このローテーブルが、座いすにピッタリでよくできてるんです!

座椅子にローテーブル
販売ページはこちら!

ローテーブルにも色んなタイプがありますが、床での生活プラス座椅子を使っている人にぜひ見てもらいたいのがこのテーブル。

色んな所に気配りがされていて、かなりよくできてます。

このローテーブルがよくできている10個の理由!

座椅子にピッタリ

もともとは、このテーブルを販売してる会社(ロウヤ)でメチャクチャ売れてる座椅子があるんですが、それに合わせたテーブル、という感じらしいです。

もちろん床に座布団でも良いんですが、座椅子との相性がかなり良さそうです。

高さが変えられる

なぜ座椅子との相性がいいのかといえば、座椅子ってクッションの厚みがそれぞれ違いますよね。

フワフワだったり薄くて固めだったり。

そして座る人の体格も当然違うんですが、そこに合わせるためのアイデアとして高さ調整を可能にしているからなんです。

高さを変えられる事で色んな座椅子にピタッとはまる事ができるんでしょう。

ソファのサイドテーブルにも

ちなみに高さの幅は、45.5~72.5㎝となってます。

45㎝というとやや高めのローテーブルくらい。(高めのコタツとか)

そして72㎝というとダイニングテーブルやパソコンデスクぐらいの高さ。

つまりソファの前に置くのもよし、ちょっと上げてソファの横に置いてサイドテーブルとしても。

場合によっては1番高くして小ぶりのデスクや他のデスクの補助テーブルとした使うなど、用途がいくらでも出てきます。

だからベッドの横に置いといてちょっと食事したりなんて使い方もありです。

天板の角度も変えられる

このテーブルが座椅子に向いてる理由としては、天板が傾けられるという事も大きいです。

座椅子に座ったまま雑誌を読んだり、作業がしやすい角度に調整できるんです。

至れり尽くせりです。

ずれ落ちないストッパー付き

さらに天板を傾けると、乗せてるものがずり落ちていきますよね?

ところが落ちないように、天板の手前の部分にペンなども置いたおけるような、ストッパーが付いてるんです。

本当によく考えられてます。

なんといってもコンパクト

このテーブルの使い勝手のいいところはサイズの設定にもあります。

  • 幅:69㎝
  • 奥行:39.5㎝

とある程度の座椅子の幅でも邪魔にならない横幅にしながらも、奥行を抑えることで部屋の中での圧迫感を抑えることができます。

またこのコンパクトなサイズのおかげで、ソファやベッドのサイドテーブルとしての使い方でも邪魔になりにくいんじゃないかと。

4色対応

色に関しては、

  • ブラック
  • ブラウン
  • ナチュラル
  • ホワイト

の4色対応。

デザインはシンプルなので、色がこれだけあればどんなテイストの部屋にもはまりやすいんじゃないでしょうか。

樹脂製の天板で傷がつきにくい

このテーブルの天板は、木目のものも含めてシートを貼り付けた仕上げとなってます。

そんなテーブルでは多くの場合、プリントされた紙を貼っているものが多いんですが、このテーブルでは樹脂でできたシート(PVC:ポリ塩化ビニル)を貼っています。

なので紙のものと比べると、汚れや傷に強くなっています

ペタんと折りたたみ

さらにこのテーブル、使わないときはペタんとたためるんです。

その時の厚みは7.5㎝

どこかの空いてるすき間に収納できるので、とにかく部屋を広く使うのには最適です。

  • 使っているときの見た目
  • 使わない時に収納できる

というダブルで部屋を広くしてくれます。

そして安い

個人的には安いなぁーと思います。

もちろん高級な素材をふんだんに使ってる、といったものではないので、こんなもんだろ!という意見もあるかもしれません。

ただ

  1. 機能的なアイデア
  2. 使い勝手の良さ
  3. サイズ感や色対応

これらを考えると、よくできた価格だと思います。

このローテーブルの価格をみてみる!

このテーブルの注意点!

重さに注意

見てもらったら分かると思いますが、かなり線が細いのでそれほど丈夫とはいえないかもしれません。

(ページを見てもらったら分かるんですけど、いろいろ補強面も考えられてますが)

折りたたみができる、という面からもあまり強度の面では高望みは難しいかな、と。

といっても耐荷重は10㎏あるので、もちろん普通に使用するには問題ないと思いますが。

この高さ調節のできるローテーブルのまとめ

シンプルで単純なテーブルに見えますが、かなりいろいろと考えられたよくできてるテーブルです。

個人的には、

  • 高さを変えられて使い勝手が増える床
  • での作業を疲れにくくした設計

という点がすぐれてるなぁ、と。

このローテーブルの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする