unico(ウニコ)のデスクはココがいい!(あと注意点もいくつか)

unicoのデスク

unicoっておしゃれですよね。使ってるだけで生活の質が上がるような。

そんなunicoのアイテムにデスクがあるんですが、コレがまた、なかなかいいんです。

unicoの机のおすすめなポイントと、ちょっと気を付けたい点などについて書いてみました。

unicoのデスクは2タイプ!

この記事を書いてる時点での話ですが、unicoのデスクには2種類あります。

(ここでいう机は、パソコンデスクみたいなタイプのことで、食事をしたりソファの前に置くような机は除いてます)

Note(ノート)

オーク材の突板(つきいた)を使った、とても雰囲気のあるデスク。

サイズは

  • 幅:87~117㎝
  • 奥行き:60㎝
  • 高さ:73.5㎝

となっています。

横幅が87~117㎝となってるのは、デスクの天板が伸ばせるタイプ(エクステンション)になってるから。

机での作業によって、天板の面積を増やせるので、かなり便利かと思います。

使わないときは小さくして部屋を広く使えるところとか。

木の質感とデザインが何ともいえないくらいかわいらしく、かなりイイです

KURT(クルト)

オーク材の突板を使ったデスクで、こちらは少しでも収納スペースを、と考えられた机になってます。

向かって右側の引き出しに加え、足元にも棚があって本やら小物の収納に使えます。

サイズは

  • 幅:87㎝
  • 奥行き:52㎝
  • 高さ:72㎝

ともう1つのNOTEよりも奥行きがコンパクト。

ちょっとヴィンテージなデザインになっていて、この机を置いた一角が、インパクトのあるおしゃれなスペースになるんじゃないでしょうか

同じシリーズで

  • テーブル
  • テレビ台
  • チェスト
  • ドレッサー
  • キャビネット

などがあります。

unico(ウニコ)のデスクの価格をみてみる!

unicoのデスクのいいトコ

こんなunicoのデスクですが、よくできてるなぁと感じるポイントをあげてみました。

ナチュラル感のあるオーク材使用

表面材としてオーク材の突板が使われています。

突板というのは、木を薄くスライスしたモノを表面に貼り付けた仕上げのこと。

中までオーク材の板ではないんですが、

  • 継ぎ目がなく木目がきれい
  • 木を使う量が少なくてすむので安くなる

といったメリットがあります。

そして、このオーク材を使ってる事によって、何ともいえない「ナチュラルな木の家具!」といった雰囲気を出してくれます。

北欧インテリアなどのスタイルにもピッタリ。

塗装はオイル仕上げ

さらに表面の塗装が普通の家具と違い、オイルを塗り込んだ仕上げになってるので木の質感を味わえるのもポイントです。

多くの家具はウレタン塗装といって、光沢のあるツルツルした仕上がりになり、木の感じが減ってしまうんですね。

オイル塗装だと、触った時の質感が本当に気持ちいいです

まさに木を触ってる感じ。

コンパクトなサイズ設定

横幅が87㎝と、かなりデスクとしてはコンパクトになってるので、場所もとりません。

まぁ、このデザインや質感で幅や奥行きが広いと、かなりバランスが悪くなりますけど。

unico(ウニコ)のデスクの価格をみてみる!

ちょっと注意しておきたいポイント

いいトコばかりに感じるかもしれませんが、気を付けたいポイントも。

ちょっとした注意点をあげておきます。

天然木を使ってるからこその欠点

まず画像を見てもらうと分かるように、オーク材というのは木目がハッキリとした材になります。

ただ天然の木なので場所によって木目の感じは全て異なります

1つとして同じものはありません。

なので実際に届いたモノの木目の感じが見ていたのと違う、という事があります。

また色に関しても、同じ木でも木目が詰まっているかそうでないかで、濃さが変わるので、デスク全体の印象として画像を見ていたよりも、やや色が濃い、薄いという事も

天然木を使った家具ではよくあるので、あらかじめ理解しておきましょう。

オイル仕上げにも弱点が

表面が木の質感を大事にしたオイル仕上げになっています。

ただオイルでの仕上げというのは、塗装の膜が薄いので傷がつきやすい、という弱点があります。

使っていくうちの傷なんてのはその机の味なんですが、少しでも傷が入りにくいものを、という人はオイル仕上げの家具は避けた方がいいかもしれません。

ただ雰囲気は間違いなくいいと思いますけど。

人によっては使いにくいサイズかも

サイズに関してですが、ノートパソコンを使っての作業、くらいなら十分だと思います。

ただいろんな資料を広げてがっつり作業する、となるとデスクのサイズは狭いんじゃないでしょうか。

NOTE(ノート)の方なら天板が伸ばせるので大丈夫かもしれませんが。

実際にそのデスクでどんな作業をするのか、何を使うかを事前に考えて決めないと、いざ作業するときに狭くてはかどらない、なんて事になってしまうかも。

子供の勉強机も微妙かも

個人的には子供の学習机は、よくある学習机メーカーのモノよりも、この机のような長く使えてセンスのいいモノの方が、いいと思うんです。

ただ、この机に関しては、収納スペースが少ないので、勉強机としては使い勝手が悪いのかなぁ、と。

せめて横に並べられるような本棚と一緒に選ばないと、必要な教科書やらノートやらが置けずに勉強机として機能しないと思います。

まとめ

オーク材を使った、ナチュラル感いっぱいで、かなりいい感じのいいデスクかと。

サイズがコンパクトなんで、小さな机を探してるならかなりいいんじゃないでしょうか。

北欧インテリアやカフェっぽいスタイルにはもちろん、和室も含めいろんな部屋にしっくりくると思います。

unico(ウニコ)のデスクの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする