unico(ウニコ)のチェア、どんなのがあるのかとか、気を付けたいポイントとか。

unicoのチェア

unico(ウニコ)といえば、おしゃれなインテリアショップとして完全に定着してますよね。

雑貨からファブリック、家具までインテリアに関係するものが揃いますが、ココではチェア(椅子)について、おしゃれだなぁ、と思うアイテムや、選ぶときの注意点など書いてみました。

unicoのチェアでいい感じなのがコレ!

CRAFF(クラフ)

オーク材を使った、ナチュラルな雰囲気が楽しめる椅子。

丸みを帯びたデザインでかわいく仕上がってるんじゃないでしょうか。

ポリエステル・リネンでできたカバーのカラーは

  • ライトブルー
  • チャコールグレー

の2色。

SH(シートハイ)43㎝。
(座面の高さ)

HOXTON(ホクストン)

アッシュ材とアイアンを組み合わせた、ヴィンテージ感あふれるチェア。

肘置きの付いたタイプもあって、そっちもなかなかカッコいいです。

木部のカラーは

  • ナチュラルカラー
  • ウォールナットカラー(ウォールナットではないみたい)

の2色。

座面の張地はPUレザーと呼ばれる合成皮革で、カラーは

  • ブラック

のみ。

SH(シートハイ)は44㎝。

RICK(リック)

脚部がオーク材、張地にPUレザーという滑らかな合成皮革でできた、チェア。

ちょっとレトロな雰囲気もある、なかなかな存在感のある椅子。

肘置きが付いてるタイプと無いタイプがあります。

カラーは

  • ブラック
  • ブラウン
  • ダークブラウン

の3色対応。

SH(シートハイ)は44㎝。

MANOA(マノア)

アカシア材に白っぽい塗装をし、ダボッとしたカバを被せた、なかなか特徴のあるチェア。

カジュアルな雰囲気の部屋にもピッタリ。

カバーの色は

  • アッシュブルー
  • アッシュブラウン

の2色対応。

SH(シートハイ)は43㎝。


ほかにもいろんなチェアが揃ってます。

unico(ウニコ)でダイニングチェアの価格をみてみる!

unicoのチェアはココがイイんです!

ラインが細いのでおしゃれ

全てではないんですが、unicoの多くのチェアはデザインがスッキリしていて、ラインが細く全体的に細め

そのおかげで、おしゃれ感が増しています。

太い脚でドシッとしたモノよりはシュッとした方がセンスよく見えますよね。(好みの問題?)

種類が豊富にある

材料をいろいろと使ってる(木の種類だったり座面の張地、あとアイアンを使ってたりとか)ので、バリエーションが豊富なんですね。

同じナチュラルなテイストでも、色んなタイプの椅子から選ぶことができるようになってるのが、よくできてるなぁ、と。

ナチュラル感がすごい

上にも書きましたが、やっぱり「さすがはunicoの家具!」といったトコでしょうか。

チェアごとに色んなタイプになってるんですが、それぞれにナチュラル感がしっかりあるんですよね。

木製で明るめのチェアでは特に感じます。

カバーリングタイプのファブリック

ファブリック(布製)の椅子は、ほとんどがカバーリングタイプ(取り外せる)になっていて、ドライクリーニングができるようになってます。

特に食事用に使うなら汚れが気になるので、洗えるのは助かります。

また替えカバーのみ買えるのもあるので、洗い替え用にしたり、季節ごとに替えたりといった使い方も。

unico(ウニコ)でダイニングチェアの価格をみてみる!

選ぶときに気を付けたいポイントはココ

unicoのチェアに限ったことじゃない内容もありますが、選ぶときにちょっと気を付けたい点についてです。

座面の高さに注意!

unicoのダイニングテーブルはやや高めのモノがあり、チェアの座面は当然それに合わせたサイズの設定になっています。

なので、シリーズで合わせて買うなら問題ないと思いますが、他のテーブルに合わせたり違うシリーズ同士で組み合わせると、ちょっと高さが合わない可能性があります。

仕様のところのサイズで、SH(シートハイ)となってるのが座面の高さのことです。

クッション部分が沈む分は想像でしか分からないんですが、その高さを基準にして、高すぎ、低すぎといった事がないように、しっかり確認しましょう。

(そのチェアと同じシリーズのテーブルの高さで判断するという手もあります)

木部の色が合うかどうか

コレに関しては、同じシリーズでもテーブルの天板とチェアの色がちょっと違う、なんてのはよくあります。

天然木を使ってるとしょうがありません。

ましてや違うシリーズや家にあるテーブルに合わす、といった場合にはピッタリ合うことはまず無いと思うので、あらかじめ理解しておきましょう。

座面の張地は意外と重要

unicoの家具が北欧風をイメージしていることもあり、座面の色に

  • グレー
  • ベージュ

といった何にでも合わせやすい色以外が使われてるシリーズもあります。

例えばライトブルーとかブルーグレーとか。

部屋の中の色というのは、ある程度絞ることでまとまりのある、おしゃれな部屋になるもの

カーテンとかラグに特徴のある色を使っている場合は、チェアの座面は無難な色にしておいた方がいいかも。

せっかくシンプルなデザインでも、色がゴチャゴチャすると台無しになったりするので。

unicoのチェア まとめ

基本的には同じシリーズで揃えるのがいいと思いますが、もしチェアだけ探してる人がいるなら、座面の高さは本当に気を付けた方がいいかと。

座るための家具で、高さが合わずに座り心地が悪いと最悪なので。

見た目や材質、テイストに関しては、間違いなくナチュラルでおしゃれ

色んな部屋にも合わせやすいんじゃないでしょうか。

unico(ウニコ)でダイニングチェアの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする