テレビ台の掃除はどうする?

photo credit: Boden, Besen, Lehm via photopin (license)

テレビ台は家具の中でも、汚れが溜まりやすいもの。ふと気づけばホコリが溜まってたりしませんか?

どんなテレビ台が掃除が楽なのか。そしてテレビ台の基本的な手入れの方法や、裏技的な事を書いてみました。(そんな大した話じゃないですけど…)

掃除の楽なテレビ台とは?

テレビ台のお手入れ方法の前に、そもそも掃除が楽なテレビ台のデザインというのがあるんで、そちらから。

脚付き

テレビ台に限らず床に置く収納家具というのは、その下側(床のと間)の掃除が大変です。基本的には家具を移動させる必要があるのに、家具はたいてい重たいから。

そんな時に掃除の事を考えると、脚が付いた物の方が当然掃除はしやすくなります。モップなどの掃除用具なり、自分の手がテレビ台と床の間に入るので。

脚のない家具は床にべたっとくっついているから、ホコリも溜まらないだろう、と考えている人もいますが、家具の底には、床が傷付かないように、そしてピタッと安定するように、そのほとんどの底の部分に、薄いプラスチックや板が四隅に貼られています。

わずかですが床との間にすき間があり、全くホコリが溜まらないという事はないので気を付けましょう。

扉付き

テレビ台の場合、デッキ類などの収納部分に扉が付いているものと、付いてないものがあります。

厳密にいうと扉が付いていても、後ろ側にはコードを通す、あるいは熱を逃がすための穴が空いているものなので、全く密閉されている訳ではありません。

ただ扉の無いタイプでは常にオープンなので、当然ホコリは溜まりやすくなり、そのため掃除の頻度は増えるかもしれません。(とこまで気にするかにもよりますが)

ロータイプ

テレビ台のタイプとしては、テレビを置くだけのローボードとも呼ばれる低いタイプのものと、ハイタイプといわれる、サイドや上部に棚が付いていて、DVDなど色々な物が収納できるタイプがあります。

ハイタイプでは上部の収納部分や普段目の届かない場所が増えるため汚れが溜まりやすい分、ロータイプの方が掃除は楽でしょう。(ちっちゃいから当たり前ですが)

それでもハイタイプという人はこちらもどうぞ。
「ハイタイプのテレビ台のメリット・デメリットと、いい感じの4台を選んでみました!」

テレビ台のお手入れ方法

普段の手入れ

基本的なお手入れ方法としては、ぞうきんなどによる「から拭き」です。

家具というのは、材料が木製の物が多く、木以外にも木の繊維を圧縮したMDFと呼ばれる素材などが使用されています。また合板の上に木目をプリントした紙を貼っているような材料もあります。

それらは基本的に水や湿気に極端に弱いです。

完全な木でも引き出し内部などの塗装をしていない場所では、水分によってシミになる可能性があります。

プリント紙などは、はがれてくるなど当然、水に弱いことは想像できるでしょうし、MDFという素材もいったん水を含むと膨らんでしまい、元に戻りません。

なので、基本的にはホコリが溜まった、汚れが付いたと気付いたらすぐにから拭きするようにしましょう。

もしどうしても水拭きしたい場合には、できるだけきつく絞って拭いて下さい。洗剤でベチャベチャにしながら掃除するのはやめましょう。

あと家具の掃除でよく言われる事ですが、薬品を染み込ませたような化学ぞうきんの使用もやめましょう。シミや変色、色はげを起こす可能性があります。

掃除グッズに注意

化学ぞうきんもそうなんですが、世の中には色々なお掃除グッズが売られていて、「これで磨くとピカピカ」とか書かれてたりするんですが、これらにも注意が必要。

家具には表面の保護のために塗装をしている部分とそうでない部分があります。また塗装の種類にも色々あります。

それらのお掃除グッズが使っている家具に使用して、本当に大丈夫なのかどうかは、やってみないと分からない、という部分があるんです。

特に自然な風合いを残しているテレビ台などでは特に注意が必要で、場合によってはシミや変色などが起こります。

どうしても使う場合には、目立たない場所で1度大丈夫か確認しましょう。

ただ気を付けたいのは、同じ家具でも場所によって塗装や仕上げが違います。そのあたりも注意しましょう。

ホコリ対策

テレビ台の周りって、他の家具よりもやたらホコリが溜まるなぁ、と感じた事はありませんか? それは勘違いではなく、間違いなくテレビ台はホコリが溜まりやすいのです。

その原因は静電気。

テレビ台などはテレビのせいで特に静電気が起こりやすく、ホコリが集まってきやすい、という事らしいんです。

そこでよく対策とされているのが、柔軟剤です。

柔軟剤には衣類におこる静電気を抑えるための成分が入っています
(電気を流す性質がある界面活性剤だとか…、よく分からん)

つまり柔軟剤を混ぜた水を布に含ませて、よく絞り拭き取ると、ホコリが溜まりにくくなる、という事です。実際にはやった事がないんですが、「テレビ台 ホコリ」とかで検索するといっぱい出てきますし、家具屋さんで働いていた時にも聞いた事があります。

やった事がないのは、塗装や木に対して問題がないのかどうかが分からないからです。

色んな記事で書かれてるんで大丈夫なのかもしれませんが、試される方は自己責任で!

特に自然塗装(オイル仕上げとか)のものに関しては危険な感じがします。シミになったり跡が付いたり。

ちなみに濃い色の家具はホコリが溜まりやすい、と言われる事がありますが、溜まりやすいのではなく、目立ちやすいだけです。

明るい色でも同じように溜まるんで、明るい色なら掃除をしなくても良い、という訳ではありませんよ。

テレビ台の掃除のまとめ

普段の掃除が楽なのは、

  • 脚付き
  • 扉付き
  • ロータイプ

拭き掃除には注意が必要。

基本はこまめな、から拭き!
(それがめんどくさいとか言わない!)

楽をしたけりゃ、普段から
(それができれば、とか言わない!)


個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)

 


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


EMO(エモ)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


Lewis(ルイス) 


↑クリックで商品ページに

詳しい説明は
「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」


Rits(リッツ)

 

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


幅広テレビボード

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」

コストパフォーマンスがなかなか!

 

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のテレビ台!おすすめ17選!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする