【ロータイプのパソコンデスク】デメリットやおすすめについて書いてみました!

photo credit: Rolo in the dark! via photopin (license)

パソコンデスクといえば、イスに座って使うのが一般的ですが、なかには床(座椅子)に座って使うようなロータイプ(ローテーブル)のものもあります。

「ロータイプのパソコンデスクって使い心地はどう?」

「ローデスクにした時のメリット、デメリットは?」

「ローテーブルのおすすめはどんなの?」

そんな疑問を持ってる人のために、ロータイプのパソコンデスクについて考えてみました。

あと、いくつかおすすめも選んでいます。

ロータイプなら、こんなのはどうでしょう?

いくつか低くてパソコンデスクとして使えるテーブルを集めてみました。


よくできてるなー、と思うロータイプのパソコンデスク
そもそもロータイプのパソコンデスクというのは、あまり広いタイプがないので、ノートパソコンなどを使うのがメインの使い方じゃないかなぁと思っています。

それを踏まえて、いくつか選んでみました。


和室にも使えるロータイプのパソコンデスク

ロータイプで座椅子と合わせて使いやすいパソコンデスク。

スペースが少ないのでノートパソコンやタブレットになると思いますが、移動ができるの便利かなぁと。

あと高さ調整ができるので、ダイニングテーブルの補助テーブルや、ベッドのサイドテーブルなど使い方に幅ができます。

色違いとして白と黒もあります。

このパソコンデスクの価格をみてみる!


木製のロータイプパソコンデスク

コンパクトなローデスクとして使えるんですが、この手のタイプは安っぽいものが多くなります。

このデスクの場合、天然木(タモ材)の突板を表面に貼っているので、見た目がそこまで安っぽくないのが特徴。

ブラウン・ナチュラルの2色対応で、高さも変えられます。

このパソコンデスクの価格をみてみる!


ローテーブルをパソコンデスクとして

ロータイプのパソコンデスクとしてよくできてるなぁ、と思ったのが。このネストテーブル。

そもそも、かっこいいロータイプのパソコンデスクが少ないので、おしゃれなローテーブルをパソコンデスクとして代用するのがいいんじゃないでしょうか。

そんな中で、ネストテーブル(普段は重ねて使う時に広げる)だとパソコンの作業で広い場所が必要になっても便利なのかなぁ、と。

このパソコンデスクの価格をみてみる!

ロータイプのメリットはココです!

まずはパソコンをローテーブルに置くことのメリットから。

和室で使える

パソコンデスクとイスの組み合わせで一番困るのが、パソコンを使う場所が和室の場合。

畳の上に直接イスを置いて引きずるなんて事は、すぐに畳を傷めてしまいます。イスにキャスターが付いていても、たいして変わりません。

カーペットを敷いたり、チェアマット(透明のポリカーボネートなどでできたシート)を敷くという方法もありますが、厳密にいうと畳にとっては、あまりよくありません。
(カビやダニの発生の原因になることも)

その点からいうと、ロータイプの場合にはイスを必要としないので、畳には安心です。

ただし、座椅子と合わせて利用する場合には、イスほどではないにしても、擦れてたたみが傷つく可能性があるので注意が必要。

ちょっとしたラグを敷いた方が良いかも。

部屋が広く見える

部屋を広く見せる方法として、家具を置くときに低いタイプにするのは鉄則です。

背が高いより低い方が断然部屋が広く見えます。圧迫感が減り、目に入る壁の面積が増える事などが理由でしょう。

ロータイプのパソコンデスクの場合、低いから部屋が広く見える、という事はもちろんなんですが、それに加えてイスを必要としないので、ローデスクを使うのに実際に必要となる面積も狭くて済み、「広く見える+広く使える」という事がいえます。

2つを置き比べる事はあまりないので気にならないかもしれませんが、ハイタイプ(イスと使うデスク)からローデスクに替えた人に聞くと、かなりの違いだそうです。

ロータイプのデメリットはコレ!

そして、ローデスクにパソコンを置くことのデメリットも知っておくことも必要です。
(というか、こっちの方が重要です!)

パソコンデスクのロータイプは疲れる!

1番のデメリットは、間違いなくこれじゃないでしょうか。

イスに座らないという事は、床に直接座る、あるいは座椅子に座る、ということになります。

これは全ての人に当てはまる訳ではないのですが、かなり多くの人が、

  • 腰が痛くなる
  • 背中が痛くなる

といった感想を持っています。

もともとの姿勢が悪いというのも原因でしょうが、どうしてもローテーブルにして床に座ると正しい姿勢をキープするのが難しい、という事はいえるでしょう。

座椅子を使わないと、「もたれる所がないので疲れる」という意見も多いので、ロータイプにするには、せめて座椅子と合わす方が良いかもしれません。(場所はとりますが)

サイズの大きいモノが少ない

ロータイプのパソコンデスクというと簡易的でサイズが小さな物が多くなり、幅広や奥深のデスクがあまりありません。

ローテーブルで床に座ったままだと、もしパソコンデスクが広くても手や体が届かない、という理由もあるんでしょう。

キーボードを置くためのスライドテーブルが付いた物だと、その分はマシなんですが、パソコンの作業と平行して資料などを使っての作業が多い、という人にとっては使いにくいかもしれません。

(床に資料を広げてるから構わない!という人もよくいますが)

収納が少ない

高さが低いという事は、その分本来であれば収納場所としての場所が無くなる、という事です。

つまりデスクの上の棚や足元の収納が全くなくなります

ローデスクの場合は周辺機器や資料などを収める場所がないので、別に場所を用意する必要があり、その分のスペースがいります。

そして、カッコいい物が少ない

そして、ロータイプのパソコンデスクには、オシャレな物やカッコいい物が少ない!と思うんですが、どうでしょう。

上にも書きましたが、簡易的な感じだからでしょうか、やけに安物くさかったり、古くさかったり、というのが多くデザイン的にはもうちょっとがんばって欲しいところです。
(すいません、完全な個人的意見です)

ロータイプのパソコンデスクのまとめ

部屋を広く使えるのは一番の良いトコ!

ただし、長い時間たくさんの資料などを使っての利用では、体の疲れや作業の効率的に悪いかも。

和室やスペース面でどうしてもロータイプ!という以外なら普通の高さが良いのでは。

ロータイプじゃないけど、よくできてたパソコンデスクを↓


よくできてるなーと思う、パソコンデスク!

BABELL(バベル)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
パソコンデスク BABELL(バベル)がよくできてるなーと思う10個の理由!

 

#m2951


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
このパソコンデスクがよくできてるなーと思う10個の理由

 

 北欧風パソコンデスク

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は、
このパソコンデスクがよくできてるなーと思う10個の理由!

 

ヴィンテージパソコンデスク

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は、
このパソコンデスクがよくできてる10個の理由!

 

人気のタイプのパソコンデスクを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のパソコンデスク 15台選んでみました!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする