折りたたみベッドの、使ってみないと分からない寝心地やメリット・デメリットについて!

「折りたたみベッドって寝心地はどうなの?」

「メリットやデメリットを教えて!」

家具屋さんやホームセンターで折りたたみのできるベッドを見かけた事ありませんか?

折りたためることでいろいろと便利そうなんですが、実際の使い勝手や寝心地、耐久性などがどうなのか、折りたたみベッドのメリットとデメリットについてみていきます。

折りたたみベッドのメリット

折りたためる

当たり前です。折りたたみ式なんで。

で、折りたためる事によるメリットとしては、折りたたみベッドを買おうと思ってる人のほとんどが考えていると思いますが、「部屋を広く使える」、という点です。

普通のベッドだと、シングルでも1m×2mの場所を必要とする上に、ずっとそのスペースがベッドで占められてるのに対して、折りたたむと1m×30~50㎝ですみます。

かなりの場所の圧縮です。

見た目がコンパクト

サイズの面では、ほとんどの商品で横幅がシングルベッドと同じ100㎝前後、長さについてはシングルのマットレス(195㎝)よりもやや長めの200~210㎝といったサイズが多いと思います。

ただ普通のベッドと違ってフレームがパイプでできていたり、頭の部分に棚もなく(付いてるタイプもありますが)、さらに寝る面が低いので、見た目がコンパクトで、この点でも部屋を広く見せてくれます。

布団を干すのが楽

折りたたみベッドの場合、布団を敷いて使う場合も多い(ベッドのマットレスにもよります)と思いますが、折りたたんでしまうと、そこにそのまま布団をかけられるので楽です。

掃除が楽

ベッドの下って、掃除面倒くさっ!と思ったことないですか?何といっても移動ができないんで。

その点、折りたたみベッドなら折りたためばキャスターが付いていて移動できるので、掃除はかなり楽になります。

お客さん用としても

部屋がフローリングだったりすると、来客用として折りたたみベッドを用意しておくのも良いかもしれません。
(ワンルームでお客さんが来たとき用に、なんてのは邪魔でしょうがないですが)

折りたたみベッドのデメリット

寝心地が悪い

折りたたみベッドは付いているマットレスにもよるんですが、ほとんどの場合でマットレスが薄くスプリングも入っていません。

折りたためるためマットレスの真ん中に切れ目もあります。

そのためマットレス本来の、寝姿勢を保つなどの効果があまりなく、寝心地の面でも普通のベッドと比べると劣ってしまいます。

一般的には寝心地は悪くなると考えた方がいいです。

寝心地がいい折りたたみベッドとは?

その中でも寝心地を重視するなら、やはりマットレスの違いで選びましょう。

種類は少ないものの、折りたたみベッドにも

  • 低反発マットレス
  • 高反発マットレス

を採用しているモノもあるし、マットレスの厚みによってもかなり変わります。

(好みは人それぞれなので、「コレだったら寝心地がいい」というのは言いにくいですが)

強度の面で心配も

普通のベッドと比べると、強度という点ではちょっと心配な部分もあります。

フレームがパイプになっている上に、折りたたむ為に可動する部分も多いので、どうしても強度の面で劣ってしまいます。

マットレスを選べない

折りたたみベッドになるとマットレスの種類が限られて、同じようなタイプが多くなります。

上にもちょっと書きましたが、ベッドの寝心地というのは、

  • マットレスの厚み
  • 固さ
  • スプリングの種類

などで調節するものです。

ただ折りたたみベッドの場合、あまり種類がないので自分にしっくりくる寝心地のマットレスを選ぶのが難しい点もデメリットといえるでしょう。

マットレスの耐久性

また、マットレスにスプリングが入っていなかったり、厚みが薄いといった事によって、マットレスのへたりも早く耐久性は高くありません。

そして普通のベッドと違い、ほとんどの折りたたみ式のベッドでは、マットレスがフレームに固定されて一体化しているので、へたってしまったからといって、マットレスだけの買い替えはできないものがほとんど。

すべて買い替える事になります。

見た目がイマイチ

個人的にかなり大きなデメリットと考えてるのが、そのデザイン性です。

どれもほぼ同じで、カッコ悪いんですよね。おしゃれじゃない。

常に使うわけじゃないという事もあるでしょうが、もう少し見た目も考えて欲しいところです。

折りたたまない!

折りたたみベッドのメリットは、「折りたたんで片付けることで部屋を広く使える」と書きましたが、よく話を聞いたのが、「折りたたまずにベッドの状態のまま使い続ける」というもの。

面倒くさいんですよねー。性格の問題もあるとは思いますが、自分ならまず折りたたむ事はないんじゃないかなー、とか思ったり。

こまめにたたまないなら、デメリットが目立ちます。

折りたたみベッドの選び方や注意点!

そんなメリット、デメリットもふまえて折りたたみベッドを選ぶ人に注意してほしいポイントを。

簡単に折りたためるか

コレはかなり重要です!

折りたたみベッドのたたみ方というのは基本的に難しいものではなく、真ん中辺りに持ち手があって、そこを持ち上げながら足元を真ん中に引き寄せる、といったモノがほとんどです。

ただしモノによっては、

  • 重たい
  • 硬い

といった商品によっての差があります。

女性が使う、子供が使うといった場合には、スムーズに開閉を行えるかの確認をしておいた方がいいです。

安全かどうか

また開閉をするのに、指を挟んだりしないような工夫がされているかも確認しておきたい所です。

子供が使う場合には、力の入れ具合が分からず危ない場合も。

その辺りもチェックしておきましょう。

種類はいくつかあるので機能面をチェック

折りたたみベッドといっても、いくつかタイプがあります。

マットレスでいうと

  • 普通のウレタンマットレス
     
  • 低反発マットレス
     
  • 高反発マットレス

他にも

  • リクライニングタイプ
    (角度を変えられるタイプ)
     
  • スノコタイプ
    (マットレスじゃなくスノコになったタイプ)

サイズでも

  • シングル
     
  • セミシングル
    (シングルより狭い)
     
  • セミダブル
    (シングルより広い)

など。自分に合ったサイズや機能を考えましょう。

寝心地は確認しよう!

デメリットであげたように、折りたたみベッドの場合、普通のマットレスほど寝心地は良くないと考えた方がいいです。

特に腰などに不安がある人は、寝てみた状態がどんな感じかは確認しておきましょう。

痛くて寝られない、という話もよく聞きます。
(腰痛持ちの人は、折りたたみベッドは避けた方がいいと思いますが…)

マットレスの種類でかなり変わる場合もあります。

その点も含めて、できれば横になってみるのをおすすめします。

折りたたみベッドのまとめ

何といっても部屋を広く使える、といったメリットがあるものの、「折りたためる」といった事から想像つくように、強度面ではフレーム、マットレスともに劣ります。

折りたたみベッドにするかどうかは、

  • 部屋のスペースを重視するか
  • 寝心地や耐久性を重視するか

で大きく変わってきます。


ちなみに…

折りたたみのベッドを探すなら、ニトリか楽天で十分なんじゃないでしょうか。

ニトリの折りたたみベッドを楽天で探してみる!

特に楽天なら、いくらでもあります。
(逆に選ぶのが大変なくらい)

楽天で折りたたみベッドを探してみる!

 icon-hand-o-down 折りたたみベッドじゃないけど、よくできてるなぁと思うベッドを集めてみました!

 


個人的によくできてるな~、と思うベッド!

walto(ウォルト)

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「walto(ウォルト)というベッドフレームが、よくできてるなぁーと思う10個の理由!」

NORL(ノール)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベッドフレームのNORL(ノール)がよくできてる、10個の理由!」

Clerus


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「マットレスベッドClerusのよくできてるなぁ~と思う、10個の理由!」

ALLOYS(アロイス)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このベッドフレームALLOYS(アロイス)がよくできてる、10個の理由!」 

パイプベッド

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「このパイプベッドがよくできてる、10個の理由!」

 

人気のタイプのベッドフレームを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のおしゃれなベッドフレーム!おすすめの18台」

あと部屋を広く見せる、というだけならロータイプのベッドにするという手も
 icon-hand-o-right 「ローベッドってどう?」低いからこそのメリット・デメリットと、おすすめの3台はコレ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする