ダイニングチェアの座り心地を決めるのはココ!

ダイニングチェアを探すとき、部屋に置くインテリアとしての見た目は大切ですが、それ以上に重要なのが、座り心地。座るための家具なんで当たり前の話ですが。

ダイニングチェアの座り心地について、ちょっと考えてみました。

ダイニングチェアの座り心地を左右するのは?

高さ

まず大事なのが、椅子のサイズです。その中でも重要なのが座面の高さ。

一般的に最適と言われる椅子の座面の高さは、40㎝のプラスマイナス2㎝程度です。

実際にダイニングチェアの高さは、この間になっている物がほとんどなんですが、それでも物によって3~4㎝程の幅があるわけです。当然座る側の人は身長も違えば、足の長さも違う訳で、それらの中からさらにぴったりの物を選ぶべきでしょう。

低すぎると座っていても足が窮屈になるし、高すぎて足が届かないと、疲れたり、足を付けるために座面の前の方に座ることになって、姿勢が悪くなったりもします。

家族みんなでぴったりの物というと難しくなりますが、必ず1度座るか、サイズをしっかり確認して選ぶようにしましょう。その時にはたとえお店でも、必ず靴を脱いで普段の使用時と同じ状況で確認してください。

座面

次に大切なのが、体に実際に触れる部分となる座面です。座面には大きく分けると、

  • 板座のタイプ
  • クッション材を使ったタイプ

があります。

板座とは、その名の通り、座面が木の板だけで出来ているもので、見た目のナチュラル感は良いんですが、クッション性がないので(クッション材を使ってないので)、おしりが疲れたり長時間座るのには、適していないかも。結局座布団を敷いて使ったり、という事も多いようです。

クッション材としては、

  • ウレタン
    スポンジのようなフワフワした素材。物によって硬い柔らかいや、耐久性の有る無しがあり、その良し悪しが価格に反映されます。
     
  • 布バネ
    ゴムを混ぜこんだベルト状の布を、格子状に編み込んだものを座面に使ったタイプ。耐久性などは鋼製のものよりも落ちますが、椅子を軽く、そして安く作れます。
     
  • Sバネ
    鋼製のバネが連続したS字状(波状)になっているもの。バネの形状が平面で厚みが出ないのに、耐久性があります。弾力性ではコイルスプリングより弱いです。
     
  • コイルスプリング
    ベッドのマットレスの中身のように、渦巻き状になったバネを並べて繋げたものを使った座面(もちろんベッドほど分厚くはない)。弾力性に富み、耐久性も有るけれど、値段が高めの場合が多いです。

これらのクッション材(他にもありますが)を組み合わせて座面が作られていて、一般的にバネを使ったものだと、弾力の有るものが多いんですが、バネによって、そして使われているウレタンなどの種類によって、硬い柔らかいはそれぞれです。

人によっては沈みすぎる椅子が苦手、という場合もあるでしょう。できれば実際に座って確認したいところです。

背もたれ

背もたれについては、クッション性というよりもサイズの面での、ずばり高さがどうかという事です。

特に背もたれの高い椅子は、ハイバックチェアと呼ばれることもありますが、背もたれは低いよりも高いものの方が、体をしっかり支えてくれるので、座り心地としては良くなります。

ただ背もたれの高い椅子では、座り心地以外に欠点もあるので、注意が必要。

ハイバックチェアの弱点!

  • 圧迫感が出る
    椅子というのはテーブルよりも、背もたれが高い位置にくるので、ハイバックチェアは、部屋に置いたときに圧迫感を出してしまいます。
  • 重い
    背もたれが高い椅子は、その分たくさんの材料を使っていて、また安定させるためにもしっかりとした作りの物が多く、持ち上げたりするのが重くなる場合も。

ただ背もたれの低いものだと、腰の少し上ぐらいまでしか当たらないという物もあり、座り心地では物足りない、という意見も多く聞かれます。

張り地

座面などの張り地には、

  • 本革
  • 合成皮革(ソフトレザーなど)

といった素材があります。

張り地が直接座面の硬い柔らかい、といった座り心地を左右することはないんですが、肌のあたり、触り心地でいうと、布張りが一番でしょう。

ただ弱点として、汚れに弱いという面もあるので、カバーリングタイプ(取り外しができて、ドライクリーニング可能なタイプ)や、別でカバーを用意するという方法も。

「ダイニングチェアの汚れには、カバーをするのが1番なんだろうか。」

合成皮革などは、今まで使ったことがある人なら分かると思いますが、やや滑るので、しっかり足が付いてない状態で座っていると、ずれてきてしまう感じになるので、気を付けましょう。

本革の座面は、汚れる事が多いダイニングでの使用には、あまり向いていないんじゃないか、というのが個人的な意見です。

肘置き

肘置きがあるかどうかは、食事をしている最中などではそれほど関係ないんですが、椅子に座ってくつろいでいる時の腕(肘)の収まりが良くなります。

座り心地を良くするためには、あっても良いでしょう。立ち上がる時の補助としても使えるので。

ただ欠点としては、

  • 幅が大きくなる
  • 重くなる

といった事があげられます。

特に幅については、テーブルのサイズにゆとりがない場合、邪魔になりがちです。
(特に4本脚のテーブルだと使いにくいかもしれません)

ダイニングチェアの座り心地 まとめ

1番大事なのは、自分に合ったサイズ(特に高さ)かどうか。

もう1つは座面のクッション性。

硬い柔らかいだけでなく、耐久性も考えたいところです。すぐに座り心地が変わっては意味がないので。

すみません、座り心地は確認できてませんが↓

人気のタイプのダイニングテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のダイニングテーブル、おすすめの18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする