【ニトリのダイニングテーブル、アルナスってどう?】いろいろ調べてまとめてみました。

ニトリダイニング アルナス ダイニングテーブル

「ニトリのアルナスってどうなんだろう?」

ニトリにダイニングテーブルのシリーズに「アルナス」があります。

人気のシリーズで実際にしっかり見てみると、なかなかよくできてます。

このシリーズのいいトコやダメなトコ、評判や口コミ、個人的な感想をまとめてみました。

※ 掲載内容はページ作成時点での情報となります。必ずニトリ公式サイト、実店舗などでご確認ください

アルナスの主な特徴

まずはアルナスがどんなダイニングテーブルなのか、その主な特徴をまとめてみました。

多彩なテーブルサイズ

アルナスのシリーズでは、かなりたくさんのテーブルさいっずが用意されています。具体的には、

  • 80×80cm
  • 120×80cm
  • 135×80cm
  • 150×80cm
  • 180×80cm

の5種類。

1つのテーブルシリーズでここまでサイズ違いがあるのは珍しく、特に120cm、135cm、150cm幅が用意されてるのが、よくできてます。

(↑画像クリックで楽天のニトリのページにいきます!)

一番需要が高い4人掛けテーブルで、コンパクトサイズからゆったりサイズまでしっかり揃えられているので。

アルダーの無垢材使用

テーブルやチェアにはアルダー材が使われています。

アルダー材の特徴としては、硬くて丈夫な木というわけではないんですが優しい木目を持っているというところ。

特に明るめの塗装の天板だと、とてもナチュラルでイイ感じになります。

コンパクトなチェア

椅子は背もたれが低くて小さいので、とてもコンパクト。

椅子の座面は柔らかい素材を使っているのでカチカチではなく、底付き感の少ない座り心地になってます。

ベンチ・スツールあり

チェア以外にも

  • ベンチチェア
  • スツール

が用意されています。

それぞれ両サイドが手すりのようなデザインになっていて立ち上がりが楽そうなのと、移動、持ち運びがしやすそうなのがポイント。

ベンチ2タイプ

またテーブルのサイズが多いこともあり、ベンチチェアのサイズも2タイプあります。

  • 105cm幅
  • 145cm幅

これが意外と助かるポイントで、ベンチタイプにしたいけどサイズ的に不満がある、といった場合がけっこうあるので。

カバーリングタイプ

椅子やベンチ、スツールは布製のカバーが付いたカバーリングタイプとなっています。

座面が汚れても洗濯ができるというメリットのほかに、外しても合成皮革の座面になっていてそのまま使えるので、二通りの使い方ができます。

カラーバリエーションあり

また色違いがいくつかあります。

木部の色に関しては、

  • ライトブラウン
  • ミドルブラウン
  • ホワイトウォッシュ

の3色があるんですが、テーブルのサイズによっては用意されてない色もあります。

またチェアやベンチの座面がカバーリングになっているんですが、

  • ブラウン
  • グリーン
  • ターコイズブルー
  • ベージュ
  • グレー

と用意されています。

ただし色に関しては、変更や製造中止、完売などによって変わることがあるので必ず公式サイトや店舗で確認してください。

キッズチェアあり

デザイン違いで、キッズチェアがあります。学習デスク用ですが、食事用として兼用でも使えます。

成長に合わせて足置きの位置が変えられます。

便利なワゴンあり

同じ材質でライトブラウンの色のワゴンあり。

テーブルの横に置くことで、作業や食事の時のスペースを広げることができて便利です。

楽天でニトリの「アルナス」をみてみる!

アルナスの評判・口コミ

  • 軽くて移動がしやすい
  • 触り心地や質感がいい
  • 木目がきれい
  • カバーリングなので清潔に使える
  • デザインがシンプルでいい
  • 椅子がかわいい
  • 椅子の座り心地がいい
  • 天板の継ぎ目が気になった
  • 120㎝幅は少し狭かった

楽天でニトリの「アルナス」をみてみる!

イイところとダメなところについての個人的な意見

このアルナスというダイニングテーブルの、長所と短所についての個人的な意見をまとめてみました。

カバーリングがいい

椅子の座面に関して、肌あたりがいいのは間違いなく布製です。

ただ最大の欠点は汚れ。

特にダイニングチェアに関しては、食事をする場所なので汚れはつきもの。

それがカバーリングタイプとなっているので、洗濯ができて汚れの対策ができるのは大きなメリットです。

またカバーリングだけの購入も可能なので、簡単に雰囲気を変えることもできるし、カバーを外しても合成皮革の座面の椅子として使えるのもポイント。

アルダー最高

このダイニングテーブルに使われているアルダー材ですが、とにかくナチュラルな雰囲気を作るのに最高です。

ちょっと柔らかい木なので傷への弱さというのはあるんですが、価格が安いというのもメリットの1つじゃないでしょうか。

個人的にはかなり好きな材で、うちのデスクもアルダー材を使っているんですが、いい雰囲気です。

椅子のバリエーションがあと1つ2つ

椅子のデザインについては、カジュアルな感じで重さも抑えられていていいんですが、できればデザイン違いがもう1つか2つあっても、と思ったり。

この雰囲気なのでハイバック(背もたれが高い)や肘置き付きなど、圧迫感のあるデザインはいらないかもしれませんが、選べるアイテムがあるほうが満足感は高いかと。

背もたれの座り心地は求めない

上にも書きましたが、椅子のデザインは圧迫感を抑えたシンプルなデザインなので、そこまで背もたれの座り心地がいいという事はありません。

ソファと違ってダイニングチェアだと、そこまでもたれることもないので気にならないかもしれませんが。

座り心地は硬すぎず柔らかすぎず

座面の座り心地に関しては、硬すぎず柔らかすぎずというところ。

座面の硬さに関しては個人の好みになるので、必ず一度は実際に座って確かめてもらいたいところですが、

  • カチッとした硬めがいい
  • フワフワした柔らかめがいい

といった極端な硬さ、柔らかさを求めている人にとっては、満足いかないかもしれません。

ベンチのデザインがいいかも

ベンチやスツールのデザインがいいです。

見た目がかわいいのと、立ち上がりの補助や持ち上げやすいところなど使いやすさの面でよくできています。

意外と便利なキッズチェア

アルナスには学習チェアとしてキッズチェアが用意されています。
(ベビーチェアではありません)

構造は違うんですが背もたれのデザインが同じなので、一緒に置いていても馴染みやすいデザインとなっています。

いいラインの価格帯

値段に関しては、他のニトリのダイニングテーブルと比較すると高く感じるかもしれませんが、アルダー材を使っていてこのアイテム数、デザインならいいラインじゃないでしょうか。

よくできた価格設定かと。

楽天のニトリ「アルナス」のページで価格を確認してみる!

まとめ

ニトリのダイニングテーブル「アルナス」には、

  • 80×80cm
  • 120×80cm
  • 135×80cm
  • 150×80cm
  • 180×80cm

といったサイズ展開。

チェアは1種類ですが、他にベンチチェア、スツールと揃っています。

また座面が選択できるカバーリングとなっているのも、おすすめのポイント。

アルダー材を使った、ナチュラルテイストの強い仕上がりとなっています。

楽天でニトリの「アルナス」をみてみる!


ニトリのダイニングテーブルについては、こちらにもまとめてます。