ローテーブルにキャスター(車輪)はいらないと思うんですが。

photo credit: Caster wheel in Café via photopin (license)

ローテーブルには、脚の部分にキャスター(車輪)が付いてるものがあります。

「移動できるから便利!」という事でキャスター付きのローテーブルを探してる人もいるかもしれませんが、いいコトばかりじゃありません。

個人的には、テーブルにキャスターは無い方が良いと思うんですが、そのあたりについて書いてみました。

ローテーブルにキャスターが付いている事のメリット

そうは言っても、キャスターが付いている事で、全く良い所がないという訳ではありません。キャスター付きローテーブルの良いトコには次のようなものがあります。

移動がラク!

当たり前です。

キャスターが付いてることで移動が楽にできます。

例えば部屋の中で場所を変えて使う場合、いくらローテーブルといっても、持ち上げて運ぶのは重いものです。

引きずると床の傷も気になります。

そんな時に車輪が付いててコロコロ押すことができれば、ストレスなく移動ができるのは間違いないでしょう。

それほど部屋の中での移動がなくても、掃除の時に簡単に動かせるというメリットもあります。

ローテーブルにキャスターが付いている事のデメリット

動いてしまう

キャスター付きのデメリットとしてあげたいのが、動いてしまうという事。

コマが付いてるから当たり前なんですが、キャスターには多くの場合、動かないようにストッパーが付いてます。

ストッパーは完璧じゃない

ただこのストッパーは車輪が動かないようにするためのものなんですが、キャスター自体は向きを変えるために回るようになっているんで、ストッパーをつけてもちょっと動いてしまいます。(1㎝とかですが)

そしてローテーブルに力がかかった時に動いてしまうこの数㎝のせいで、床に傷が付きやすくなったり、ぐらぐらと安定しない感じになってしまうんです。

またキャスターの材質(プラスチック製など)や床によっては、ストッパーをしていてもツルツルして、テーブルが動いてしまう事も。

キャスターが付いてることで、動くのが利点なんですが、用もない時に動いてしまう、また動かないようにストッパーをかけていると、いざ動かすときに面倒、といった点がデメリットといえるでしょう。

安定が悪い

上でキャスター自体が回転するのでぐらぐらして安定が悪い、と書きました。

ただそれ以外にも、キャスターの車輪は円形なので、床との接地面が少なくなり、ピタッと床に接することがなく、その点でもキャスター付きのローテーブルは、安定が悪いといえるでしょう。

実際にキャスター付きのテーブルとそうでない物の天板を、揺すって比べてみたらハッキリと違いが分かると思います。

床に傷がつく事も

キャスターというと車輪なので、傷がつかないと考えられがちです。しかしキャスターの素材にもよりますが、意外とフローリングを傷つける事があります。

1回動かしただけで傷つくような事はもちろんありませんが、ずっと使っている事で、擦り傷がつく可能性があります。また固定していてもキャスター自体が回って動くので、その点でも傷つく可能性があります。

強度面で心配

ローテーブルの場合、それほど重さがある訳でもなく、気にするほどではないかもしれませんが、移動の頻度やキャスターの材質によっては、使っていくうちにキャスター自体が壊れてしまう、という事も考えられます。

見た目がカッコ悪い

これは、全くの個人的な意見なんですが。ローテーブルの脚が車輪になってるって、カッコ悪くないですか?

キャスター自体にカッコ良いデザインのものが少ない、という事もありますが、ローテーブルにキャスターが付いてるという事自体が、どうなのかなぁ、と思うんですが。

キャスター付きローテーブルのまとめ

一生懸命考えても、メリットは「動かせる」という1つだけ。

そのメリットが他のデメリットを超えるなら、キャスター付きも有りかと思いますが、個人的にはローテーブルにキャスターは不要かと。

人気のタイプのローテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のおしゃれなローテーブル、おすすめ21選!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする