レースカーテンの選び方について考えてみました!

photo credit: Lydia Brooks Summer lace via photopin (license)

カーテンは部屋の中でとても大きな面積を占めるので、スタイルを決める重要な要素になります。

ところがレースカーテンになると、なんとなく選んだりしてませんか?

カーテンを閉じてると中からは見えませんが、快適に暮らしていくにはレースカーテンも重要。

ここではあんまり気にされる事の少ない、レースカーテンの種類や特徴、選び方についてみていきます。

レースカーテンの役割とは!

そもそも、なんでレースカーテンが必要なんでしょう?

何となくは分かると思うんですが、ハッキリとした目的が分からなければ真剣に選ぶ気にもなれません。

ココでは簡単にですが、レースカーテンが持っている役割についてみていきます。

中が見えない

昼間もカーテンを閉めていれば構わないのですが、やっぱり光を入れるために普通はカーテンは開けます。

ただそれだと、ガラス扉だけなので、部屋の中が丸見えに。

レースカーテンの役割で最も重要なものの1つが、外から中を見えにくくしてプライバシーを守る、ということです。

日除け

そしてカーテンを開けっ放しにしていると、光を遮るものがないので季節や時間帯によっては日光が入りすぎることも。

レースカーテンをすることは日除けとしての役割もあり、日差しの調節が行えます。

UVをカットする

日除けと同じなんですが、レースカーテンをすることで、UV(紫外線)を遮ることができます。

UVカットできる量については、レースカーテンによって変わるので、チェックしてみましょう。

熱を遮る

コレも日除けに関わることですが、日光を遮ることで外からの温度の上昇を抑えてくれます。

また寒い時期に屋内の熱が逃げるのを抑える働きもあります。

インテリア性

コレについては好みの問題なので不要という人もいるかもしれませんが、レースカーテンを付けることで、レースの雰囲気が好きな人にとってはインテリア性が上がるといえるでしょう。

レースカーテンの種類

レースカーテンといっても、そのカーテンが持ってる機能や見た目によって、いろんな種類があります。

機能付きレースカーテンの種類

上にレースカーテンの役割について書きましたが、そんな役割のなかで、ある機能に特化したモノもあります。

機能付きのレースカーテンにはどんな種類があるのか、についてみていきます。

ミラーレースカーテン

外から中が見えにくくなるレースカーテン。効果があるのは昼間です。

遮像レースカーテン

昼だけでなく夜も中が見えにくくなるタイプ。

UVカット

紫外線をカット。どのくらいの紫外線をカットできるのかは、モノによって変わってきます。

遮熱レースカーテン

赤外線をカットする、つまり日差しによる熱の上昇を抑えてくれる、というタイプ。

防炎レースカーテン

まったく燃えないという訳ではなく、レースに火がついても燃え広がるのを抑えてくれる機能を持ったレースカーテン。
(繰り返しますが燃えないわけではありません)

採光レースカーテン

透けにくいのに光を通す、というタイプ。遮像と逆の性質も取り入れたレースカーテン。

防カビ

結露などによってカビやすいカーテンに、吸湿、防カビ加工をほどこして、結露を抑える働きのあるレースカーテン。

ウォッシャブル

丸洗いオッケーのレースカーテン。
(洗濯方法に関しては商品ごとに確認しましょう)

デザイン別の種類

見た目の違いでいうと、デザインがどうかということくらいでしょう。

好みに合わせて、

  • 刺繍柄
  • ドット柄
  • 花柄
  • ボーダー柄
  • リーフ柄

などから選んでみてください。

またカラーについては、レースカーテンといえば白と考えがちですが、全体に淡い色の入ったレースカーテンや、柄の部分に色を入れたタイプもあります。

レースカーテンを選ぶときの注意点

どのくらい隠すか

レースカーテンは、商品によって、特に遮像や遮熱、UVカットといった機能付きカーテンになると、生地の厚みや密度が変わってきます。

その分機能は強化されるんですが、外の景色が見えなくもなります。

どのくらい隠すのか、どのくらい外が見えた方がいいのかのバランスを考えましょう。

また、同様に風通しも悪くなるので、その辺りも気にしておく必要があります。

サイズ感

レースカーテンにはレースカーテンに適したサイズがあり、基本的にはドレープ(厚地)カーテンとのバランスによります。

やっぱりドレープよりもレースカーテンがはみ出しているのは不細工なんで、ドレープだけでなく、レースカーテンの採寸もしっかり行いましょう。

レースカーテンの選び方 まとめ

まずは、レースカーテンに何を求めるかを考えましょう。

特に、

  • 見えなくするのか
  • 外の景色が見えた方がいいのか

それによって必要となる機能やその度合いが変わってきます。

そして、どんな機能があり、それが自分に必要なのかどうなのかを考えておかないと、あとで後悔することも。


よくできてるなー、と思うカーテンの通販サイトはココ!

 cucan(クーカン)

↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「cucan(クーカン)がよくできてるなぁー、と思う理由!」


無印良品


↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「無印のカーテンがよくできてるなぁと思う理由!」


びっくりカーテン


画像引用:http://www.bicklycurtain.com/

詳しい説明は
「びっくりカーテンがよくできてるなぁー、と思う理由!」

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする