一人暮らしでソファを置くときの注意点!

一人暮らしで、さらにはワンルームでソファを置くにはどうしたらいいのか悩んでませんか?

確かに狭くはなるんですが、ソファを置くならこんなところに気を付けよう!という事について色々考えてみました。

一人暮らしでソファを置くときに気を付けたいコト

部屋の間取りをちゃんと考える

スペースに余裕が無い部屋でソファを置くなら、当然ソファのサイズはちっちゃい方がいいけど、とにかくコンパクトなソファなら良いってもんでもありません。

まずは部屋の寸法、形をちゃんと考えて、しっかり把握しましょう。

例えば同じ6畳の部屋でも、長細い部屋もあれば正方形に近い形の部屋もあります。そんな部屋の形状によって、ソファを置いたときに狭くなる部分は変わってきます。

長細い部屋なら横幅は少し余裕があるけど、TVとの距離が狭くて通路が取りにくい。

となれば奥行きの浅いソファを探すべきだし、逆に正方形の部屋ならソファを置くための壁面のスペースが少ないので、できるだけ幅の狭いソファにする必要があります。

このように部屋の形状(柱や扉、窓も含めて)を考えた上で探さないと、何でもかんでも小さいモノを、と決めてしまって逆にスペースが無駄に余ったらもったいないです。

1人掛けなら良いってもんでもない!

一人暮らしで場所がないからと、1人掛けのソファを探している人もちょっと待ってください。

同じシリーズのソファなら、当然2人掛けよりも1人掛けの方が小さくて省スペースで済むんですが、上の話とも被るけど、コンパクトな2人掛けの方が奥行きを取らないなんて事はよくあります。

場所が狭いから1人掛け、というのではなくて、まずはどのくらいまでなら置けるのかをしっかり把握してからにしましょう。

ちなみに1人掛けは、ちょっと横になる、というソファの醍醐味が味わえないんで、そこも注意!

テーブルをセットで考える

一人暮らしになるんで、まずはソファが欲しい、という人は多いです。そしてその後に必要だからとテーブルを探しにくるパターン。

ただ先に大きめソファを買ってしまったんで、テーブルが置けない、通路がメチャメチャ狭い、なんて事にも。

テーブルはたぶん必要になります。(あると便利なんで)ソファを置くスペースがあまり無いワンルームなどでは、なおさらソファとテーブルを一緒に探して、必要な通路や間隔を保つようにしましょう。

また、ソファの前に置くようないわゆるリビングテーブルが置けない場合には、ソファの横に置ける小さめのサイドテーブルという手も。

最悪どうしても置けない場合には、テーブル無し、あるいはコの字型でソファに挟まるようなタイプ(こんなの↓)
なんかもありますが、どうしても理想のテーブルがあったのに置けなくなった、なんて事のないようにソファ、テーブルは一緒に探しましょう。

ソファベッドは止めよう!

一人暮らしで部屋が狭いからといって、ソファとベッドが一緒になったソファベッドを探してる人がいます。これには色んな意見があると思うんですが、個人的にはやめた方が良いと思います。(ソファベッド使ってる人、ごめんなさい!)

理由その1:戻さないから

あくまで自分に置き換えた場合なんですが、1度ベッドの状態にして布団を敷いて寝た時に、朝起きてその都度わざわざソファに戻すのかなぁと。

自分なら1度ベッドになったものは、ほぼベッドのままだと思うんで。

理由その2:中途半端

これは個人的な理由というよりも、家具屋で働いていたんで分かることなんですが、ソファ、ベッド、どっちも使える分、どちらにしても機能、耐久性、使い心地が中途半端なんです。

それならどっちかをあきらめて、しっかりしたソファかベッドを買った方が良いと思います。

リクライニングチェアも止めよう!

一人暮らしだから1人掛けのソファ。さらにゆったり体を傾けたいから、リクライニングのタイプ!その気持ちは分かります。

「止めよう!」と書きましたが、これはソファベッドと違って、それほど否定的な意見は持ってません。ただ1つ言いたいのは、「メチャクチャ場所を取ります」ということ。

横幅はそれほどでもないですが、背もたれを倒したときの縦方向のスペースは、2人掛けの横幅ぐらいあります。それが置けるなら、部屋の間取りによっては2人掛けも置けるかもしれません。

とにかくリクライニグソファを置くなら、倒した時のサイズをしっかり把握して部屋のサイズに当てはめるようにしましょう。

一人暮らしならこんなタイプのソファは?

木肘タイプ

最近では、北欧系のインテリアの人気が高まって増えてきたタイプですが、木肘の場合には肘置きの幅が狭いものが多く、座面の広さの割には全長が抑えられています。

また実際のサイズ以外の部分でも、木肘だと側面が抜けてるので、奥行きが出て圧迫感も少なくなります。

肘置きが倒れるカウチタイプ

肘置きの部分をカチカチッと角度が調整できて、パタンッと倒すことで足を伸ばしたり横になったりすることができます。

(文じゃ分かりにくいんですが、こんなの↓)

(注意:画像リンクしてます!)

背もたれを倒せるタイプもありますが、ちょっと角度を変える事があるくらいで、そこはあまり必要ないんじゃないかと思いますが。

このカウチタイプの場合、必要なときに肘置きを倒せるので、一人暮らしの部屋にはスペースの事を考えても、使い勝手がいいんじゃないか、と思うのと、この手のカウチソファはたいていが奥行き浅めにできてるので、さらに場所を取らないというメリットも。

クッションチェア

もはやソファでもなくなってるんですが、一人暮らしの部屋で座るためのモノ、として座椅子というパターンもある中、もう少しくつろぎ感を出したい人におすすめなのが、クッションチェア。

ビーズソファなんて呼ばれ方もしてますが。

しかもそこら辺のじゃなく、無印のやつがなかなかおすすめなんです。
コレ↓

商品名が「体にフィットするソファ」というんですが、別名、動けなくなる、人をダメにする、廃人になるなどなど、色んな呼び名が付いてます。

本当に動きたくなくなります。お気をつけください。(紹介しといてなんですが…)

一人暮らしのソファのまとめ

一人暮らしで余裕が無い部屋にソファを置くときに、1番肝心なのはやっぱりサイズです。

ただし小さければ良いって訳でもない。

とにかく部屋のサイズをしっかり測って、さらにしっかり考えて、いかに無駄なくスペースを使えるかが勝負。

テーブルの置場所も忘れずに。


個人的によくできてるなーと思う、ソファ!

リクライニングソファ

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
このリクライニングソファがよくできてる理由!

 

New Retro(ニューレトロ)

↑クリックで商品ページに!

 ファブリックもあります。↓

 1人掛けもあります。

詳しい説明は
「ソファのNew Retro(ニューレトロ)がよくできていると思う、10個の理由!」

 

LAURU(ラウル)

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
「LAURU(ラウル)というソファが、よくできてるなぁと思う10個の理由!」

 

 rond(ロンド)

 色違いもあります。↑

詳しい説明は
「ソファのrond(ロンド)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

カウチソファ

 ↑クリックで商品ページに色違いもあります!

詳しい説明は
「このソファがよくできてるなぁ、と思う理由!」

 

 icon-hand-o-down他にも一人暮らしに合いそうなのをのせてます!

人気のタイプのソファを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のソファ、おすすめの16台」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする