ダイニングテーブルの最適な高さはこう決める!

ダイニングテーブルを選ぶときに高さって気にしてますか?

家具屋で接客していた時も、幅は気にするけど高さを確認していない人がたくさんいました。

ただダイニングテーブルの高さというのはとても重要なんです。モノによってそれほど変わるサイズではないんですが、数センチで使い勝手や座り心地も変わってくるので。

合っていないとどうなるか、そして最適な高さがどの位なのかについてみていきます。

ダイニングテーブルの高さが合わないとどうなる?

家具屋さんで働いていた時も、高さを気にしない人が多かったんですが、案外使い勝手が悪くなって後悔する事もあるんです。

足が届かない

例えばテーブルが高すぎ、そのテーブルに合わせた座面の高さの椅子の場合、つまり、テーブルもチェアも高い場合、人によっては足が床に届かない事もあるでしょう。

テーブルと、椅子の座面の間隔(差尺といいます)が適度な距離だと、実際に座ってみても、窮屈さや使いにくさは感じません。
(27~30㎝が適当と言われていますが、人それぞれの座高により異なります)

ただ人それぞれ身長が違い、高すぎて足が届かないとすごく疲れます。

また足を床に付けようとすると、椅子の前の方に座って姿勢が悪くなります。

足が組めない

例えば、椅子は足も床に付いてピッタリなんだけど、足を組んだりするのに窮屈だという場合。

つまり、イスが最適な高さなんだけど、テーブルが低すぎる、差尺が狭いという場合です。

別に足を組む事が良いというわけではないんですが(姿勢も悪くなるんで)、テーブルとチェアの距離が狭すぎると、太ももへの圧迫感もあるし、テーブルからの出入りにも支障をきたします。

またそのような高さの椅子とテーブルの組み合わせで、肘置き付きの椅子だと、中に収納できない、ということもあり得ます。

使いづらい

例えば椅子はちょうどなんだけど、テーブルが高い場合。

脇が上がり肘の位置も上に来すぎて、当然ですが使いづらくなります。極端にいうと首をすくめたような感じ。

またテーブルの高さは普通でも椅子が低すぎると、同じようになるばかりでなく、足のやり場に困り、姿勢も悪くなります。


これらは、テーブル、及びチェアの高さが合っていない訳ですが、決して5㎝、10㎝合っていない、という事ではなく、気になる人にとっては、数㎝でも違和感を感じる場合があります。

ダイニングテーブルの最適な高さは?

では、どのくらいの高さが最適なのか、という話ですが、結論からいうと、それぞれの体型によって変わります。背が高い人なら、テーブルや椅子も高い方が良いのは当たり前なので。

ここでは、一般的にどのくらいの高さが最適なのかについてみていきます。

70㎝程度

実際に売られているダイニングテーブルの高さは、68~71㎝の幅に収まるものが多くなっています。なぜ多いのかというと、平均的な日本人に合わせたサイズという事でしょう。

もちろんセットになっている椅子であれば、それなりにバランスの取れた座面の高さになっているので、大きな問題はないと思います。

ただテーブルと椅子の距離というのは、少し違うと感覚もかなり変わるので、実際に座ってみて、食事の姿勢をとったり、椅子から立ち上がってみたりと、色々試してみましょう。

その時に大切なのは、必ず靴を脱ぐこと。

家で実際に使うのと同じ状況で確かめないと意味がありません。靴を履いていると数㎝変わってくるので。

60~65㎝

最近特に増えたなぁ、と感じるのがこの高さのテーブル。

以前ではリビングダイニング兼用のテーブル(チェアにソファっぽい物をセットしたタイプなど)や、ダイニングコタツ(椅子に座るタイプのコタツ)などがほとんどでしたが、最近では普通の椅子やベンチとセットになったダイニングセットの高さが60㎝、というものも見かけます。

特徴としては、

  • テーブルが低いので部屋が広く見える
  • 食事の後もそこでくつろぐ(リビング兼用)のに良い

といった事がいえます。

ただし、テーブルが低い分、チェアの座面も低くなるので、食事をする、という事だけを考えると、姿勢や食べやすさの面では70㎝のものより劣ると思います。

「ソファダイニングにはデメリットも!選ぶときはココに注意。」

75㎝

ガラスのテーブルや海外からの輸入品に多いテーブルの高さが、この75㎝前後のもの。

最近では70㎝ぐらいの高さのガラステーブルも増えましたが、以前はガラステーブルというと、ほとんどが高めの設定でした。

天板の高さが75㎝となると、当然それに合わせている椅子の座面も高くなりますが、はっきり言って座りにくい(高い)です。足が届かず前にずれて、座る姿勢も悪くなりがちです。

もしテーブルの高さを75㎝で考えている人は、慎重に高さを試してみて下さい。

「ガラスのダイニングテーブルのメリット・デメリット!」

ダイニングテーブルの高さ まとめ

個人的には、テーブルの高さはよっぽど背が高い、低いがなければ70㎝前後で大丈夫かと。

大事なのは椅子の座面と天板の距離!

体型が違う人が一緒に生活するので、家族みんながピッタリというのは、ほぼ無理。

背の高い人に合わせるのか、低い人に合わせるのか、しっかり座り比べて話し合いましょう。
(1度買ってしまったら、毎日の事なので)


よくできてるなーと思う、ダイニングテーブル

Beronia(ベロニア)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルBeronia(ベロニア)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

ヴィンテージウッドダイニング


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ヴィンテージウッドダイニングのよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

TOMTE(トムテ)


  テーブルのページ↑

↓チェアのページ

詳しい説明は
「ダイニングテーブルTOMTE(トムテ) がよくできてるなぁと思う、10個の理由!」

 

WEST(ウエスト)


  クリックで商品ページに↑

↓2人掛けの伸長式もあります!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルのWEST(ウエスト)がよくできてるなぁーと思う、10個の理由!」

 

 icon-hand-o-downガラスのタイプやソファーダイニングも!

人気のタイプのダイニングテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のダイニングテーブル、おすすめの18台!」

 icon-hand-o-right 高さ以外にも注意したいポイントはあります。こちらの記事もどうぞ!

「ダイニングテーブルの幅はどうやって決める?」

「伸長式のダイニングテーブルは便利なのかについて」

「ダイニングテーブルの脚は2本と4本、どっちが良い?」

 icon-hand-o-right シンプルでナチュラルなダイニングテーブルなら無印なんてどうでしょう?
「無印のダイニングテーブルは、ココが良い!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする