伸長式のダイニングテーブルは便利なんですか?

photo credit: Liz Gealach Thistle Gateleg Jacobean Table - Dark Wood via photopin (license)

ダイニングテーブルには長さを伸ばすことのできる、「エクステンションタイプ」とも呼ばれる伸長式のテーブルがあります。

実際のところ、便利なんでしょうか?使い勝手などについてみていきます。

伸長式のダイニングテーブルの種類

伸長式といっても、テーブルの伸ばし方には色々あるので、まずエクステンションテーブルの種類をみていきます。

折りたたみができるタイプ

片バタ式とも呼ばれ、サイズが小さめの物に多いのがこのタイプ。普段は折れ曲がっていて小さく使えるのが、必要な時には伸ばせるというもの。

こんなの↓

伸ばした部分を支える方法としては、

  • 裏側に伸ばした天板を支えるための部品が付いている
  • 天板をスライドさせて伸ばす
  • 脚がスライドして伸ばす

などがあり、それぞれの方法でテーブルを伸ばして支えます。

ちなみに、折れ曲がったテーブルが両方に付いたタイプもあり(両バタ式などと呼ばれます)さらに広いテーブルとしては使うことができます。

天板を付け足すタイプ

天板がもともと真ん中などで2つに分かれています。それをスライドさせて、内部に収納していた追加の天板を引き出し、付け足してテーブルを伸ばすというもの。

こんなの↓

これも、

  • 脚の間隔はそのままにテーブルを各々外側にスライドさせる
  • 脚が外側にスライドさせて天板を付け足す

と、大きく2つのタイプがあります。

伸長式ダイニングテーブルの便利なとこ

人数を増やせる

伸縮式の最も便利なところは、必要に応じてテーブルを伸ばす事ができるので、お客さんが来たときなどの対応がしやすいということ。

また、将来増えるかもしれない家族の事を考えて、伸長式で、しっかりとした丈夫な物を用意することで、買い替えの心配をしなくて済みます。

伸長式ダイニングテーブルの欠点

並んで座れない場合がある

例えば、2人掛けを伸ばして4人掛けになる、というテーブルの場合で、脚の間隔が変わらない、といったタイプだとします。
(分かりにくいですが、上の2つ目の画像のタイプみたいなの)

そうすると伸ばしたときに、テーブルの脚が邪魔になって2人並んで座るのが無理、という事があります。

これは他の大きなサイズでも同じで、天板を伸ばすときに脚の間隔がかわらないタイプを選ぶ場合には、伸ばしたときの椅子の位置を想像しておきましょう。

強度面での心配

テーブルが伸びる仕組みとしては、丁番がついてるだけのものや、単純に木部に溝があってはめ込んでいるだけのものも有れば、レールが付いていてスムーズに動くようにしていたりと様々です。

長い間使用している事で、丁番の傷みや、溝にはめ込んでいるだけのものでも、木が擦れて削れてしまい、動きが悪くなることはあるでしょう。レールにしても故障する可能性はあります。

つまり、普通のダイニングテーブルと比べると、「伸びる」という機能を足すために付加された、テーブルの部品や作りが悪くなる、という可能性があります。

ゴミが溜まる

真ん中で分かれていて、両側にスライドするようなタイプだと、普段から天板に継ぎ目があるようなものです。なのでゴミが溜まりやすいというデメリットがあります。

さらに水分などが溜まっていたりすると、最悪の場合は染み込んで天板がふやけてしまったり、という原因にもなります。

伸長式なのでテーブルクロスも使いにくいとは思いますし、普通のテーブルよりも手入れは必要かもしれません。

安定が悪い

これも、特に脚の間隔が変わらない天板だけをスライドさせるタイプに関してなんですが、脚の幅が変わらないという事は、伸長させた時に、テーブルの脚は天板の端っこには来ていない、ということです。

それだと立ち上がりの時などに、テーブルの端にもたれる事で、天板がしなったり、小さなテーブルだと反対側の脚が浮いてしまう、といった事もあるので、使用時に気を使います。

伸ばしっぱなし

伸長式のダイニングテーブルは伸ばせます。そして元の長さに戻せます。

部屋にスペースがある場合に特にあるんですが、テーブルを伸ばしても、戻さないようになる人が多いんです。

伸ばした状態が狭くなっていれば嫌々でも戻さざるを得ないんですが、伸ばしていて邪魔にならなければ、なんならそっちの方が便利になってしまうんです。

まぁ、別に伸ばしっぱなしでも構わないんですが、それなら最初から大きなテーブルにしたらいいんじゃないの?という話です。(丈夫なんで)

伸長式(エクステンション)のダイニングテーブルのまとめ

人数が増やせるので、便利と言えば便利なんですが、割と「ほとんど伸ばす事がない」という人も。

もし伸長式にするなら、間違いなくおすすめは、脚が可動して伸びるタイプ

理由は、

  • 座る場所に困らない
  • 脚が端まできて丈夫
  • 見た目のバランスが良い

から。

ただ、上の欠点のトコを読んで、「あー、ウチもたぶん元に戻さなくなるなぁ~」とすでに思ってる人、絶対に伸長式は止めましょう。

お金を払って丈夫さを捨てるようなもので、もったいないんで。


よくできてるなーと思う、ダイニングテーブル

Beronia(ベロニア)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルBeronia(ベロニア)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

ヴィンテージウッドダイニング


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ヴィンテージウッドダイニングのよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

TOMTE(トムテ)


  テーブルのページ↑

↓チェアのページ

詳しい説明は
「ダイニングテーブルTOMTE(トムテ) がよくできてるなぁと思う、10個の理由!」

 

WEST(ウエスト)


  クリックで商品ページに↑

↓2人掛けの伸長式もあります!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルのWEST(ウエスト)がよくできてるなぁーと思う、10個の理由!」

 

 icon-hand-o-down伸長式のタイプもあります!

人気のタイプのダイニングテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のダイニングテーブル、おすすめの18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする