和室のテレビ台にこんなのは? おすすめの5台を選んでみました!

photo credit: Enkou-ji in Winter via photopin (license)

テレビ台は、部屋の家具や壁などの雰囲気に合わせないと浮いてしまいます。そこで難しいのが、和室にテレビを置く場合。

元々和風ではないデザインであるテレビを、和室に置くための台にはどんなものがいいのか考えてみました。

和室にテレビ台を置くときの注意点!

サイズ

和室に置くテレビボードで、サイズの面で気を付けたいのは、高さです。

横幅や奥行きは部屋の寸法や都合、他の家具との兼ね合いで決めたら良いんですが、高さだけは注意が必要です。和室のテレビ台の高さは、できるだけ低いものにしましょう。

理由としては、

  • 和室の場合、見る場所が低い
  • 和室には高い家具が似合わない

の2つです。

まず、和室でテレビを見る場合には、床に座って見ることが多くなると思います。その場合、テレビ台が高くてテレビの画面が視線よりも上にくると、見ていて疲れるんです。

理想は視線よりも少し下といわれていて、床に座って見るなら、できるだけ低い方が良いでしょう。(特にテレビが大きい場合には)

もう1つの理由「似合わない」というものですが、昔の日本の家は天井が低く、それに合わせて家具も低かったので、基本的に、和室に背の高い家具というものは少なく、似合わないです。

特に床が畳になっている場所では、あまり背の高いものは、無理やり置いている感が出てしまいます。

無難にという訳ではないのですが、やはり木の色である茶色で探すべきかと。

アクセントとして、雑貨などで他の色を足すのは全く構わないのですが(使いすぎ注意!)面積が大きくなるテレビ台については、茶色です。

茶色といってもナチュラルな、木そのままの色から、ちょっと濃いめの色までありますが、個人的には、ダークブラウンと呼ばれるかなり濃い茶色が好きです。低めのテレビ台なら圧迫感もなく、黒色の多いテレビとの相性も良く、そして圧倒的にカッコ良くなると思いますが、どうでしょう。

材質

畳や土壁(今はほとんどありませんが)、障子にふすまといった自然な素材が多く使われている和室では、やはり自然な材質である木を使用したものが一番しっくりくるでしょう。

上にも書いてますが、色の面でも茶色は合わせやすい色だし、何よりも和室に茶色が多くあります。

なのでテレビ台の材質としてよく使われている、ガラスやスチールといった素材は、和室に合わせるのは難しいでしょう。
(絶対に無理という訳ではありませんが)

デザイン面では、脚がついていようがなかろうが、和風なデザインであれば和室に合うのですが、問題は畳のへこみです。

脚が細くなるとテレビ台、そしてテレビの重さの全てがその細い脚にかかり、長い時間をかけて畳をへこませてしまいます。思いのほか、へこみます。

畳のへこみ防止のためのグッズはありますが、(脚の下に敷くお皿みたいなのとか、小っちゃい座布団みたいな敷物とか)滅茶苦茶ダサので、絶対に止めましょう。

畳のへこみが気になる場合には、脚付きのテレビ台は避けるか、脚付きにする場合は、脚の部分だけに敷くのではなく、テレビ台の下にラグなどを敷いて、ラグと畳の間に見えないように板などを敷きましょう。(ずれないように注意!)


よくできてるなーと思う、和室のテレビ台5点

スチールとの組み合わせ

最近多いテレビ台などの家具に多いのが、天然木とスチール(アイアン)を組み合わせたタイプ。

こんなの↓

このテレビ台ではパイン材とスチールの組み合わせで、ちょっと使い古した感じのヴィンテージ感があり、和室の雰囲気に馴染むんじゃないかなぁ、と。

このテレビ台の価格をみてみる!

 


ロータイプ

サイズ面で和室に合わせる時に一番気をつけたい高さ。低いことでしっくりします。 高さ32㎝のロータイプ。

床でみるテレビ台としては、やっぱり低めじゃないと見にくくなります。

このテレビ台の場合、さらに引き戸になってるので、和室に馴染むんじゃないでしょうか。

このテレビ台の価格をみてみる!


格子状

引き出しや扉など、テレビ台の全面のデザインが格子状になったもの。

こんなのです↓
格子というデザイン自体が和の家の窓枠などに用いられるデザインなので、和室に合わない訳がありません。

色が濃いタイプもあります。

このテレビ台の価格をみてみる!

 


シンプル

意外と和室にピッタリはまるのが、シンプルなオーブンタイプのもの。

例えばこんなの↓

 

(注意!リンクしてるんでクリックすると飛んでいきます!)

この手のデザインでは、逆に合わないテイストや部屋の方が少ないように感じますが、正面から見た、枠のみの感じが、和室にピッタリきます。

これも濃いめの色合いで、部屋のアクセントにするのが良いでしょう。

公式サイトFLYMEe(フライミー) で価格をみてみる!


和モダン

いまいち「はっ?和モダン?何それ」って感じなんですが、ようはモダンなデザインなんだけど、和風に合う、って事?

すみません、全然違うかも知れませんが個人的には、こんなのも良いと思うんです。(高さ30.5㎝)↓

 

このテレビ台の価格をみてみる!

とか。

和風なんだけど、いかにもという感じではなく、現代的なデザインも取り入れられた様なモノ、っていう解釈。

まあ、上のが和モダンかどうかは置いといて(置いとくな!)ちょっと遊びのあるデザインでも、和室だから逆にあり(洋室よりも強調される)、なんて事もあると思います。

 


和室のテレビ台のまとめ

和室のテレビ台を選ぶ時には、

  • テレビの見かた(見る場所)
  • 床がタタミ
  • 色や素材感

といった、和室ならではの気を付ける点があり。

またテレビ台のデザインによって、部屋の

  • 和の感じを和らげる
  • 和の感じを強める

と、どちらでもできます。つまり部屋の中心にくるテレビボードだからこそ、どんな部屋にしたいか(和を強調するのか、しないのか)をしっかり考えて、選ぶようにしましょう。


個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)

 


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


EMO(エモ)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


Lewis(ルイス) 


↑クリックで商品ページに

詳しい説明は
「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」


Rits(リッツ)

 

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


幅広テレビボード

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」

コストパフォーマンスがなかなか!

 

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のテレビ台!おすすめ17選!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする