遮光カーテンにはメリットとデメリットが!選ぶ前に知っておきたいポイントはコレです。

photo credit: S@ndrine Néel Petit bonheur d'un week end via photopin (license)

カーテンには、遮光カーテンと呼ばれるモノがあります。

自分でカーテンを買ったり探したりした事がある人なら、1度くらいは聞いたこともあるんじゃないでしょうか。

でも今までに使ったことがなければ、

「実際の使い心地ってどうなんだろう?」

と気になりませんか?

ここでは遮光カーテンのメリットやデメリット、そして遮光カーテンを扱っているネット通販のショップなどをみていきます。

遮光カーテンとは?

まず名前はよく聞く遮光カーテンですが、実際にはどんなものかについてです。

光を遮る

遮光カーテンとは、光を遮ってくれるカーテンです。

当たり前です。

そもそもカーテンなんて光を遮るもんだろ、と言われそうですが、カーテンの素材が布である以上、ある程度の光は通してしまいます。

それをできるだけ遮るように作られたものが、遮光カーテンと呼ばれるものです。

どうやって光を遮る?

遮光カーテンといっても、いろんな商品があり、いろんな作り方がされています。

例えば、

  • カーテンの裏側に光を遮る
  • 生地を貼る
  • 生地に黒い糸を織り込む
  • 樹脂などでコーティング

するなど。

そしてそれぞれの方法によって、どれぐらいの光を遮断できるかが変わり、それは等級という形で表示されています。

遮光カーテンの等級

遮光の等級は3つに分かれていて、それぞれは次のようにどれだけの光を遮るかで分けられています。

  • 遮光一級:遮光率が99.99%以上
  • 遮光二級:遮光率が99.98%~99.80%
  • 遮光三級:遮光率が99.79%~99.40%

1~3まで等級がありますが、全て99%以上となっていて、それほど違いはないのでは?と思うかもしれません。

しかし実際には全く違います。

一級では朝でもほぼ真っ暗なのに対し、三級では、うっすらと人の顔が分かる程度になります。

もちろん遮光でないカーテンと比較すれば、十分暗いんですけど。

遮光カーテンのメリット

やっぱり光を遮る

当たり前ですが、光を遮ります。

例えば、

  • 朝日でぐっすり眠れない
  • 西日がきついのを何とかしたい
  • 外から部屋の中の人影を見えなくしたい

といった、光が出入りすることで気になる悩みを解消することができます。

熱も遮る

遮光カーテンは、光を遮るために、二重になっていたり通常より高密度に織られたりしています。

そのため光だけでなく熱の出入りも抑えることができるモノも。

つまり、夏は光が入るのをカットしてエアコンの利きを良くしたり、冬場の部屋の暖気を逃がさない、という効果も期待できます。

紫外線カット

遮光カーテンの遮光率などにもよりますが、紫外線のカットにも役立ちます。

商品によっては、UVカットと表示せれてるモノもあるので、気になる場合にはその辺りにも注意して探してください。

遮光カーテンのデメリット

寝過ごすかも

遮光カーテンは光を遮ります。

遮光一級のカーテンだと、朝になってもドアや窓とカーテンのすき間から光が入ってこなかったら、本当に真っ暗です。

朝だと気づきません。

個人的に初めて遮光カーテンを着けた時は、「ここまで暗いかっ!」と感じたものです。

下手をすると寝過ごします。

昼間も暗い

昼間にはカーテンをしない人も多いと思いますが、立地などによっては一日中カーテンをしないと部屋の中が丸見え、なんて人もいませんか?

そんな場合には遮光カーテンだと、暗すぎて生活がしづらくなるかも。

昼なのに真っ暗なので。
(電気代もかかるし)

遮光の等級(どのくらいの光を遮るか)を考えた方がいいかもしれません。

分厚い

生地が二重になっていたりするので、カーテンが分厚くなり、物理的にも重くなるし、見た目の面でもやや、重厚感が出るモノも。

また生地の中に黒い糸が入れられているので、発色や色合いの面で、ちょっとぼやけてしまったりという部分もあります。

選べる幅が減る

機能が加わるということは、当然全ての商品からは選べなくなるので、選択できる総数というのは減ってしまいます。

それでも遮光カーテンという商品自体は、他の機能カーテンと比べると、数が多い方だとは思いますが。

値段が高い

これもしょうがありません。同じランクのモノと比較すると、値段は上がってしまいます。

具体的な相場や価格に関しては、等級にもよるし、それ以外の素材などによってかなりの幅があるので、それぞれ確認してみてください。

遮光カーテンを選ぶときの注意点はサイズです!

遮光カーテンを選ぶときに一番気をつけたいのがサイズです。

なんとなく想像つくと思いますが、サイズを誤ると光をしっかり遮る事ができずに漏れてしまいます。

特にしっかり暗くしたい場合には、より慎重に測るようにしましょう。

手っ取り早いのはちょっとサイズを大きめにする事なんですが、それ以外にも

  • カーテンの上部にボックスをつける
  • カーテンの合わせ目をピタッとくっつけるグッズを使う
  • カーテンが交差する(ちょっと重なる)レールを付ける

といった方法も。

またサイズでいうと、床にギリギリの長さにする、あるいは引きずる位にする(ホコリが付いたりしますが…)という方法もあります。


カーテンを選ぶときは、まず遮光という機能が自分に必要なのかどうかを考えましょう!部屋やその環境によっては、非遮光カーテンの方が合ってる場合もあります。

次に、遮光カーテン=光を遮るは間違いないんですが、光を遮る度合いも変わります。自分に合ったモノを選ぶようにしましょう。

1つだけ言えるのは、「朝日を浴びて目覚めたい」という人には向いてません。

遮光カーテンのまとめ

個人的な感想からいうと、私自身が、少々の光ごときでは目覚めない、という人間なので遮光カーテンは必要なし!

しかし、

  • 寝るときは暗くないとダメ
  • 節電したい
  • プライバシーを確保したい

という場合には、大いに役立つでしょう。

↓この辺りのおすすめネットショップでも遮光カーテンを扱ってます!


よくできてるなー、と思うカーテンの通販サイトはココ!

 cucan(クーカン)

↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「cucan(クーカン)がよくできてるなぁー、と思う理由!」


無印良品


↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「無印のカーテンがよくできてるなぁと思う理由!」


びっくりカーテン


画像引用:http://www.bicklycurtain.com/

詳しい説明は
「びっくりカーテンがよくできてるなぁー、と思う理由!」

 

またニトリにも遮光カーテンが揃っています!

 icon-hand-o-right ニトリの遮光カーテンを楽天でみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする