人気のおしゃれなローテーブル、おすすめ22選!

ローテーブルって、なんとなくで選ぼうとしてませんか?

確かにリビングではソファがメインなんですが、ローテーブルは部屋の印象を大きく左右します!

ソファを引き立てるかどうかもローテーブル次第だし。

そこでおしゃれで人気なタイプのローテーブルを種類ごとに、おすすめ22台選んでみました。

やっぱり人気!ウォールナットを使ったローテーブル

ローテーブルで1番売れてるのは、やっぱり天然木を使ったベーシックなタイプ。木ならではの温かみが見た目や質感から伝わってくるので。

ただ天然木天板となっていても、中まで木の板になっているタイプもあれば、中が合板やボードになっていて、表面に天然木を薄くカットして貼り付けた突板(つきいた)と呼ばれるタイプもあるので、しっかり確認しましょう。
「やっぱり天然木?木製ローテーブルのメリット、デメリットと、おすすめのテーブル」

そして天然木を使ったタイプで人気の材料がウォールナット。

世界三大銘木にも数えられる材で、やや濃いめの色と綺麗な木目が特徴の個人的にも最も好きな材です。
「ウォールナットのローテーブルはココが良い!」


よくできてるなーと思う、ウォールナットのおすすめローテーブル

 

ウォールナットを使用した天板+黒く塗装されたアイアンのフレームの組み合わせが最高!

線の細いすっきりした、デザインでとにかくおしゃれ!

値段もなかなかです。

公式サイトFLYMEe(フライミー) で価格をみてみる!


天板の表面には木目のきれいなウォールナットを使用していて、存在感があります。

丸い形なので実際のサイズよりも小さく見え、部屋を広く感じさせます。
(写真は80㎝幅 サイズ違い110㎝もあり)

そしてなんといっても、ウォールナット突板を使用しているのに手ごろな値段!

このローテーブルの価格をみてみる!


使わないときは簡単に脚をおりたためて、場所をとらずに収納できます。

天板表面には、木目のきれいなウォールナット材の突板使用となっています。

変わってるのがその形。天板はきれいな長方形ではなく左右の奥行きが変形したサイズとなっていて、部屋のアクセントとしても。

このローテーブルの価格をみてみる!

人気急上昇!アイアンと組み合わせたヴィンテージ風ローテーブル

今人気のスタイルといえば、北欧っぽいタイプやカフェ風のインテリア。そんなスタイルにもはまるのが、天然木とアイアンを組み合わせた、ちょっとヴィンテージ感のあるテーブルです。

木とアイアン(黒く塗装されたもの)の組み合わせが、自然な素材感を基調とする北欧っぽいインテリアにしっくりきます。
「アイアンを使ったローテーブルが良い理由。」

かなりおしゃれだなぁ~と思うんですが、どうですか?


よくできてるなーと思う、おすすめのアイアンを使ったローテーブル

無垢のパイン材とアイアンの組み合わせが、なかなかのヴィンテージ感で、北欧風の部屋にもピッタリ!

サイズはやや広めだけど、35㎝のロータイプで部屋も広く見せます。

このローテーブルの価格をみてみる!



なんとマンゴーの無垢材を使ったローテーブル!

天板表面のゴツゴツとした質感と、アイアンの組み合わせが雰囲気あります。

横幅90㎝、高さがちょっと低めの37㎝、色違いでちょっとだけ濃いタイプも。

公式サイトFLYMEe(フライミー) で価格をみてみる!


天然木+黒のアイアンが、北欧って感じしません?

ちょっと高めのサイズ(55㎝)なんで食事に使うなど使い方に幅ができて、一人暮らしには、いい感じかも。

サイズは2タイプありますが、小さい方は80×40㎝幅とコンパクト。
(大きい方は105×50㎝)

このローテーブルの価格をみてみる!



これもパインの無垢材を使ったテーブル。

やっぱり雰囲気が最高!

同じシリーズのテレビボードもあります。

 このローテーブルの価格をみてみる!

こちらも定番!ガラス天板のおすすめローテーブル

ローテーブルといって、木製の次に思い浮かぶのがガラスのテーブルじゃないでしょうか。

天板がガラスになることで奥行きが出て部屋を広く見せたり、直線的なデザインと質感でモダンなスタイルにも。また色の入ったガラスなら、イメージもグッと変わります。

ただし万が一割れるかもしれない、というデメリットも考えておきましょう。
「ガラスのローテーブルはおしゃれなんだけど、注意が必要!」


よくできてるなーと思う、おすすめガラステーブル!

ガラス天板によってシンプルなデザインもスッキリしすぎず、部屋のアクセントに!

ガラス下には収納、兼ディスプレイのスペースとして、散らかりがちなテーブルの上を片付け、なおかつ見せる収納でおしゃれに飾れます。

色はブラウン・ライトブラウン・ホワイトの3色対応。

そして安い!

このローテーブルの価格をみてみる!


大小3つの引き出しに加え、ガラス天板により見せる収納によって、コンパクトなサイズにでも収納力抜群! 色違いでダークブラウンもあります。

そして1番の特徴は、見てもらった通りのミラー付き。

ローテーブルとドレッサーの1台2役!

このローテーブルの価格をみてみる!


ガラス+木製風の天板で、モダンなだけでなく、色々なテイストの部屋に合わせられます。
(色違いもあり!)

そして天板全てがガラスのタイプよりは、割れや音を気にしなくていいかも。
(重いものや硬いものは、ガラスの方に置かないとか)

収納もたくさんでき、それでいて値段も良い感じ!

このローテーブルの価格をみてみる!

女性に人気!白いローテーブル

見た目やデザイン的にも可愛らしいモノが多い白のローテーブルは、女性からの支持が高くなっています。また清潔感といったホワイトならではのイメージから、白いテーブルを選ぶ人も多いです。

他の家具との相性が良く、ガラスと合わせたり、光沢の有り無しでもイメージが変わるので、選び方次第で、いろんなスタイルの部屋に合わせやすいローテーブルといえます。
「白のローテーブルってどうなんだろう?」


よくできてるなーと思う、白いおすすめローテーブル

ガラス天板によってシンプルなデザインもスッキリしすぎず、部屋のアクセントに!

ガラス下には収納、兼ディスプレイのスペースとして、散らかりがちなテーブルの上を片付け、なおかつ見せる収納でおしゃれに飾れます。

色はブラウン・ライトブラウン・ホワイトの3色対応。

このローテーブルの価格をみてみる!


脚のラインの装飾や天板の角をとった部分など、かわいらしさを強調したデザイン。天然木に塗装してるので、温かみも感じます。

サイズも90㎝幅の高さが31.5㎝と、コンパクトでワンルームにもピッタリ。

脚が折りたたみ式になってるので、必要な時だけテーブルを使いたい人には片付けられて便利。

このローテーブルの価格をみてみる!


このテーブルの良くできた点としては、

  • 真っ白ではなくガラスの組み合わせで安っぽく見せないトコ
  • 引き出しの収納+ガラス天板による見せる収納

そして、なんといっても価格の安さ!

このローテーブルの価格をみてみる!

ソファと合わすならスッキリが1番!おしゃれなシンプルローテーブル

デザインにもよりますが、ソファは色もカラフルでリビングの主役となる家具です。
(サイズも大きいし)

そこに合わせるテーブルだからこそ、ローテーブルのデザインはシンプルなものにしてソファを引き立てる、という考え方も。

天板の形状や脚のスタイルなど、デザイン的にスッキリしたものも人気があります。

ただソファもシンプル、ローテーブルもシンプルとなったときに、ちょっと面白味が無くなったりすることもあるので、難しいところ。

服とかと同じでシンプルなのってセンスがいるけど、はまるとカッコいいですよね。

できるだけシンプルでおしゃれなの選んでみました!


よくできてるなーと思う、おすすめシンプルローテーブル

シンプルといえばまず思いつくのが、無印良品。

デザインをスッキリしてるんだけど、材質の良さや質感からいい雰囲気に。

このローテーブルもホワイトオークの無垢材を使ってるので、見た目のシンプルさはもちろん耐久性や肌触りもなかなかです。

無印良品のサイトで価格をみてみる!



アッシュ材の天板にアイアンのフレームを組み合わせた、まさにシンプルなデザインなんですが、この存在感。ソファのじゃまにもなってません。

普段は2つを重ねて置くことで部屋も広くみえるし、このテーブルの良いのがサイズ的にサイドテーブルとしてもつかえるところ。

公式サイトFLYMEe(フライミー) で価格をみてみる!

一人暮らしに最適!おすすめの小さめコンパクトテーブル

しつこいですがソファは大きいです。部屋に置いたら余計に思います。

なので部屋のスペースに余裕が無い場合には、やっぱりコンパクトなものにしといた方が無難。通路や座ったときの足下が狭いのは、暮らしててストレスになります。

その時に、幅が狭いのにするのか、奥行きが狭いのにするのかは部屋のサイズにもよるので、何でもかんでも小さいのを探すというのではなく、部屋とソファに合わせたものを選びましょう。


よくできてるなーと思う、コンパクトなおすすめローテーブル

80×70㎝のコンパクトサイズ。

よくできてるのは、脚が取り外せて天板の裏側に収納できるようになっているところ。
ありそうでなかったパターンです。

天板には天然木(オーク材)の突板仕様となっていて、値段の割にきれいに仕上げられています。

このローテーブルの価格をみてみる!


 

また、部屋のスペース的にどうしても普通のローテーブルを置けない場合なんかには、

こんなの↓ 


公式サイトFLYMEe(フライミー)

とか、こんなの↓

 公式サイトFLYMEe(フライミー)

なんて手もあります。

ソファとの相性も考えないとだめですが、逆にオシャレになる事も!

 

最近増えてる、食事もできるテーブル!

最近人気があるのが、ソファでも食事ができる、ぐらいの高さのテーブル。

この場合、問題になるのがテーブルのサイズで、普通のローテーブルでは幅、奥行きともに食事をしやすいとはいえません。

各メーカーからいろんなリビングダイニング兼用のテーブルが出てますが、それぞれ高さなどのサイズが違うので、体格、使ってるソファなどに合わせたテーブルを選ぶことが大切です。

「食事をするのに最適なローテーブルとは、どんなの?」


よくできてた、食事にも使えるローテーブル


このテーブルは高さが52~70㎝まで変えられます。

このようなテーブルを昇降式テーブルと呼びますが、70㎝というと普通のダイニングテーブルと同じ高さになるので、十分食事にも利用できます。

気をつけたいのは、座った時にお尻が沈み過ぎたりすると食べにくいので、ソファの硬さや背もたれの角度なんかをしっかり考えましょう。

公式サイトFLYMEe(フライミー) で価格をみてみる!


無印良品が展開しているダイニイングとソファが兼用になったタイプ。

ソファというよりはダイニングに近いですが、テーブルの高さが60㎝となっているので当然食事が可能です。

無印良品のサイトで価格をみてみる!

安くて人気のおすすめローテーブル!

家具を選ぶ場合には、やっぱり値段が高いか安いかも気になるところ。特にローテーブルの場合ソファと一緒に買う事も多く、より良いソファを購入するために、テーブルの価格は抑えたいものです。

安いだけなら、2~3,000円程度のものもありますが、機能や見た目が充実していて価格もよくできてるものを探すと、リビングを安っぽくなりません。


安いのによくできた、おすすめローテーブル

天板表面にはきれいな木目のウォールナット突板を使用。

脚も折りたたみ式で便利。

そして価格も安い。

このローテーブルの価格をみてみる!


天然木を使っていたり、ちょっとデザインは変わってますが、特にすごい、という特徴はありません。

ただ安いと思います。

このローテーブルの価格をみてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする