ダークブラウンのテレビ台はここが良いんです!(ダメなトコもあげてみました)

テレビ台に限らず、家具全般にダークブラウンは人気のある色。

数年前から床や扉、柱の色などへのダークブラウンの人気が高まった事にもよるでしょう。

テレビ台の色をダークブラウンにするのはどうなのか、メリットやデメリットについて考えてみました。

ダークブラウンの良いトコ

引き締まって見える

濃い色というのは収縮色といい、明るい色と比べて引き締まって見えます。痩せて見えるように黒い色の服を着るのと同じ効果です。

逆に明るい色は膨張色といって、ちょっとだけ大きく見えてしまいます。つまり部屋に家具を置いたときに、その家具単体では、色が濃い方が小さく締まって見えるのです。

互いに置いて見比べるわけではないので、そこまで気にしないで良いのかもしれませんが、テレビボート自体は小さく見えるので、部屋を広く見せる効果があると思います。

テレビの色に合わせやすい

テレビというのは、黒やグレーといった色が多く使われています。

ガラスやスチールといった素材のテレビ台であれば、質感を合わせることができるのですが、木製の場合には色を合わせるしかありません。

茶色自体は合わせやすい色なので、明るめの茶色でもテレビと合わない、とまではいいませんが、やはり濃い茶色、ダークブラウンの方がテレビとの相性は良いでしょう。

高級感がある

色の濃い薄いで、モノのイメージは変わってきます。ダークブラウンだと同じものでも明るい色のテレビ台より、単純に高く(高価に)見えます。

そして重要なのは、値段が安いモノでも割と良く見える、という事です。

テレビ台の場合、天然木の良い材料を使ったモノでは、例え明るい色でも安物には見えません。そこそこの価格のモノはそれなりに見えるもんです。
(見る人が見たら、という場合もありますが)

ただ本当に安い、明るめの色のモノはかなり安っぽく見えるのに対して、濃い色であればごまかしが効く、ということ。

濃ければ良く、明るければダメ、という事ではなく、値段の高いものはそれなりに。安物の場合、色が濃いと明るい色のモノよりも良く見える、ということです。

ダークブラウンのちょっとダメなトコ

ホコリが目立つ

はっきりいって目立ちます。濃ければ濃いほど目立ちます。どうしても光の加減とかなんでしょうが分かりやすいです。

家具屋で働いてた時も、濃い色のモノの方が掃除してました。

ただ薄い色で目立たなければ掃除は不要か、というと当然そんな事はなく同じだけ溜まっているので、汚れが分かりやすくて良い、とも言えるかもしれません。

傷が目立つ

傷は入ると、そこに光が当たり白っぽくなるので、これもダークブラウンやブラックなどの濃い色の方が目立ちます。

ただし適当に補修する場合には、ちょっとペンなんかで塗ると目立ちにくくはなりますが。(余計ひどくなっても知りません。自己責任でお願いします。)

多すぎると部屋が狭く見える

濃い色は収縮色で小さく見えると書きましたが、ダークブラウンのアイテムや色が部屋に多すぎると、狭く見えてしまいます。

特に床のフローリングがダークブラウン、柱や扉なども同じ系統の色の中で、統一するために部屋中の家具をダークブラウンで揃える、といった事をすると、狭い印象を与える事になりそうです。

これといったアイテムに絞るというのも、1つの手かと思います。

ダークブラウンのテレビボードのまとめ

ダークブラウンのテレビボードにする1番のメリットは、

良く見える=高く見える

こと。良い物はさらに良く、安いモノでもそれなりに。

テレビ台にそれほどお金をかけられない場合には、ダークブラウンで探してみる、という選択も。(うちのテレビ台がまさにそれ)


個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)

 


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


EMO(エモ)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


Lewis(ルイス) 


↑クリックで商品ページに

詳しい説明は
「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」


Rits(リッツ)

 

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


幅広テレビボード

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」

コストパフォーマンスがなかなか!

 

 icon-hand-o-downダークブラウンなのもあります!

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のテレビ台!おすすめ17選!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする