ローソファーのメリット・デメリットと、おすすめの低いソファー5台!

photo credit: Neromonga CAPS CAPS CAPS via photopin (license)

「ローソファって使い勝手とかどうなの?」
「低いソファのメリットやデメリットは?」

若い人を中心に人気の高いローソファー。低い生活がおしゃれに見えるのは間違いないんで。

種類もたくさんありますが、初めて買う人は低いソファの実際の使い勝手とか気になりませんか?

ローソファーのメリットやデメリットについて、できる限り考えてみました。

あと、いくつかおすすめも選んでます。

ローソファーとは?

そもそもローソファーとは何なのか?という話ですが、文字通り座面の低いソファーです。

そのままです。

ちなみに背もたれの高さではなく、座面が低いものをいいます。

特にローソファーの定義なんてのは無いかと思うんですが(あったらすみません…)、ここでは座面の高さが30㎝を切るぐらいのものについてを、ロータイプのソファーとして話を進めていきます。

フロアソファーと呼ばれるペッタンコのタイプもありますが、とにかく座面が低いソファーについての話を書いてます。

ローソファの種類は?

ちなみにローソファにも意外と普通のソファのように種類があって、探したら

  • コーナータイプ
  • カウチタイプ
  • リクライニングタイプ
  • ハイバックタイプ
  • 肘なしタイプ
  • セパレートタイプ
  • テーブル付きタイプ

なども見つかります。

あと人気なのはやはり、コタツと合わせられるフロアタイプがでしょうか。
(コタツソファと呼ぶ場合も)

ローソファーのメリット

ローソファーの長所は、見た目の部分で大きく関わってきます。

部屋が広くみえる

ローソファーというのは高さが低い訳ですが、部屋に置いたときに壁面などがたくさん見えることによって、室内を広く見せてくれます。

部屋を広く見せる手段として背の低い家具を置くというのは必須ですが、その中でもソファーは大きな家具なので、低いタイプにすると広く見せる効果は大きくなります。

コタツにも

ローソファー全てという訳ではないんですが、足のついてない座面の高さが10㎝前後のものだと、そのままコタツと一緒に使う事ができます。(高すぎると足が当たります)

逆に上に書いたようなフロアタイプ(座面がペッタンコ)の場合は、コタツと使うのを前提で選ぶ人も。

フロアタイプじゃなくても、普段はローテーブルと合わせて冬にはコタツと一緒に使う、という組み合わせなら1年中効率的にソファを使えます。

子供が小さくても、ちょっとだけ安全

座面が低く床からの距離が短いので、普通のソファーと比べるとまだ安全です。ただ気を付けないと、ちっちゃな子供はいくらでも転がっていくので当然のことながら注意は必要です!

足を投げ出して座れる

座面が低い分、普通の椅子やソファーとは違い座る姿勢としては足を投げ出すような形になります。

ゆったりくつろげると感じる人も多いんじゃないでしょうか。

大人数で座っていても違和感がない

ソファーを使っていてお客さんが来たときに、席を譲ったり、目線が違って落ち着かない、といった経験はありませんか?

ローソファーの場合、床との高さが近いので、ソファーに掛けられる人数以上の人がいても近い視線で会話ができ、気を使ったりという事もありません。

和室に合いやすい

基本的に和室というのは床に座るスペースであって、椅子を置く空間ではありません。
(置いても似合わない事が多いです)

ただローソファーで座椅子に近いぐらいの高さであれば、見た目にも実際に座るのもあまり違和感なく使えます。

どうしても畳の部屋にソファを、というならローソファも選択肢になるんじゃないでしょうか。

畳のへこみや傷には気をつけましょう。

「和室に合うソファーって、どんなのだろう?」

ダラダラできる

上にも少し書きましたが、ローソファーというのは、いわゆる正しい姿勢で座るというよりは体勢を崩し、やや力を抜いてリラックスしながら座る椅子です。

そのくつろげる感じがロータイプのソファーのメリットといえるでしょう。

「人気のソファー、16台タイプ!」

ローソファーのデメリット

もちろん低いソファーにも欠点はあります。

特に見た目よりも使い勝手の上での欠点が目立ちます。

立ち上がりがしんどい

普段はあまり気にしないかもしれませんが、床に座るのと比べて椅子に座る事には大きなメリットがあります。それは楽に立ち上がれるという点。

座った状態で、すでに立ち上がった状態の半分くらいの位置に腰がきてるので。普通のソファーでもそれほど変わりません。

ところがローソファーというのは座面が低いので、立ち上がるのがしんどいんです。膝や腰が悪い人にとっては、ローソファーから立ち上がるのは、床に座っているのと同様にしんどい動作となってしまいます。

背もたれが低い

ローソファーというのは、基本的に背もたれが低いタイプが多くなります。バランスの問題でしょう。

ところが背もたれの高さというのは座り心地に大きく影響し、背もたれが高いほど肩や頭を支えてくれて、ゆったりできます。つまり、背もたれが低いタイプが多いローソファーは、座り心地が劣ってしまうということです。

ローソファーでハイバックも?

ちなみに多くはありませんが、ロータイプで背もたれが高い(ハイバックと呼ばれます)ものもあります。

座面が低くて(ロー)、背もたれが高い(ハイバック)ので、個人的には見た目のバランスがいまいちだなぁ、と思うんですが、ロータイプの欠点である座り心地の悪さを改善する働きはあります。

この場合には後ろにひっくり返りそうになる、という欠点もあるので、壁にくっつけて使うようにしましょう。

テーブルが使いにくい

ソファーにはリビングテーブルを置くことがありますが、ローソファーの場合、テーブルを合わせにくいというデメリットがあります。

よくあるローテーブルは、普通のソファーの高さに合わせたものが多く、ローソファーにはやや高すぎる場合があります。

またローソファーで足を投げ出して座ることになると、テーブルの棚が邪魔になったり、ということも。

これに関しては、全てのリビングテーブルが合わないというわけではなく、座面とテーブル天板の高さの差や、テーブルとの距離、座り方、体型などによってかなり変わってくるので、しっくりくるものを探しましょう。

場合によってはサイドテーブルにして、ソファの前には置かないという手も。

とにかく普通のソファーよりはテーブルが探しにくい、合わせにくいというのは間違いありません。。

へたりが早い

ローソファーの場合には座面スペースの厚みが薄い分、クッション材が薄かったり、バネが入っていないなど、座る面の強度が普通のソファーよりも劣るものが多くなります。

そのため座面のへたり(へっこみ)が早くなります。

(これも全てのローソファーという訳ではなく、強度の高いクッション材を使ってる物ではへたりは少ないです。値段も高いですが。)

スカートで座りにくい

スカートをはいた女性だと、足を崩せなかったり伸ばせなかったりするので、ゆっくりくつろいで座れません。

安っぽく見える

ローソファーの場合、作りとしては簡単な物が多くなります。また低いということもあって、見た目に重厚感がなく安っぽく見えてしまうことも。

掃除がしにくい

ローソファーの場合、ほとんどに脚が付いてなかったり付いてても低かったりするので、ソファの下を掃除するのに1度どける必要があって手間です。

重さは普通のソファーよりも軽い場合が多いんですが、掃除のたびにわざわざどけるのは欠点といえるでしょう。

動く

ローソファは普通のソファよりも軽いです。特にフロアソファだとクッション材だけみたいなのもあって、余計に軽くなります。

その分もたれた時とかに動きやすいので、デメリットといえるでしょう。

対策として滑り止めを敷くという方法もありますが、素材によってはフローリングにくっついたりする場合もあるので注意しましょう。

ダラダラしてしまう

メリットのところにも書きましたが、ローソファーはやや体勢を崩してリラックスできる椅子なんですが、言い換えれば姿勢が崩れやすくダラダラしてしまうソファーということ。

ダラダラしたい人にとってはメリットであり、別の人によってはデメリットにもなります。

疲れる人も

低いソファは姿勢が崩れると書きましたが、ダラッ座った瞬間は楽な気もするんですが、変な姿勢は長いこと座っていると疲れてきます。

つまりローソファは、人によっては長いこと使うと疲れるソファに感じる場合も。ローソファの口コミでも「疲れる」という意見をけっこう見かけます。

これは大きなデメリットといえるんじゃないでしょうか。

ローソファの選び方!

座面の高さを確認する

ローソファっていうのは座面が低い分、座る姿勢というのは悪くなりがちです。

低いタイプになると腰が下がりすぎたりするので。

できれば座り心地を確認したいところですが、通販などで購入する場合には全体の高さでなく、座る面(シートハイ(SH)と表示されてます)の高さを確認するよぅに。

背もたれも確認

ローソファというと座面などの低さに目が行きがちですが、座り心地を考えると背もたれの高さも大事です。

上にも書いたように背もたれが低いタイプが多いんですが、中には高いものがあったりそこまで低くなかったりするものもあるので、背もたれの高さも気をつけましょう。

ちなみにハイバックのローソファだと背もたれの当たりはいいんですが、ローソファの特徴である「部屋を広く見せる」というメリットは無くなってしまいます。

座面の強度

ローソファだけではないんですが、上にも書いたように座面のへたりが早いモノも少なくありません。(特にクッションだけのタイプ)

座面の中の構造や材質にも気を使いましょう。

(座面にバネが入ってるかとか、クッション材がどんなものかとか)

ローソファーのまとめ

いろいろと書きましたが、ざっくりまとめると、

ローソファーは部屋を広く見せることができ、くつろげるけど、おしゃれ。

でも姿勢が崩れやすく、立ち上がりがちょっとしんどいソファー。

というトコでしょうか。
(ざっくりしすぎ?)


よくできてるなーと思う、おすすめのローソファ!

背もたれ、肘置きがともにリクライニングするゴロゴロし放題のリクライニングソファ。

厚みのあるデザインがかわいくないですか?

座面の高さは通常でも26㎝とロータイプ、脚を外すとさらに10㎝程度低くするのが可能です。

張地はファブリック(布製)で、

  • ブラウン
  • グリーン
  • ベージュ
  • レッド
  • グレー
  • ネイビー
  • ダークグレー

ソフトレザー(合成皮革)で

  • ブラック
  • ダークブラウン

と、かなり充実してます。

このソファの価格をみてみる!  


いわゆるフロアソファなんて呼ばれることもある、コンパクトなタイプのローソファ。

よくあるタイプなんですが、モコモコしていてクッションの厚みが約20㎝とボリューム満点。

背もたれの可動部分は42段動くようになっているので、最適な角度で調整が可能なんじゃないでしょうか。

張地には

  • ソフト生地
  • PVC(合成皮革)
  • ソファ生地

とあり、それぞれに色違いがあるので、部屋のテイストに合わせたタイプを選べます。

このソファの価格をみてみる!


座面の高さが30㎝のロータイプカウチソファ。

このちょっと丸みを帯びたデザインがいい感じじゃないですか?

カラーは

  • ダークブラウン
  • グリーン
  • ネイビー
  • グレー
  • イエロー/ライトグレー
  • ネイビー/ライトグレー 

の6タイプ。

このソファの価格をみてみる!


座面の高さが約32センチと、カウチタイプとしてはロータイプ。

ソファ自体のサイズが大きいので、少しでも部屋の開放感が欲しいなら、こんなタイプもいいかも。

カラーは、布製が

  • ブラウン
  • グレー
  • シーダーグリーン
  • ダークグレー

の4色と、レザー(合成皮革)が、

  • ブラウン
  • ブラック

の2色。

このソファの価格をみてみる!





まさにロータイプのソファ。こたつに合わせるのにピッタリ!

画像の右上のように背もたれを後ろに倒せるので、横になって使う事も。

値段もお手頃です。

このソファの価格をみてみる!

 

 icon-hand-o-downローソファーものせてます!

人気のタイプのソファを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おすすめのソファは、この18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする