パソコンデスクの奥行きはこうする!

パソコンデスクを買うときに、当然サイズは重要になります。そして意外と悩む(悩んでおかないと後悔する)のが机の奥行き。

「どれでも変わらないんじゃ?」と思ってたら後で困るかも。

パソコンデスクの奥行きはどうしたらいいのか、について考えてみました。

パソコンデスクで実際に販売されてる奥行きは?

まず実際に販売されてるパソコンデスクの奥行きがどの位かをみていきます。

メーカーもバカじゃないので、売れないサイズは作りません。よく売れる、あまり売れない、の違いはあるでしょうが、とりあえず、どの位のサイズまであるかが分かれば、選ぶときの役に立ちます。

薄いものだと30㎝も

薄型といわれる物になると、40㎝幅が多いですが、中には30㎝というものもあります。

ただし奥行きが浅いと安定感が悪くなるため、この奥行きで横幅の広いものはあまりなく、せいぜい100㎝前後というところでしょう。

最も多いサイズが60~70㎝

実際に販売されているもので、1番多いサイズがこのあたりで、アイテムが多いので色やデザインを色々選べます。

ただしよくあるサイズで購入者も多いでしょうが、当然すべての人が満足するサイズというものはなく、このあたりの奥行きのパソコンデスクを買ったけど、もう少し深い(浅い)物にすれば良かった、という意見も見られます。(どちらかというと、ちょっと狭かったという意見の方が多いです。)

奥行きの深いタイプだと80以上というものも

基本的にはあまりないサイズで、シリーズで展開しているので、このあたりのサイズまでありますよー、というパターンです。

90㎝ほどまでは見かけますが、中にはさらに奥行きの深いものを探している人もいて、会議用のテーブルやダイニングテーブルなどで代用している人も。

机は奥行きごとにどう違うんだろう?

それぞれのサイズにしたときの長所や短所をあげてみました。
(サイズは大まかな目安で、パソコンやディスプレイのサイズによっても違ってくると思います)

奥行きが30~40㎝

長所

場所を取らない
とにかく省スペースなので、一人暮らし、部屋が狭い、細長いといった場合には助かるかも。

でこぼこが少ない
一般的に収納家具というのは、奥行きが40~45㎝のものが多く、他の家具と並べて置く場合に、でこぼこにならず収まりが良い。

短所

ノートパソコンのみ
デスクトップでディスプレイとキーボードを置くには狭く、ずらして置く必要がある場合も。

イスが入らない
テーブルは浅くても、イスが大きいと結局はみ出てしまい、場所を取ることも。

作業がやりづらい
とにかくデスク上のスペースが狭いので、資料を広げたり、書類を書いたりするにもかなり狭く感じます。(横幅によっては無理)

奥行きが60~70㎝前後

長所

適度なサイズ
ちょうど多くの人が納得しやすいサイズという事でしょう。あまりに場所を取りすぎするという事もなく、それでいてある程度の作業場所を確保できます。(特に横幅に余裕があれば)

短所

パソコン以外の作業が不便な場合も
パソコンデスクの横幅にもよりますが、この奥行きの場合、キーボードの手前に資料やノートを置いて、といった作業になると狭くなります。

パソコンの作業中に他の資料などをあまり必要としない場合には、気にならないですが、作業スペースや書類の置き場を十分に確保できる、というサイズではありません。

奥行きが75㎝以上

長所

ディスプレイとの距離がある
最近では液晶ディスプレイも大型化してきて、あまり近いと目にも負担がきます。理想としてはディスプレイとの距離を40~50㎝は離した方が良いとの事なので、目にとっては優しいといえるでしょう。

手首への負担が少ない
パソコンの作業の際に、奥行きが深いと腕ごと机の上に乗せられ、肘を支点として打ち込む事ができます。それによって手首の疲れを減らせます。(チェアの肘置きでも可ですが)

資料などを広げて作業
やはり、これが1番の長所で、必要な資料を広げながら作業した方が、当然はかどります。奥行きが広いとキーボードの手前はもちろん、パソコンの横のスペースも有効に使え、またディスプレイを複数設置するにも、別のノートパソコンを開くにも困らず、固定電話もタブレットも筆記用具も置き放題!(限度はありますが)作業効率は上がる場合が多いんじゃないでしょうか。

短所

机がジャマ
リビングに奥行き70~80㎝といったデスクを置いていると、はっきりいってジャマです。他の家具と比べても出っ張る上に、イスの引くスペースも必要となるので。ちなみに80㎝というと、薄いタンス2台分の奥行きです。

奥のものが届きにくい
これは大きいからしょうがないんですが。ただ必要以上に大きいとデッドスペースができて場所がもったいないという場合も。

個人的な好みで選んでます↓
「おしゃれだなぁと思うパソコンデスク10台選んでみました!」

大事なのはパソコンデスクの使い方!

結局大切なのは、パソコンを使う時間、頻度、目的といった使い方です。

1日の寝る前にちょっとネットを見る、程度だったら、薄型の奥行きのものでも十分です。(ドレッサーと兼用、なんて使い方もできます)

ただパソコンデスクを使って、家で仕事をしないとならない、作業の効率が1番の大事!というなら60㎝の奥行きでも不十分かもしれません。

またリビングに置くのか、書斎に置くのかでも変わってくるでしょう。

インテリアなので見た目も大事なんですが、どんな風に使うか、何を置かないといけないかを、1度冷静に考えてからサイズを決定しましょう。

「コンパクトなパソコンデスクはココに気をつけよう!」

パソコンデスクの奥行き まとめ

● 奥行き40㎝程度の薄型は、部屋のスペースに余裕があればやめた方が良いかも。

  • キーボードを打つのが疲れる
  • 目も疲れる
  • 作業も捗(はかど)らない

と良いのは場所を取らないトコだけ。

● 最も売れててアイテムも多いサイズだけあって、60~70㎝が1番スペース、作業効率からいって無難。(ベストかどうかはそれぞれ)

● たーだーし、1日に何時間もそこで過ごす、パソコン以外の作業も同時進行というヘビーユーザーは、少しでも深いものを!

ちょっとぐらい部屋が狭くなっても、作業の効率が一番大事な場合も!


よくできてるなーと思う、パソコンデスク!

BABELL(バベル)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
パソコンデスク BABELL(バベル)がよくできてるなーと思う10個の理由!

#m2951


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
このパソコンデスクがよくできてるなーと思う10個の理由

LAN DESK(ランデスク)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
パソコンデスク LAN DESKがよくできてるなーと思う10個の理由

 北欧風パソコンデスク

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は、
このパソコンデスクがよくできてるなーと思う10個の理由!

 

ヴィンテージパソコンデスク

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は、
このパソコンデスクがよくできてる10個の理由!

 

人気のタイプのパソコンデスクを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のパソコンデスク 10台選んでみました!」

 icon-hand-o-right パソコンデスクを選ぶときには、奥行以外にも気をつけたいポイントが!

「パソコンデスクは高さが重要!」

「パソコンデスクに高さ調整って必要?」

「パソコンデスクの選び方!」

 icon-hand-o-right ナチュラルなパソコンデスクを探しているなら無印なんてどうでしょう?
「無印のパソコンデスクは何が良いのか?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする