ダイニングチェアで回転するタイプのメリット・デメリット!

ダイニングテーブル
photo credit: zoomar Pug With Merry-Go-Round via photopin (license)

「回転するダイニングチェアのデメリットってどこ?」
「ダイニングテーブルと回転椅子のセットの使い勝手は?」

ダイニングチェアの中には、座面の部分が回転するタイプがあります。

家具屋さんでもよく見かけますがこの回転チェア、使い心地などはどうなんでしょう?メリット、デメリットをまとめてみました。

回転式ダイニングチェアのメリット

出入りがしやすい

回転チェアの唯一にして最大のメリットが、回転する事によって出入り、あるいは立ち上がりが楽になる、というところでしょう。

椅子から立ち上がる場合、本来なら椅子を後ろに下げてから立ち上がる必要がありますが、回転チェアなら、あまり椅子を下げる必要がなく、椅子自体が回るので、スムーズに立ち上がる事ができます。

出入りのときに、体や椅子を動かすのを最低限におさえる事ができるのが大きな利点です。

回転式ダイニングチェアのデメリット

そして気になるダイニングチェアが回転することによって生じるデメリットです。

いくつかあるので、購入を検討している人は後悔しないように、ぜひ参考にしてみてください。

重い

あくまで比較の話ですが、回転しない椅子と比べると、相対的に重いです。

これは

  • 座面を回転させるために鉄製の回転盤が付いている
  • 構造上、回転チェアを作るためには普通の椅子よりも材料が必要な場合が多い

といった理由が考えられます。

掃除がしんどい

そんな重い椅子が多い回転チェアですが、そこで一番不便になるのが掃除のときです。

ダイニングチェアの脚の間隔はそれほど広くなくて、そのままでは掃除機も通りにくく、1度外に出す必要があります。

そのたびに椅子を持ち上げたりしていると、かなり疲れます。

4本脚のテーブルだと意味がない

「回転チェアの良さ」のところに、あまり椅子を下げないで良い、という事を書きましたが、実は4本脚のテーブルだと、回転チェアはあまり意味がなくなってしまいます。

というのも、4本脚のテーブルは天板の端のほうに脚が付いてるので、椅子を回転させてもテーブルの脚が邪魔になって出られません。

テーブルから出るためには、結局、かなり椅子を後ろに引いてから回転する必要があるので、回転チェアを有効に使うためには、2本脚(T字型の脚)にしないと意味がありません。

ネジがゆるんでくる

回転チェアというのは、椅子の上部と下部を鉄製の回転盤でつないで回るようにしています。この回転板はネジで固定しているんですが、毎日椅子を使っているとこのネジがゆるんでくる事があります。

その結果座る部分がグラグラしてきて、定期的にネジを締めなおさないといけない事もあります。

壊れる可能性も

また、ゆるんだまま回転チェアを使っていると、回転盤がゆがんでしまい、壊れてしまう事もあります。

さらにしっかり締めていても長年使っていると、回転部分の劣化によって動きが悪くなる可能性も。

何らかの部品が付いてあるものは、どんなものでも壊れてしまう可能性があるということです。

子供が遊んでしまう

特に子供が小さいうちは、椅子の座面が回ると、座っていても回って落ち着かなかったり、使っていないときに椅子を回してテーブルにぶつけたり(背もたれ、天板がボロボロ)、上に乗っかって危なかったり、といった事が、ほぼ間違いなく起こると思います。

気を付けてくださいとしか言えませんが…。

カッコいい、かわいいモノが少ない

個人的な意見です。最近では、ややマシになった気もしますが、やはり、回転するダイニングチェアには、カッコいい(かわいい)ものが、極端に少ないと思うんです。

構造上、スッキリとしたデザインにできないからしょうがないんですが、どうしても見た目が重くて、おしゃれな感じがしないんですけど、どうですか?

回転式ダイニングチェアの選び方

そんな回転するダイニングチェアですが、選ぶ場合には次の点に注意してみてください。

持ちやすいか

デメリットに書いたように、回転式のダイニングチェアは重いモノが多いです。

なので掃除のときのことなどを考えて、背もたれに持ち手用の穴があるかなど、持ち運びがしやすいかをチェックしましょう。

肘置きをどうするか

回転チェアには肘が置けるようになっているモノがけっこうあります。

肘置きがあると座っているときには楽なんですが、

  • 幅が大きくなる
  • 出入りがしにくくなる

といったデメリットも。特に出入りがしやすいかどうかは回転チェアの大きなメリットなので、慎重に考え、できれば実際に座ってみて使い勝手を確かめてみましょう。

そして4本脚のテーブルはNG

セットになったモノなら、ほとんどの場合は4本脚ではないと思いますが、椅子とテーブルを別々で購入する場合は、4本脚のテーブルは選ばないように。

回転して出られないので。

例えば伸長式だとほとんどのテーブルが4本脚なので、その場合は回転チェアをあきらめる必要も。

回転するダイニングチェアのまとめ

回転する1番のメリットは、椅子からの出入りのしやすさ。

1度使ったら、かなり楽に感じるはず。

ただし、

  • 椅子が重い
  • 壊れやすい
  • デザインが…

といった弱点も考慮しましょう!


 

よくできてるなーと思う、ダイニングテーブル

Beronia(ベロニア)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルBeronia(ベロニア)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

ヴィンテージウッドダイニング


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ヴィンテージウッドダイニングのよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

TOMTE(トムテ)


  テーブルのページ↑

↓チェアのページ

詳しい説明は
「ダイニングテーブルTOMTE(トムテ) がよくできてるなぁと思う、10個の理由!」

 

WEST(ウエスト)


↑クリックでテーブル単体販売のページへ
 (このページの下の方に、椅子やセット販売へのリンクがあります)

↓2人掛けの伸長式もあります!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルのWEST(ウエスト)がよくできてるなぁーと思う、10個の理由!」

 

 

 icon-hand-o-down 他にもダイニングチェアの種類や機能についての記事をまとめています。

ダイニングチェアの種類や機能についての記事をまとめてみました。
「ダイニングチェアにはどんな種類がある?」 ダイニングテーブルを選ぶときはには、当然チェアの方にも気を使う必要があります。 ダイニングチェアといっても色んな機能や特徴があるので、そのあたりについて書いた記事をまとめてみました。