カーテンはオーダー?既製品?それぞれのメリット・デメリット!

photo credit: Ikhlasul Amal Guest Room via photopin (license)

カーテンを選ぶのって、いろいろと迷いませんか?サイズや色、柄、素材など。

もちろんどんな雰囲気のカーテンにするかも大切なんですが、その前に考えさせられるのが、オーダーカーテンにするか既製カーテンにするか、という問題。

結局どっちがいいのか、それぞれのメリット、デメリットと合わせてみていきます。

既製品のカーテンとオーダーカーテンのメリット・デメリット

既製品のメリット

値段が安い

既製カーテンの1番のメリットといえるんじゃないでしょうか。

既製品といってもサイズが決まっているモノ、というだけで品質やサイズの展開をどれくらいしているか、などで価格には幅があります。

ただ、そうはいってもオーダー品と違って、ある程度の量を1度に作ってしまうこともできるので、価格は相対的に安いものが多い、という事は言えるでしょう。

早い

既製品の場合は基本的にサイズが決まっているので、店側で在庫を持っています。
(実店舗だと在庫がなければ売れないので)

なので当然あれば持って帰れます。

そしてネットショップの場合でも取り寄せるだけなので、手に入れるための時間はオーダーカーテンと比べると短くてすみます。

既製品のデメリット

サイズが合わない

既製品とはつまり、サイズが決まっているカーテンです。

もちろん、できるだけ多くの窓に合うようなサイズの方がたくさん売れるので、平均的に多い、一般的な窓のサイズに合わせたモノが作られています。

そうはいっても家ごとに窓の大きさは違うので、まさにピッタリ、という事は少ないでしょう。

窓よりも大きめのサイズで、妥協する(言葉は悪いかもしれませんが)必要も出てきます。

しっかりしていない場合も

既製品を探している人はできれば安いものを、という人も多いので、メーカーもできるだけ安く提供できるように商品を作ります。

そうすると当然、作りが弱い部分は出てくるでしょう。

またオーダーとの違いでよく言われるのは、ヒダがきれいにでない(きれいに見えない)、というトコ。

見栄えの面でも劣ってしまう部分はあります。

選べる種類が少ない

特に実際の店舗でカーテンを選ぶ場合には、取り扱っている(在庫してある)種類や数が少ない、という場合がショップによってはあります。

オーダーなら生地の見本があってそこから選べるようになっていて、選べる種類は多くなります。

ただ最近では、ネットショップでカーテンを探していると、既製品でもなかなかのボリュームの商品を扱っている所も見かけます。

実店舗とは違い全ての在庫を持つ必要がないからでしょうか。

オーダーカーテンのメリット

サイズがピッタリ

当たり前ですが、オーダーすれば窓にピッタリのサイズのカーテンが出来上がります。

ちょっとぐらい大きくても構わないんじゃないの?と思うかもしれませんが、やっぱりサイズは適正なモノの方が見た目もスッキリします。

ただ性格的にそれほど気にならない、という人もいると思いますが。

(個人的には、ピタッと合わせたものと既製品比べると、もちろんオーダーの方がきれいだとかんじるんですが、既製品でも十分かな、と思う派です…。)

仕上がりがきれい

例えば、ヒダ(カーテンの上部をつまんでナミナミを作るための加工)を比べてみると、多くの既製品ではヒダの山が2つなのに対してオーダーなら3つ山で、ヒダがきれいに見えます。

また既製品では1.5倍ヒダといって、窓の幅の1.5倍の生地を使ってカーテンを作るのに対して、オーダーだと2倍ヒダといって、窓の幅の2倍の生地を使って作るので、より多くの生地を使いボリュームも出てきれいに見えます。
(もちろん、オーダーでも1.5倍ヒダはできます)

他にも、すその折り返しの部分が違っていたりとか、いろんな部分で仕上がりが変わってきます。

細かい所まで対応できる場合も

ショップや商品によっては、サイズのオーダーだけでなく、細かな仕様なども対応してくれる所もあります。

カーテンに細かなこだわりがある人などは、オーダーで対応できるか確認してみるのも。

オーダーカーテンのデメリット

値段が高い

既製品と違い1点ずつサイズに合わせて縫製していくわけなので、当然値段は既製品と比べると高くなります。

ただしオーダーが高いと言っても選んだ生地自体が高い場合もあり、生地の値段を抑えればそこまで高くならない、という事も。

最近ではオーダーだけど価格は抑えてます!というようなショップもよく見かけます。

独自の工場で商品開発をしている、という場合が多いようです。

ただ値段と品質のバランスはしっかり確認する必要があります。
(高けりゃ絶対に良いって事もないですが)

納期がかかる

サイズも全て違っていちから作っていくわけで、注文してから納期までには時間がかかります。

生地の在庫などにもよるし、ショップによってもかなり差があるので、事前にしっかり確認しましょう。

そして住み始める前には用意できるようにしておきましょう。
(じゃないと住んでるのに丸見えになります)

引っ越したらもったいない

オーダーでなくてもそうなんですが、引っ越した場合には、そのカーテンを使えなくなる、というのはよくあること。

そのときにオーダーで値段をかけて作っていると、やっぱりもったいない感がすごく出てしまいます。

引っ越しが多い人などは慎重になった方がいいかも。

カーテンのオーダーと既製品についてのまとめ

カーテンのショップもいろいろ考えているので、はっきりいって、かなりしっかりした既製品もあります。いろんなサイズに対応できたり。

逆に本当にたいした事のないオーダー品も。

既製品がダメ、オーダーが良い、という事ではなく、自分に状況などに合った方を選ぶ事が大切。

ただオーダーする場合には、ショップ選びは特に慎重に! 値段だけで選んで失敗した、なんて話も。

  • 販売実績
  • 店の評判
  • お店の人の対応、態度
  • アフターケアの充実

などを参考にしてみてください。


よくできてるなー、と思うカーテンの通販サイトはココ!

 cucan(クーカン)

↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「cucan(クーカン)がよくできてるなぁー、と思う理由!」


無印良品


↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「無印のカーテンがよくできてるなぁと思う理由!」


びっくりカーテン


画像引用:http://www.bicklycurtain.com/

詳しい説明は
「びっくりカーテンがよくできてるなぁー、と思う理由!」

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする