おすすめの人気なソファは、この18台!

おすすめのソファ

ソファといえばリビングの主役になる家具。

さらに1度買ったら長く使うものなんで、どんなのにしようか悩みますよね?

部屋の印象を決定してしまうからこそ、失敗はしたくないもの。

ここではおしゃれで人気のあるソファを、デザインや機能に分けて集めてみました。

人気のテイスト、北欧風に合わせるのにおすすめはコレ!

今、家具を選ぶ上で最も人気のスタイルといえば、北欧テイスト

間違いありません。

人気の証拠に、雑誌などでもやたらと取り上げられています。

北欧インテリアといえば、簡単にいうと

  • シンプルでスッキリしたデザイン
  • 木を中心として自然な素材をふんだんに使った、温かみのあるスタイル

で、ソファでいうと、

  • 肘置きやフレームが木製
  • 張り地は布
  • 全体的に細め薄めのデザイン

というところでしょうか。

張り地の色、柄については、インパクトのある北欧っぽい柄のものも良いんですが、淡い色にしてラグなどで個性を出すのもおすすめ。

「北欧風の部屋にするならこんなソファは?」


よくできてるなーと思う、北欧風のおすすめソファ




ちょっとレトロな雰囲気もありながら、木製フレームと優しいブルーのファブリックが北欧風の部屋にも合うんじゃないかと。

肘部分が狭いので、同じ幅のソファよりもゆったり座れます。

このソファの価格をみてみる!

 


このソファはこの色以外にも、張地に

  • グリーン
  • オレンジ

とあって、それらもなかなか北欧感がでてます。
(オレンジの方は木部がダークブラウンになってます)

幅110㎝というサイズ感もいいんじゃないでしょうか。

このソファの価格をみてみる!

和室にしっくりくる人気のソファ!難しいけど挑戦してみても

和室にソファを置こうと考えてはみたものの、どんなのにしたら良いのか困ってませんか?

そもそも和室というのは畳の上に直に座る空間なので、ソファは向きません。

でもソファを置いて使いたい時ってありますよね。

和室にソファを置く場合の問題点としては、

  • 畳が傷付く(へこむ)
  • そもそもデザインが合わない

といった事が考えられますが、それでも和室に置く場合には、マットや板を敷いて畳への傷対策を行った上で、その和室に合ったデザインのものをしっかり探しましょう。

個人的には

  • 布張り
  • ロータイプ
  • 木肘

とかがおすすめです。

木肘のソファ自体は人気があるので、デザイン面でいうと意外と和室にはまるソファというのは結構あります。

「和室に合うソファってどんなのだろう?」


よくできてるなーと思う、おすすめの和室に合うソファ


いかにも和風というでデザインではないんですが、丸みの少ないスタイルと、布製、そして色合いが和室にはまるんじゃないでしょうか。

あと座面の低さも和室にはまります。

色違いで

  • ブラウン
  • ブルー
  • ピンク

とあり、ブラウンやブルーでもいい感じです!
(ピンクは微妙)

このソファの価格をみてみる!


和室に合いそうなソファで、一番わかりやすいのがこのタイプじゃないでしょうか。

木製フレームにファブリック(布製)のクッション。

フレームの細さも重くなりすぎず、和室に最適かと。

ファブリックのカラーとしては、

  • ブラウン
  • グリーン

の2色。

ラグとかで畳のへこみを何とかしたら、いい感じになると思います。

このソファの価格をみてみる!

 

清潔感の白!ソファでおすすめはこんなの

本来、もっともきれいに見えるソファというのは、間違いなく白だと思います。

単体でも目を引くし、他の家具やファブリック(カーテンやラグなど)との相性も抜群。白と合わない色なんてありません。

そういう意味では人気の色といえます。

ところが、ソファを選ぶときに避ける人が多いのもこの色。

その1番の理由は、言うまでもなく「汚れやすい」から。

手あかなども含めて、どうしても汚れやすい(汚れが目立ちやすい)からです。

白のソファを選ぶ場合には、ファブリック(布製)ならカバーリングになって、カバーごと洗濯できるタイプ(ドライクリーニングですが)。

レザーのものなら、お手入れがしやすいかどうかは購入時の大きな要素となるでしょう。

もう1つは妥協になるかもしれませんが、真っ白じゃなくてオフホワイト、アイボリーといった、白でもやや色味が入ったモノにする、というのもおすすめ。

「白のソファってどう?」


よくできてるなーと思う、おすすめの白いソファ




せっかく白のソファにするなら、ヨーロッパな雰囲気の漂うこんなソファは?

インパクトもなかなかなのデザイン。

合成皮革(PVC)なので、お手入れも楽です。

このソファの価格をみてみる!


真っ白という訳ではないんですが、布張りでカバーリングでなければ、このくらいの色合いにしておいた方が汚れに関しては目立たないんで良いかも。

もちろんまったく汚れないという訳ではないですけど。

幅163㎝なんですが、肘置きが小さくてかなりゆったり座れます。

このソファの価格をみてみる!



きれいな白のソファ。合成皮革で手入れもしやすく、座面にはポケットコイルが入っていて、座り心地もなかなか。

そして、このソファのよくできてるなぁと感じるポイントが、サイズです。

2.5Pソファとなっていて、幅が167㎝と普通の2人掛けよりやや大きめのサイズで、肘部分を狭くすることで、一人当たりの座面の幅を70㎝と、かなりゆったりとってあります。

身体の大きな人や、2人でゆったり座りたい場合にはおすすめです!

 このソファの価格をみてみる!

意外と人気の高い黒のソファ!

黒のソファというと、どうしても男性っぽい印象もあるので敬遠される色と思われがちなんですが、案外売れている人気のある色です。

家具屋さんで働いてる時にも、決定権が奥さんにあるのに黒を選ぶ、という事もよくありました。

そんな黒が人気の理由として多くの人がいうのが、「汚れないから」というもの。

正確にいえば汚れが目立たない、という事なんですが。

特に1度明るめの色のソファを買って、掃除の大変さなどで懲りた、という人もよく見かけました。

確かに手あかなどの汚れはほとんど分からないんで。

ただし

  • ホコリなどの汚れは逆に目立つ
  • 部屋が重たくなる

といった特徴もおさえておきましょう。

「黒のソファってどう?」


よくできてるなーと思う、おすすめの黒いソファ



ミッドセンチュリーな雰囲気を持った、合成皮革のソファ。

木製フレームなので、黒のソファでも重くなりすぎません。

このソファの価格をみてみる!


まさに黒のカウチソファ。合成皮革製です。

特に特徴が無いように感じるかもしれませんが、よくできてるなぁと思うのが、脚を伸ばす部分の土台が本体と分れてるので、左右どちらにも(なんなら真ん中にも)変えられます。

また、座クッションとの組み合わせを変える事によって、3人掛けソファとスツール、といった使い方もできます。

(すみません、説明が下手で。分かりにくければサイトで確認してください!)

このソファの価格をみてみる!

根強い人気のローソファで、部屋をひろく見せる!

家具屋さんで働いてたときに、とても聞かれる事が多かったのが「ロータイプのソファってどこですか?」という質問。

探してる人は本当に多かったです。

やっぱり

  • リビングの広さに制限がある
  • 部屋を広く見せるには背の低い家具を置く、という基本

から考えると、ローソファの需要というのは高くなります。
(ソファって場所とりますから)

またこたつと合わせて使いたい、という要望に合わせた商品も出てきています。

ただしロータイプのソファというのは、座り心地が悪い(モノが多い)、という欠点があります。

どうしても足を投げ出すような姿勢になってしまうので、長時間座っていると疲れる、といったことも。

また座面が低いので、立ち上がりがしんどかったりテーブルが使いにくい、といったデメリットも知っておきましょう。

「ローソファってどう?7つのメリットと8つのデメリット!」


よくできてるなーと思う、おすすめのローソファ

背もたれ、肘置きがともにリクライニングするゴロゴロし放題のリクライニングソファ。

厚みのあるデザインがかわいくないですか?

座面の高さは通常でも26㎝とロータイプ、脚を外すとさらに10㎝程度低くするのが可能です。

張地はファブリック(布製)で、

  • ブラウン
  • グリーン
  • ベージュ
  • レッド
  • グレー
  • ネイビー
  • ダークグレー

ソフトレザー(合成皮革)で

  • ブラック
  • ダークブラウン

と、かなり充実してます。

このソファの価格をみてみる!


背もたれや肘部分が倒れるリクライニングタイプ。

まさにロータイプとして使うのに最適です。

色違いや素材違いが多数あり。

このソファの価格をみてみる!





まさにロータイプのソファ。こたつに合わせるのにピッタリ!

画像の右上のように背もたれを後ろに倒せるので、横になって使う事も。

値段もお手頃です。

このソファの価格をみてみる!


とにかくカラーバリエーションが豊富!

  • ベージュ
  • ブラウン
  • レッド
  • ブラック
  • グリーン
  • ブルー
  • ダークレッド
  • グレー

の8色対応。

そしてよくできてるなぁーと思うのが、洗濯ができるカバーリングタイプというトコ!

このソファの価格をみてみる!

使い勝手が良くて人気のカウチソファ、おすすめはこれ

今やソファの中でも、人気のタイプとして不動の地位を確立したかに見えるカウチソファ。

足を投げ出してゆったり座れる、というのが1番の人気の理由でしょう。

サイズが大きくて部屋が狭くなる、といった欠点もありますが、モノによっては横幅が180センチを切るようなコンパクトなタイプも増えてきました。

値段についてもかなり低価格な商品もあり、選べる幅も増えています。

  • 部屋のスペースに余裕がある
  • ゆったり座りたい

という人にはおすすめのソファといえるでしょう。

(置いてるだけで、それなりのおしゃれ感がでるのも人気の理由といえます)

「カウチソファの良いトコとイマイチなトコをまとめてみました!」


よくできてるなーと思う、おすすめのカウチソファ




コンパクトなサイズと、カウチ部分が左右に変更できたり、3人掛けソファとスツールに分けたり、といった使い方ができる点がよくできてるなぁ、と。

価格もなかなかです!

このソファの価格をみてみる!



このカウチソファの1番の特徴は、肘置きが木製になっている点。

今人気の北欧風のテイストに合わせやすく、また和風なスタイルの部屋にもはまりやすくなるでしょう。

カウチソファというのは場所をとりがちなんですが、全体の幅も狭くなってます。

その幅、なんと158㎝!

このソファの価格をみてみる!

ワンルームでおすすめなのは、こんなソファ

ワンルームというと、一般的にはそれほど広いスペースはありませんよね。

だけどソファは置きたい。

そんな場合には、コンパクトなサイズのモノを探す必要があります。

通常よりも小さなサイズというのは、やっぱり人気です。
(部屋のサイズに余裕がある人ばかりではないんで)

しかし、このときに注意したいのが部屋の形

部屋が長細いか正方形に近いか、そしてその中のどこにソファを置くかによって、

  • ソファの横幅を小さなモノにしないといけない
  • 奥行きを狭いモノにしないといけない

が変わってきます。

無駄に小さなものにするのではなく、通路なども考えてしっかりサイズを測った上で選ぶようにしましょう。

せっかくソファを置くなら、少しでもゆったり座りたいものです。

「一人暮らしでソファを置くときの注意点」


よくできてるなーと思う、一人暮らしにおすすめのソファ


一人暮らしで部屋のスペースに余裕がないのであれば、無印のクッションはどうでしょう?

なかなかの座り心地で、別名「人をダメにするソファ」とも呼ばれています。

クッションとしてはかなり大きめですが、ソファを置くことを考えると省スペースで済みます。

無印のサイトで価格をみてみる!


部屋のスペースを有効に使うのに、このタイプのソファというのは、肘置きを可動できるので便利。(普段は小さく、横になる時に伸ばすという使い方)

色違いも多く、合成皮革のタイプもあり。

値段もなかなかです。

このソファの価格をみてみる!


横幅123㎝のコンパクトサイズ。肘置きの幅が狭いので、それでもゆったり座れます。

そしてこのソファが一人暮らしに最適だと思うのが、このソファは座面を上げると、そこに収納スペースがあるんです!

スペースに余裕のない部屋だと、収納スペースは大切。

よくソファの下に物を置いてる人もいますが、このソファだと見た目もスッキリ!

このソファの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする