ローテーブルは無垢の方がいいとは限らない!メリットとデメリットはコレ。

photo credit: Untitled via photopin (license)

ローテーブルを探していると、「無垢(むく)材使用!」といった表示をよく見かけます。

無垢のローテーブルとはいったいどんなものか、そして無垢のメリット、デメリットについて考えてみました。

無垢のローテーブルとは?

まずは、そもそも「無垢」とはどういうモノなのか、という話です。

無垢という言葉を辞書で調べると、「混じりけがないもの」という意味がありますが、テーブルに関しても同じような意味になります。

木目だからといって中まで木とは限らない!

ローテーブルで天板に無垢材使用、となっていれば、天板全てが木でできた物を使っている、という事です。

テーブルの天板なんだから当たり前だろう、と言われそうですが、混じりけの無い木を使っていない天板というのは、実はたくさんあり、それらは「化粧合板」と呼ばれたりします。

どういうものかというと、まず、角材などで天板の形に枠を組みます。そしてその両面に合板(ベニヤ板のように薄い板を貼り合わせたもの)などを貼り付けて、1枚の板のようにしてしまうのです。

表面には本物の木を薄くスライスした物を貼って仕上げたり、木目を印刷したシートなどを貼り付けていたり、といろいろです。

つまり表面が茶色の木目だからといって、中まで本物の木とは限りません。

無垢には2種類!

上に書いたような化粧合板(表面だけきれいに仕上げた合板)ではなく、中まで全てが木でできた物を無垢と呼ぶんですが、家具の場合、無垢材と呼ばれる物には大きく分けて2つあります。

それが

  • 集成材
  • 1枚板

です。

集成材とは?

集成材は簡単にいうと、サイズの小さな木を集めて、くっつけて、大きなサイズの板にしたものです。当然中身まで完全な無垢なんですが、繋ぎ合わせている、という事です。

例えば100×60㎝の板が必要な時に100×10㎝の板を、接着剤で6枚繋ぎ合わせる、といったものです。

1枚板とは?

文字通り1枚の板で、丸太から板の厚みに切り取ったそのままを使っているものです。

世の中にあるローテーブルで無垢材といわれる物のほとんどは、集成材となっていて、家具の業界では、ほぼ集成材=無垢材となっていますが、家の建築などでは、無垢の柱と言えば、丸太から取り出した一本の材料で、集成材とは分けて考えられてるようです。

無垢のローテーブルのメリット

木の温もりと質感

何といっても1番のメリットがコレ!

無垢材ならではの雰囲気と、手で触れたときの木の質感がなんともいえません。

1度家具屋さんにいって、木目をプリントしたようなテーブルと触り比べてみてください。それほど違いを感じない人もいるかもしれませんが、個人的な無垢のテーブルの最大のメリットはコレです。

修理をしようと思えばできる

無垢材は中まで同じ木ですが、合板の場合は表面に薄い木やシートを貼っているので、ちょっとした傷で下地が見えてしまいます。
(中が空洞の物もあり最悪の場合は穴が開きます)

そうなるとなかなか修理は難しいのですが、無垢の場合には、ちょっとしたへこみや傷なら、やろうと思えば修理可能。
(もちろん余計に目立ってダメになる事もありますが…)

「無垢 修理 アイロン」などで検索するといろいろ方法が出てきます。

が、あくまで自己責任でお願いします。

使い込むほどに味わいが出る

上に修理の話を書きましたが、そもそも無垢の家具の場合には、ちょっとしたへこみや傷が、合板の物ほど汚くならず、逆に味としてとらえることができます。
(人によりますが)

また長いこと使っていると、日光などによる日焼けもあり、若干の変色もしてくるんですが、無垢材の場合はそれも良さとして受け入れられます。
(人によりますが)

無垢のローテーブルのデメリット

反りや割れの可能性も

木というのは、カットして板にしても、呼吸していると言われます。

木材は製材する時に乾燥させるんですが、中の水分をゼロにはしないので、周りの湿度に応じて、水分を吸収したり排出したりしています。

その時の体積の微妙な変化によって、板が反ってしまったり、ひどいときには割れる場合もあります。

集成材ではくっつけている1つ1つの木が小さい事や、反りを止めるための補強などもされているので、反りの影響は少ないですが、1枚板などでは反ってくる可能性が特にあることを考えておきましょう。

つなぎ目ができる

1枚の板でテーブルを作ると、上に書いた様に反りや割れが生じ、また価格も高くなります。

なので小さな板をくっつけて大きな天板を作る、集成材というものがほとんどです。

ただいろんな木をくっつけているので、木目や色味が違います。

結果として、天板の中にそれぞれの木のつなぎ目が見えてしまいます。

特に明るい色だと目立ちます。

また価格が安いと、より小さな木材をつなぎ合わせるので、つなぎ目が増えてしまいます。

つなぎ目が嫌なら突板と呼ばれる、木を薄くスライスしたものを貼り付けた仕上げのテーブルの方がきれいだったりします。(無垢じゃありません)

木目が違う

木というのは天然の素材であり、全て顔が違います。つまりモノによって木目が変わってきます。

また同じ塗料を使って塗装しても、元々の木の色のちょっとした違いや、塗装の染み込み具合の違いなどで、色の濃淡も少し違ってきます。

これはデメリットというより天然の素材を使っている上での特徴なので、展示している物とちょっと雰囲気が違う場合があることを知っておきましょう。

重たい

合板だと中が空洞の場合もあるんですが、無垢の場合には、ぎっちり木がつまってます。

その分重くなるので、テーブルのサイズによってはなかなかの重量になる事もあり、掃除のしにくさなどデメリットと言えるかもしれません。

値段が高い

木にはいろいろな種類があり、もちろん値段が高いものもあれば、安い材料もあります。

無垢のテーブルといっても、安い木を使っていれば、高価な木材を使った合板のテーブルより安い事もあります。

ただ同じ木を使った合板のテーブルと無垢のテーブルでは、木を使う量が全く違うので、間違いなく無垢の方が高価になります。

無垢のローテーブルのまとめ

無垢といってもローテーブルの場合は、ほとんどが集成材。

ただ見た目と質感、そしてモノの価値を考えたら、絶対に無垢が良いかと。
(高いけど…)

どうせなら、自分の好きな色や木目の木を探して、その木を使ったローテーブルにすれば、大事に使うでしょう。
(高いけど…)

 


個人的によくできてるな~、と思うローテーブル!

ORLEANS (オリンズ)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
このローテーブル オリンズが良くできてるなー、と思う10個の理由!

 

ヴィンテージローテーブル


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
このヴィンテージローテーブルが良くできてるなー、と思う10個の理由!

 

ローテーブル m292


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
このローテーブルが良くできてるなー、と思う10個の理由!

 

昇降式ローテーブル

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
この昇降式(リフトアップ)ローテーブルがよくできてるなぁと思う10個の理由

 

高さ調整昇降式テーブル

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
このローテーブルがよくできている10個の理由!

 

人気のタイプのローテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のおしゃれなローテーブル、おすすめ21選!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする