LAURU(ラウル)というソファが、よくできてるなぁと思う10個の理由!

販売サイトはこちら!

デザインはオーソドックスなんですが、よくできてるなぁと思うソファがLAURU(ラウル)です。このソファの優れてる理由をあげてみました。

LAURU(ラウル)が優れてると思う10個の理由!

ゆったり2.5Pソファ

2.5Pソファというのは2人掛けと3人掛けの間くらいのサイズのソファの事をいうんですが、このラウルでは横幅が167㎝、座面の広さが140㎝となっています。

1人当たりのサイズでいうと、70㎝となるので、かなりゆったりと座ることができます。
(ソファの場合、1人当たり60㎝あれば狭さを感じずに座れるといわれています)

それでいて肘置きのデザインを細くしてるので、全体が167㎝とコンパクトにまとまっています。

ポケットコイル使用

座面にはウレタンなどのクッション材以外に、ポケットコイルというベッドのマットレスにも使われるような、立体的なバネが使われています。

さらに底の部分には、平面で波状になった鋼製のSバネと、布にゴムを混ぜて編み込んだウェービングベルトが張られています。

それらによって、座ったときにおしりが底に当たるような底付き感が少なく、耐久性も保たれています。

布張り5色対応

張り地は布製で、

  • グリーン
  • ブルー
  • ブラウン
  • ベージュ
  • グレー

の5色に対応。

ベージュやブラウンだと、どんな部屋にも合わせやすく場所を選びません。

グリーンやブルーなら北欧風の雰囲気の部屋にもはまりやすいんじゃないでしょうか。

木製脚

脚部には木製の脚が用意されてます。

脚が付いてることで、掃除がかなり楽になるとともに、見た目の面でも布と天然木は相性がよくデザイン性が上がります。

脚を外してロータイプにも

少しでもソファを低く使いたい、という場合は脚を外すのも可能。木製脚以外にもソファの底面にはプラスチック製の脚が付いていて、そのまま設置できます。

部屋を少しでも広く見せたいなら、家具は低い方がいいです。

レザータイプあり、4色対応

このシリーズは張り地が布張りだけでなく、レザー(合成皮革)タイプもあります。
(本革ではありません)

レザーにすることで高級感が出たり、落ち着いた雰囲気になります。

また水拭きできるので汚れに気を使わなくて済むのが、メリットといえるでしょう。

レザーの色は、

  • ブラック
  • キャメル
  • ブラウン
  • ホワイト

の4色対応。


やや光沢のある質感や色になっているので、ミッドセンチュリーな雰囲気の部屋にも合います。

また張地の色がホワイト以外は、脚の色がブラックになっていてより落ち着いた雰囲気となっています。

サイズ違いあり

83㎝幅の1人掛けソファと、スツールがあります。

(1人掛けは、布張りのグリーン・ブルー・ブラウン・ベージュのみ、レザーなし。スツールは布張りのグレー以外あり。)

耐久テスト合格品

5万回繰り返して行われる耐久実験をクリアし、日本品質評価機構という第三者機関の試験に合格した商品。

生地見本を送ってくれる

ソファを買うときの大きなネックとなるのが、実際の張り地の質感や色を確認できないとき。

この商品に関しては、張り地のサンプルを無料で送ってもらえるとのことなので、しっかり確認してから選べるのは、かなり助かります。

値段の安さ!

そして1番のよくできてるなぁ、と思うポイントがその値段

公式ページで確認してもらったらいいんですが、この品質でこの値段は、本当に安いなぁと思います。

このソファの価格をみてみる!

このソファの注意点

汚れ

生地は布張りなんですが、カバーリングタイプ(張り地を外してドライクリーニングに出せるもの)ではないので、汚れに関しては、普段から小まめに掃除機をかけたり、汚れがついたらすぐにとる、といった事が必要になります。

配送

公式ページに書かれてますが、配送は建物一階でのお渡しとのことで、部屋まで入れてくれず、マンションなどでも自分の階まではあげてくれないようです。

1人ではかなり厳しいと思うので、あらかじめ運び入れる段取りは考えておきましょう。

ソファLAURU(ラウル)のまとめ

すごくシンプルなデザインなので、良さが分かりにくいかもしれませんが、

  • コイルスプリング
  • 張り地が選べる
  • 色が選べる

など、機能面でかなりよくできてます。

大人2人がゆったり座るには、いわゆる2人掛けのソファはだと狭いので、この2.5Pというところもポイントでしょう。

このソファの価格をみてみる!

人気のタイプのソファを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のソファ、おすすめの16台」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする