白いダイニングテーブルのポイントと、いい感じの5台を選んでみました!

photo credit: sheshakes Waffles via photopin (license)

「ダイニングテーブルで白いのってどうなの?」

「白のダイニングテーブルでおすすめは?」

ダイニングテーブルで人気の白(ホワイト)。家具屋さんで働いてた時もよく売れてました。

ただ同じ白でも材質や形状によって色々。

白いダイニングテーブルにはどんなのがあるか、そしてメリット、デメリットについてみていきます。

白いダイニングテーブルの種類

鏡面仕上げのタイプ

まず白のダイニングテーブルの中で最も多いのが、表面に光沢があってツヤツヤしている鏡面仕上げのもの。ただ鏡面仕上げといっても、何種類かあります。

ポリエステル・ポリウレタン塗装

簡単にいうと天板を樹脂で白く塗装して表面を磨き光沢を出したもの。一般的に家具の鏡面塗装としてよく用いられている方法で、熱や汚れにも強くなります。

UV塗装

特殊な塗料にUV(紫外線)を照射して短時間で硬化させる方法で、表面が硬く傷に強い。

ポリ塩化ビニルなど

表面を塗装するのではなく、磨いて鏡面仕上げにした樹脂製のシートを天板に貼り付けたもの。


同じ白色で光沢のある天板でも、素材によって特徴があり、例えば樹脂のシートを表面に貼っただけのようなものだと、光沢があるだけの樹脂のシートなので、傷などにはそれほど強くない、といった事が言えます。

また同じ樹脂塗装のタイプでも、ポリエステルの方が塗装の膜が厚くて仕上がりがきれい、といった違いもあります。

木製のタイプ

木製のテーブルにオフホワイトの色を付けたもので、最近多いのは、鏡面仕上げのようにベターっと塗ってしまうのではなく、木目の感じが残るようにわざと薄めに塗装してもの。

アンティークな感じを出したタイプや、天板を茶色のままに脚だけ白く塗装したフレンチカジュアルな物もよく見かけます。

白というのは意外と反射も強いので、きつくなる場合があるんですが、「木目+オフホワイト」によって優しく柔らかい印象を与えます。

ガラス天板

逆に白でシャープな感じが出るのが、ガラスを使ったダイニングテーブル。

天板がガラスだけの物もあれば、白色の天板の上に、トップガラスとしてガラスの板を敷いたタイプも。

ただガラスのタイプでも、少し角を取って丸みを付けたデザインのものなら、可愛らしい雰囲気を出してくれます。

白いダイニングテーブルのメリット

清潔感がある

白のダイニングテーブルといっても、上に書いたような材質によって印象はかなり変わるんですが、全体的にいえるのは、「清潔感がある」という事でしょう。

白という色がもともと持っているイメージがあるので、形状などによらず清潔な印象を与えてくれます。

ナチュラル色に合わせやすい

白という色自体は、どんな色にも合わせやすいのですが、家具でいうと特にナチュラル色(自然な明るめの木の色)に合わす事で、良い雰囲気になります。

天板が白で脚部分がナチュラル色だったり、逆もありだし、ダイニングチェアとテーブルを白とナチュラル色のミックスにしたり、白いテーブルとナチュラル色のフローリングも相性がバッチリです。

光沢の少ないものを選ぶとより自然な感じになるし、光沢を上げる事で、ポップにする事もできます。

モダンなテイストにも

また同じ白でも、

  • ガラスを使う
  • 黒を混ぜる
  • 直線的なデザインの物を選ぶ

といった事で、モダンなテイストの部屋に合わすこともできます。

ガラスはもちろんなんですが、ダイニングチェアに黒の物を選んだり、やたら直角なデザインのテーブルにする事で、カッコいいモダンな雰囲気を作ることができます。

白いダイニングテーブルのデメリット

汚れが目立つ

テーブルに傷が付いた場合、実は傷自体はテーブルの色が明るい方が目立ちにくいです。何故ならば光が当たって白っぽく見えるので、濃い茶色とかの方がよっぽど目立ちます。

ところが白の場合、付いた傷に汚れが溜まっていき、そこが黒くなって目立ってしまうのです。

なのできれいに擦ると、また目立たなくなりますが、そのうちその汚れが取れにくくなってきて、汚れが定着してしまう、といった流れです。

また材質や塗装によっては、長く使っていくことで、黒ずみのような汚れが付いていく事もあります。

日焼け

ずっと使っていると気が付きにくいんですが、家具というのは日焼けをしていって色が変わっていきます。

特に白の場合(その中でもUV塗装のもの)は、やや黄色み掛かってしまいます。
(本当に徐々になんで、気付かない場合の方が多いかもしれませんが)

疲れることも

白というのは、とても光を反射しやすい色となっています。

ましてや鏡面仕上げの白となると、他の色の物よりも日光や蛍光灯の光を反射してしまうために目が疲れやすくなります。

また部屋全体を白に統一すると精神的に疲れてしまう、とも言われています。

白のダイニングテーブル まとめ

まず、白のダイニングテーブルはかわいい。

そしてカッコ良くするのも可能。

さらに他の家具などにも合わせやすい。

ただ、選び方によっては、無機質になりすぎるかも。

あと問題は、傷などで汚れやすいトコ。


よくできてるなーと思う、白のダイニングテーブル

とにかくシンプルなガラス天板のダイニングテーブル。

まさに白で統一された部屋にもぴったり。

ガラス天板でもモダンになりすぎず、カジュアルなスタイルのも最適。

このダイニングテーブルの価格をみてみる!


ガラス天板とホワイトのスチールの組み合わせ。

サイズも4人掛けとしては、かなりコンパクトな110㎝幅。

そして価格がよくできてます。

このダイニングテーブルの価格をみてみる!


ちょっと画像じゃわかりづらいんですが、なかなかおしゃれな天板のデザインになってます。

プラスガラス天板という事で、モダンなダイニングテーブルになってます。

チェアはオフホワイト・ブラックの2色対応

このダイニングテーブルの価格をみてみる!


 かなりコンパクトな2人掛け。

リビングダイニングでコンパクトなダイニングテーブルを探してる人に最適。

さらにデザインが、ミッドセンチュリーの有名デザイナー「イームズ」のリプロダクト品(復刻品)。

このダイニングテーブルの価格をみてみる!


白とスチールでスタイリッシュなデザイン。

北欧スタイルにも合わせやすいテーブルデザイン。

テーブルサイドの木目のブラウンがポイント。

このダイニングテーブルの価格をみてみる!

 

人気のタイプのダイニングテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のダイニングテーブル、おすすめの18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする