テレビ台を薄型にするときの注意点と、いい感じの奥行スリムなテレビボード3台!

photo credit: Measure via photopin (license)

家具屋さんで働いていて、テレビボードを探してるお客さんによく聞かれたのが、

「テレビの奥行きが薄いので、テレビ台も薄型のものを」

という希望です。

ただ、テレビに合わせただけでテレビ台を薄型に決めるのは、ちょっとだけ待ってください!

とにかくテレビ台の奥行きをスリムにすればいい、という訳でもないんです。

テレビ台が薄型だと、確かにスペースが広く使えるけれど・・・

ブラウン管テレビが姿を消してから、久しくなりますが(チューナーに繋いで、ブラウン管見てる人、頑張ってください!)、テレビ台はその当時使っていた物をずーっと使っていて、そろそろ買い換えるという人が、割といます。

皆さんそうですが、電化製品はすぐ買い替えるのに、家具はそれほど替えてくれません。なかなかのボロボロまで使ってくれるので、家具屋は大変なのです。

以前はブラウン管のテレビが乗っかっていたテレビ台なので、奥行きが深いです。29型位でも奥行きが60㎝ほどあったので、当然テレビ台もその当時は、奥行き60㎝というものが普通にありました。
(大きかったです。部屋の圧迫感というのは、まさにあの事を言うんですよね)

で、新しくテレビ台を買おうとなって探すのですが、テレビが薄型なんだから、テレビ台もできるだけ薄いもの、テレビさえ乗ればオッケーと考えている人が多いのです。

テレビがスリムだからといって!

ただ、ちょっと注意が必要です。

最近のテレビ台の奥行きとしては、40~45㎝程度のものが最も多くなっていますが(一番奥から前の出てるところまで)薄型として30㎝程度、さらにはそれ以下のものもあります。

テレビが乗っかったらいいじゃないか、というのであればそれでも構いません。ただ個人的には、奥行きが浅すぎるのもどうなんだろう、と思うのです。

スリムならいい訳じゃない?テレビ台を薄型にしない方が良いと思う理由

薄型だとデッキが入らない場合が!

これ意外と大事です。

そんなの当たり前だよ!という声が聞こえてきそうですが、家具屋さんで働いていたときに、「デッキが入らないから交換してー」という事は結構ありました。
(サイズは大丈夫って言ってたじゃないっすかー、と心の中で叫びながら交換に応じる、気の弱い販売員)

そうです、テレビを置く台なので、DVDプレイヤーなどの存在を忘れていて、テレビの奥行きしか気にしていない場合が多いのです。

デッキの奥行きだけではない!

「そんなの忘れません!」という人も、すいません、念の為に書いておきます。

まず測るべきサイズは、テレビ台の奥行きではなく、収納場所の内寸です。

そしてデッキを測るのは、デッキの外寸ではなく、デッキの後ろにコードを差したときの全体の長さです。これを忘れると、デッキ収納部分の扉が閉まらない、という悲劇が起こります。

テレビは安定が悪い

昔のテレビなら奥行きが深く、倒そうとしても、なかなか倒れるものではありませんでした。ただ今のテレビは薄型のため、いくら土台の部分があるからといって、ぶつかれば倒れる可能性はあります。

デッキを入れる必要がないからと、薄型のテレビ台を探している人もいると思います。

特に小さいお子さん、あるいはその子が将来やんちゃになりそうな場合(分からない時は、胸に手を当てて、今までの自分の行動を思い返してみてください)は、テレビを少し後ろに置けるように、やや奥行きのあるものの方が良いように感じます。

真面目な話、私も、子供がつかまり立ちの時期にヒヤッとした事がありました。

広さはそれほど変わらない場合も

薄型のテレビ台を探している人の多くは、リビングを少しでも広く使いたい、と考えている場合が多いでしょう。ただ奥行きの薄いテレビ台にしても、使えるスペースはそれほど変わらない場合もあります。

並べている家具のサイズ

テレビ台を置いている壁面にテレビ台以外の家具を並べている場合、テレビ台だけが薄型でも、使える広さは変わりません。

例えば、テレビ台の奥行きが30㎝で、隣に収納家具を置いていたとします。その奥行きが30㎝でなければ当然、意味がありません。

またテレビ台だけでもへっこんでいれば広く見える、と思うかもしれませんが、基本的に複数の家具を並べる場合、前面のラインは揃えておかないと、ゴチャゴチャしてより狭く感じてしまいます。

結果奥行きの深い家具に合わせることになって、広く使えないのです。

キッチンほど考えなくていい

そもそもリビングでは、キッチンほど家具の奥行きを気にする必要はないと考えています。

キッチンの場合、置く家具が食器棚など背の高い家具が多く、置く場所によっては(シンクの向かいに食器棚を置く場合など)5㎝の奥行きが致命的になる事もあります。あとちょっと広ければ、引き出しが開けやすいのに!すれ違いが楽なのに!など。

ただリビングでは、壁面収納などの背の高い家具でない限り、5㎝の違いで困ることは少ないのではないでしょうか。
(毎回小指をぶつける、という人は、テレビ台を5㎝や10㎝引っ込めても必ずぶつけます。私が証明しています。)

薄型のテレビ台を探す場合のまとめ

  • テレビ台に収納するデッキのサイズに注意!
  • あまりテレビがギリギリだと危ないかも
  • 並べる他の家具の奥行きが深ければ、あまり意味がないのでは?

というところです。


よくできてるなぁと思う、薄型のテレビ台!

奥行き35㎝の薄型テレビ台。

これ以上薄いとデッキ類を置いた時にはみ出る可能性もあるので、なかなか薄型な方なんじゃないかと。

天然木とアイアンを組み合わせた、最も人気のある最強の組み合わせ。

このテレビ台の価格をみてみる!


奥行きとしては39㎝と、そこまで薄い訳ではないんですが、使い方のバリエーションが多くスペースを有効に使えるテレビ台。

向かって右側のパーツを乗せてるだけなので、横幅を変えられるだけじゃなく、角度を変えてコーナーに置くこともできます。

見た目も人気の北欧風でいい感じじゃないでしょうか。

このテレビ台の価格をみてみる!



一番下の土台でいうと奥行きが52㎝あるんですが、見た目で言うと壁掛けにしてるような雰囲気で、まさに薄型といえるんじゃないでしょうか。

真ん中の棚板の奥行きは30㎝となっています。

高さを変えられるので、寝室などにも使いやすいと思います。
(取り付けられないテレビもあるようなので、しっかり確認してください)

このテレビ台の価格をみてみる!


人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のテレビ台、おすすめ20選はコレ!」

 

icon-check-square-o 家具を探している人に絶対に見てもらいたいサイトについての記事もどうぞ。

「【厳選!】家具の通販サイトで、絶対に見て欲しいのを2つに絞りました。」

家具
【厳選!】家具の通販サイトで、絶対に見て欲しいのを2つに絞りました。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする