ダイニングテーブルの脚は2本と4本、どっちが良い?

ダイニングテーブルを選ぶときに、素材や色を気にする人は多いんですが、他にも重要な点があります。

それが脚の形。

「脚なんてなんでもいいんじゃないの?」なんて考えていませんか。

脚がどうなっているかで、見た目はもちろん、使い勝手がかなり変わってきます。

大きく分けると、4本脚のタイプと2本脚=T字脚のものになりますが、それぞれの特徴について見ていきます。

4本脚のダイニングテーブルの特徴

安定している

4本脚のテーブルの場合、天板の四隅に脚がきます。なので角にもたれた時にもしっかりと安定しています。

2本脚のもので、内側に脚が来ている場合、モノによっては端っこにもたれると反対側が浮いてしまったりする事も。立ち上がるときに支えることも多いので、安定しているというのは重要です。

短い側にも座れる

4本脚の大きな特徴として挙げられるのが、テーブルの短い辺の方にも座れる、という事。

T字脚のタイプでは短い方のちょうど真ん中に脚がくるので、邪魔になってとても座れません。

4本脚なら椅子を収納できるかどうかはテーブルのサイズによりますが、少なくとも座るのには脚が邪魔になることもなく、問題ありません。

シンプルですっきり

デザイン的な事なので、好みは分かれると思いますが、4本脚のタイプの方が、見た目がシンプルですっきりしています。

おしゃれ感でいうと、個人的には圧倒的に4本脚の勝利かと思いますが、どうでしょう?線の細いデザインの4本脚にすると、本当にすっきりして見えます。

場所をとる・出入りがしにくい

4本脚のテーブルは、脚が天板の1番外側にきています。という事は、椅子に座った状態から立ち上がってテーブルから出るためには、椅子をテーブルの脚よりも後ろに引かないといけません。

なのでテーブルの奥行き、プラス椅子を引くためのスペースと、とても場所をとってしまい、そこは4本脚のテーブルの大きなデメリットと言えるでしょう。

チェアを収納しにくい

普通、椅子は使わない時にはテーブルの下に収納するものですが、4本脚のテーブルで少しでも椅子の寸法がはみ出していると、中に収納できません。

セットで選ぶ場合には、まず問題ありませんが、別々で選ぶなら注意が必要です。特に肘付きの椅子では、肘置きが邪魔で入らない、なんて事も。

幕板が邪魔

幕板(まくいた)とは天板の下にくっついている5~8㎝程の板で、4本足のテーブルで天版と脚の固定や強度を高める為についています。

ただこの板のせいで、座った時の、太もも辺りのスペースが狭くなってしまい、脚が組みにくい、という場合もあります。

2本脚(T字脚)のダイニングテーブルの特徴

ちなみにT字脚というのは、横から見たときにTの字の形になったもので、こんなのです。

出入りがしやすい

4本脚のものとは違い、脚が真ん中よりの内側についているので、椅子に座った状態からの出入りがしやすいです。

それほど椅子を後ろに引く必要もありません。

特に、回転式のチェアを使う場合、椅子を回転させても足が当たらず使いやすいです。
(逆に4本脚では回転させても出入りできないので、意味がありません)

ベンチチェアを使いやすい

上と同じ理由で、ベンチチェアもT字脚の方が、使いやすいです。

まず出入りの面ではベンチを動かす必要がないのに比べ、4本脚では、二人で一緒に座る事の多いベンチを、出入りのたびに動かす必要があり、かなり面倒です。

また収納の面でもテーブルの下に入れる為に、4本脚だと脚の間隔よりも小さいサイズのベンチを選ぶ必要がありますが、T字脚なら少々大きくても問題ありません。
(ちょっとははみ出すと思いますが…)

横から座れない

これは4本脚のテーブルと逆で、テーブルの短い辺の方には脚が邪魔で座りにくくなります。もちろん椅子を収納することも無理です。

基本的には対面で座るだけになります。

足元が邪魔になることも

2本脚のテーブルの場合、両方の脚を固定するために、脚と脚の間に板を繋げてある物があります。
(かなりしっかりした作りの物だとその必要が無いんですが、ほとんどの2本脚テーブルには付いてます)

ちょうど真ん中辺りにくるんですが、座り方や体格によっては、この板が邪魔になる可能性もあります。

デザイン的にちょっと…

これも完全に個人的な感想ですが、T字脚のテーブルのデザインは、どうでしょう?

2本脚でも、こんなの↓

だったらカッコ良いと思うんですが、よくある2本脚のテーブルがおしゃれかと言われると、う~ん、という感じです。(個人の感想です…)

アイアンの脚がカッコいい

ちなみにですが、ダイニングテーブルのカッコいい脚というと、アイアンのタイプなんてどうでしょう。

4本脚のモノや、2本脚というかロの字型になったタイプ(こんなの↓)

があり、最近では人気のなので、探してみるといろんな素材のモノや価格をおさえたモノも見つかると思います。

ダイニングテーブルの脚についてのまとめ

テーブルからの出入りを考えたら、実は2本脚の方が便利。回転する椅子を使ったり、スペースの事を考えても、優れている点は多いです。

ただ最近のテーブルの主流が4本脚。

見た目の問題も大きいんじゃないでしょうか。おしゃれなのも多いし。


よくできてるなーと思う、ダイニングテーブル

Beronia(ベロニア)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルBeronia(ベロニア)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

ヴィンテージウッドダイニング


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ヴィンテージウッドダイニングのよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

TOMTE(トムテ)


  テーブルのページ↑

↓チェアのページ

詳しい説明は
「ダイニングテーブルTOMTE(トムテ) がよくできてるなぁと思う、10個の理由!」

 

WEST(ウエスト)


  クリックで商品ページに↑

↓2人掛けの伸長式もあります!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルのWEST(ウエスト)がよくできてるなぁーと思う、10個の理由!」

 

人気のタイプのダイニングテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のダイニングテーブル、おすすめの18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする