「天然木のテレビ台」とか言って中身は?

photo credit: In the Shadows of Giants via photopin (license)

「天然木のテレビ台ってどうなの?」

「他のテレビボードと何が違うの?」

テレビ台でよく、「天然木使用!」みたいな事が書かれているのを見かけますが、天然木ならなんでも良いという訳ではありません。

天然木とその他の違いやメリット、デメリットについて書いてみました。

天然木とは?まずはテレビ台の材質を知ろう!

テレビ台を含む家具の材料は、全てに木が使われていると考えられがちですが、実際には木(の板)以外の素材も使われています。簡単にですが、どんな素材があるかを説明しておきます。

天然木

いわゆる木の板の事です。

例えば、板の厚みが2㎝あれば、それだけの厚みの板を使っている、という事です。ただし、天板の大きさが120×40㎝だとして、その大きさの板を使っている事はほとんどありません。

120×5㎝の板を8枚つなぎ合わせていたり、あるいは120㎝の方も、40㎝を3枚といった具合に短い、あるいは細い木を接着して大きな板にして使用されています。

これらは一般的に集成材と言われますが、無垢材(むくざい)と呼ばれる事もあります。
(建築の現場などでは本来、無垢材というと、切りっぱなしの木材を削ったりしただけの物のようですが、家具屋では集成材も中まで木の板という事で無垢材と呼びます)


ココから下の材質に関しては、板の表面に貼っている素材の話になります。

家具を作る板には、集成材(無垢材)以外に、薄い木を張り合わせた合板(ごうばん)や、フラッシュ構造という、木やMDFというボードを使って、まず板の形に枠を組み、そこに表面材を貼って板に見せる材料があります。

その時に貼る、表面に来て目に見える材質の説明です。

突板(つきいた)

木目のきれいな材木などを、薄くスライスして合板などに貼ったもの。中身は合板やフラッシュ構造であるが、表面には天然の木を使用しています。

合成樹脂

ポリエステルやオレフィンといった合成樹脂をシートにしたものが、合板などの表面には貼られたもので、白、黒といった1色の物から、木目をプリントした物のまであり、次のプリント紙より、熱や汚れに強いという特徴を持ちます。

合成樹脂化粧合板などと呼ばれます。

プリント紙

表面に木目などを印刷した紙を合板や繊維板(MDF)に貼りつけた物で、最近では、従来よりも(ちょっとだけ?)強い強化紙を利用したものもあります。

これらはプリント紙化粧合板といった呼ばれかたをしています。

天然木が良いのかどうかの前に!

まず「天然木のテレビ台!」と書かれている物についてですが、大前提として、全ての場所に天然木を使っているという訳ではない、という事です。使用されているのはたいていの場合が、その商品の一部です。

多くは天板、引き出しや扉の前板、取手部分、脚などで、側面や底の板、棚板などには天然木が使われていることは、非常に少ないです。
(全てが天然木、という事は無くはないのですが、ごく一部です)

それらをふまえた上で、天然木使用!という場合には、2つのパターンがあります。

  • 天板や引き出しの板に集成材を使っている!
  • 天板や引き出しの板に突板(天然木化粧合板など)を使っている!

という場合です。天板などの表面に突板を使用している物も、天然木使用!となっています。

ネットや売場で商品の材質などを見て、まずはどこに、どんな天然木を使っているのか?という事を調べるのが、材質を気にする時に、最初に行う作業です。

天然木のテレビ台、そのメリット・デメリット

つまり天然木のテレビ台について見ていくには、集成材(無垢材)か、突板かについてを見ていく必要があるので、それぞれについてのメリット・デメリットをあげてみます。

集成材(無垢材)のメリット

  • 丈夫
  • 使っていく事で味わいが出る(いい雰囲気になる)
  • 重厚感がある
  • 傷が付いたときの修理ができる
  • 触れた時の質感が、どことなく良い

集成材(無垢材)のデメリット

  • 多くの場合つなぎ合わせているので木目が途切れる
  • 反ってくる可能性がある
  • 値段が高い場合が多い
  • 重くなる

突板のメリット

  • きれいな木目が途切れない
  • 同じ材質なら無垢材より安い軽く作れる
  • 反りなどがなく材質が安定している

突板のデメリット

  • 仕上げが悪いとはがれてくる場合がある
  • 傷に対しての修理が難しい
  • 使っていく上での味わいというものは出ない

といったところです。

まあそれぞれ良し悪しがあるって言う事です。

天然木のテレビ台のまとめ

この記事で一番言いたかったのは、ココからで、

「天然木」というフレーズに惑わされるな!

という事。

天然木といっても、全てを木の板で作っている訳じゃありません。

また天然木(無垢材)っていっても、安もんの木を使った物もあり、それならちょっと良い、木目のきれいな突板の物の方がよっぽどマシな場合も。(見た目の部分や、表面の強度面で)

どこにどんな材料を使っているかをしっかり見たうえで、(ネット販売などで、それさえも記入されていないものは論外)他の商品と、材質や価格を比べる事が重要なんです。


個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)

 


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


EMO(エモ)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


Lewis(ルイス) 


↑クリックで商品ページに

詳しい説明は
「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」


Rits(リッツ)

 

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


幅広テレビボード

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」

コストパフォーマンスがなかなか!

 

 icon-hand-o-down天然木のタイプもあります!

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のテレビ台、おすすめ20選はコレ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする