

  • スマホ
  • 目覚まし時計
  • スタンドライト

などなど。

ただロフトベッドの場合、高さがあるので落とすとダメージが大きいです。スマホの画面なんて簡単に割れます。

特にパイプタイプのロフトベッドの場合、棚の部分から簡単に物が落ちてしまうようなデザインのモノも多いので、注意が必要。

布団が落ちると最悪

落ちるといえば布団もあります。

普通のベッドでも布団が落ちると「寒っ‼」となって戻すのが面倒なのに、ロフトベッドだと最悪です。

わざわざ、はしごを降りないといけないので。

時間がかかる

ココでいう「時間がかかる」というのは、寝る、起きるといった動作に対して、普通のベッドよりも時間がかかるという意味です。

  • 疲れて倒れこみたい
  • ちょっと横になりたい
  • トイレに行きたい
  • 電話がかかってきた
  • 宅配や来客

といった場合にすぐに寝る、あるいは起きることができないんです。いちいち階段を昇り降りしないといけないので。

夏に暑い

これは部屋の冷房などの環境にもよるんですが、基本的に空気というのは暖かくなると軽くなって上に昇ってきます。

つまり部屋の上の方は暖かい空気が溜まりやすく、夏場は暑くなりがち

扇風機やサーキュレーターなどの対策が必要になると思います。

強度面でちょっと心配

ロフトベッドだから強度が弱いというわけではないんですが、そこまで高額のタイプも少ないので、強度が高いモノは少ない印象があります。

特に気にしたいのは、床板(寝る面の底の部分)

底が抜けると高さがあるぶん、大変なことになります。

なので、上にもちょっと書きましたが床板の薄いベッドに布団で寝るのは止めましょう。一か所に体重がかかると薄い木の板なら割れる可能性は十分にあります。

マットレスを敷いていると、力が分散されるのでマシにはなりますが、特に床板の厚みは確認が必要です。

ベッドの下が暗くなる

ロフトベッドの場合、下の部分を有効に活用できるんですが、ベッドのせいで光が遮られます。

タンスを置いたり、といった収納重視ならそこまで気にならないかもしれませんが、机を置いたりソファを置いたりといった使い方だと、暗さへの対策が必要となります。

ほこりがたまる

ほこりというのは基本的に布製品からたくさん出ます。

ベッドの上に布団やカバー、マットレスなどがあるためロフトベッドの下の部分には、ほこりが溜まりやすくなってしまいます。

設置場所を選ぶ

ロフトベッドは高さがあるので、設置に関して普通のベッドとは違ったトコを気にしないといけません。

例えば

  • 窓の位置
  • 照明の位置
  • エアコンの位置

など。

窓や照明の位置に関しては、ベッド下が暗くなるのを避けるためにロフトベッドの設置場所を決めるときに考慮する必要があります。もちろん窓をふさぐわけにもいかないし。

あと、さすがにエアコンの真ん前に設置するのも問題があります。

高さがあるがゆえに置けない場所がけっこうあるんです。

組み立ては大変

家具屋さんで購入して、組み立てまでしてもらう方向で契約していれば問題ありません。

ただ通販で買ったり、家具屋さんで購入しても自分で組み立てしてしないといけない場合、かなり大変です。

家具屋さんで働いていたので組み立てには慣れていましたが、さすがにロフトベッドを一人で組み立てるのは時間もかかり大変でした。

必ず2人以上で組み立てるのをおすすめします。

部屋の圧迫感

あと使い勝手とは別の話になりますが、部屋に置いた時の圧迫感はすごいです。

幅と奥行きが約1×2メートル、高さが1.5~1.8メートルというスペースを、ベッドが埋め尽くされるので。

そこは覚悟しておいてください。圧迫感に関しては間違いなく想像を超えくると思います。

ロフトベッドを選ぶときの注意点

そんなロフトベッドにするなら、デメリットも考えて次のポイントを考えて選んでみてください。

  • 高さを確認
  • 耐久性を確認
  • 材質の確認
  • フレームの太さ
  • 棚がついてるかどうか
  • 何を収納するか
  • 昇り降りの仕方

高さを確認

ロフトベッドといっても、いろんな高さのタイプがあります。大まかに分けると

  • ハイタイプ
  • ミドルタイプ (ロータイプ)

これらのタイプから、上に書いたようなデメリットや自分に最適なのがどれなのかを考えて選ぶのが大切。

ハイタイプでいうと、寝る面の高さは床から150~160㎝程度で、全体の高さが約180~190㎝。天井までの距離が狭い分、下の部分の収納はしっかり取れます。

ミドルタイプなら、80~90㎝程度。圧迫感は少ないものの収納力は減ってしまいます。

そのあたりのバランスは、使う人によって変わってくるので自分にピッタリなタイプを探すようにすることが大切になってきます。

本当に高さは慎重に考えましょう。

何を収納したい (置きたい) のか

そんな高さを決めるときに考えないといけないのが、ベッドの下をどう使うのか。

  • モノを収納したい
  • ソファを置きたい
  • 机を置きたい

といったスペースの用途によって、高さは変わってきます。

ロフトベッドありきでデザインなどを優先して選んでしまうと、効率的に収納やレイアウトができず「結局スペースを有効に使えない」なんて事にも。

耐久性を確認

あとデメリットのトコでも書きましたが、寝る場所が高いぶん耐久性は重要になってきます。

注意したいポイントは、

  • 柱の太さ
  • 揺れの具合
  • 床板の厚み
  • 耐荷重

この辺りはしっかり比較したいところです。

材質の確認

あとどんな材質を使っているかも大事になってきます。

ロフトベッドで使われる材質としては、

  • 木製
  • パイプ

の2種類。

木製なら、

  • 揺れやきしみが少ない (柱の太さにもよります)
  • 床板の厚みがあれば強度は高い
  • 見た目の温かみやデザインの豊富さ

パイプなら、

  • 価格が安い (もちろんモノによりますが)
  • 線が細いぶん圧迫感は抑えられる
  • 通気性がいい

といった違いやメリットが考えられます。

フレームの太さ

強度や耐久性を考えると、フレームは太ければ太いほどいいです。

ただ圧迫感やデザインのおしゃれさを考えると、細いほうがいい部分もあるので、ここもバランスが大切。

ただ揺れやきしみを考えると、やっぱり太さを重視する方がおすすめ。

棚がついてるかどうか

寝るときには枕元に置いておきたいモノは結構あると思います。上に書いたようなスマホや目覚まし時計など。

なので棚付きが圧倒的に便利です。枕の横に置いてたりすると、落ちてしまう可能性も高くなるので。

ただし、その分ロフトベッドのサイズは確実に大きくなります

棚付きかどうかで長さの差は、20㎝程度かわってくると思うので、部屋のスペースと相談して決めてください。

昇り降りの仕方

あと、意外と購入後に後悔するのが多いのが、昇り降りの方法。

具体的には、

  • はしご
  • 階段

という2つの方法があります。

注意したいポイントは、

  • 安全性
  • 使い勝手
  • 設置に必要なスペース

安全性や使いやすさ、昇り降りの楽さを考えると、階段のほうが優れているタイプは多くなります。

ただ設置のために必要なスペースや見た目の圧迫感を考えると、はしごのほうに軍配が。

階段の場合には、だいたい50cmくらい余計にスペースが必要になるものが多く、左右の位置を変えられないモノも。

このあたりも、どこを重視するかで事前に考えておく必要があります。

ロフトベッドのまとめ

もう一度書いておきますが、

ロフトベッドのメリットは、

  • 部屋のスペースを有効に使える

デメリットは

  • はしごを使う面倒さ
  • マットレスが薄い
  • 寝心地が悪くなる
  • 天井が近い
  • きしみや揺れ
  • 布団やカバーの取り換えが面倒
  • 高さがちょっと心配
  • 物が落ちた時のダメージが大きい
  • 布団が落ちると最悪
  • 時間がかかる
  • 夏に暑いかも
  • 強度面でちょっと心配
  • ベッドの下が暗くなる
  • ほこりがたまる
  • 設置場所を選ぶ
  • 組み立ては大変
  • 部屋の圧迫感

たしかにデメリットはたくさんあるんですが、「部屋のスペースを有効に使いたい」ということであれば、

  • 高さを確認
  • 耐久性を確認
  • 材質の確認
  • フレームの太さ
  • 棚がついてるかどうか
  • 何を収納するか
  • 昇り降りの仕方

このあたりに注意して、ロフトベッドを検討してみたらいいんじゃないでしょうか。


ロフトベッドじゃないんですが、ちょっとした収納がついてたり、机がわりにもなるベッドがあったので、どんなのかまとめてみました。
(机は無理やりですが…)

ロフトベッドほどの収納力はありませんが、高い所に寝ないのでいくつかのデメリットを避けることができます。

パイプベッドでよくできてるなぁと思うのがコレです!
ベッドってすごく場所をとるので、なんとか収納場所としても活用できないかと思いませんか? 特にワンルームなどの一人暮らしの場合。 最近見つけたベッドでよく考えられてるなぁ、と思ったのがこのベッドフレーム。 よくで...

あと、一人暮らしのベッドについてまとめたページもどうぞ。

一人暮らしのベッドでいいなぁと思うのはコレ!(あと、やめといた方がいいのも)
「一人暮らしに最適なベッドは?」 「コレは止めとけっていうのある?」 一人暮らしが始まる時の家具選びって楽しいんですが、けっこう困るのが寝るスペースについてじゃないでしょうか。 広い部屋や寝室が別にあれば良いけど、スペース...

ロフトベッドじゃないんですが、おすすめのベッドフレームまとめてみました。


 

個人的によくできてるな~、と思うベッド!

walto(ウォルト)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」

NORL(ノール)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」

Clerus

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」

ALLOYS(アロイス)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」 

パイプベッド

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このパイプベッドがよくできてる、10個の理由!」