テレビ台は国産のほうが良い?

photo credit: 富士山下 Mt. Fuji via photopin (license)

よくテレビ台や家具は国産の物の方が良い、といわれます。

本当に国産の方が良いのか、どこが良いのか、輸入品じゃダメなのか、などについてちょっと考えてみました。

国産の良いところ

(ちなみにこのページで言ってる「国産品」と反対側に位置する「輸入品」は、イタリアやアメリカなどの家具ということではなく、中国や東南アジアなど、金額を抑えるために人件費などが安い地域で作られた家具の事です)

丈夫でしっかりしている

国産の家具やテレビ台で、まず考えるのが、「国産の方が丈夫でしっかりしてそう」というトコじゃないでしょうか。

確かに輸入品のものと比べたときに、

  • 補強の為の材料がたくさん使われている
  • 塗装をたくさん重ねているので表面の傷が付きにくい

といった部分での丈夫さ、というのは間違いなくあります。

それらはちょっと見比べると分かる部分もありますが、家具屋で働いていたので分かった、という所もあり、パッと見ただけでは分かりずらく、何でこんなに値段が違うんだろう、と感じる事もあるでしょう。

例えばテレビ台の天板では…

テレビ台などでいうと、テレビをのせる天板の部分は、しっかりしている必要があり、天板が木の板(無垢(むく)材)であれば丈夫なんですが、そうでないものもあります。

天板の形に枠を組み、薄い木の板を両面に貼り付けて天板とするもので、フラッシュ構造と呼ばれます。つまり天板の中には、空洞になっている部分もある、という事です。

実はこういった構造の物はよく使われていて(逆に無垢材の物の方が少ない)、国産、輸入品どちらにもあります。ただ国産の場合、

  • 中に使われている補強のための材料の数が多い、太い
  • 表面に貼られた板がより厚い

という事があります。

見ただけでは分かりません。こういった事も含めて、強度や仕上げの面を考えて作られているので、国産の家具は丈夫な場合が多い(全てではありません)といえるでしょう。

安心できる

上に書いたような強度の面でもそうですが、他にも国産品だからちょっと安心できる、という点はあると思います。

材料

家具を作るためには、木の板以外にも、合板(ベニヤ板みたいなの)やMDFと呼ばれる木の繊維を圧縮したようなボードが使われているんですが、それらを作るための接着材、そして表面に塗る塗料などには、有害な物質(ホルムアルデヒドなど)が含まれる場合があります。

国産の材料であればそれらを放出する量が少ない物を使用していたり、F☆☆☆☆(フォースター:放散量の基準)などの表示がされているので安心できます。

修理

新品の状態で商品に問題があるときには、取り替えてもらったら良いんですが、年月が経ってからの修理となると、輸入品のみ扱っている問屋さんでは対応できない場合が多くなります。

国産メーカーなら、当然自社で作っているし職人さんもいるので、お金が掛かるか掛からないかは別問題として、何らかの対応をしてもらうことはできるはずです。

PL法

日本には製造物責任法(PL法)という法律があり、製品を使用中に損害を受けた場合に、メーカーの損害賠償の責任が定められています。そんな事はほとんどないでしょうが。

一応、輸入品の場合も輸入業者が責任を問われるということになっているそうなんですが、実際には難しいんじゃないのかなぁ、と思うんですが。(素人考えです)

品質が良い

仕上げの面などで、ものによってちょっと色が違ったり、という事は輸入品ではよくある事です。(国産品でもまとめて作る数(ロット)ごとに若干違う事はありますが)

極端な場合、右と左の扉の色が微妙に違ったり、なんて事もあります。テーブルの脚が2本ずつ違ったり、とか。

直接怒られないから、適当にやってるんでしょうか。家具屋さんにいたときは、怒られるこっちの身にもなって欲しいとよく思ったものです。

また仕上げとは違うんですが、船で運ばれてくる間の防腐剤なのか、塗料なのか、臭いが強く残っている場合もあります。これらの事は、国産品ではあまり見られません。
(あえて全くない、とは言いません)

輸入品の良いところ

安い

とにかくそこが1番のメリット。

逆に安くなければ誰もわざわざ買わないかと…。

ちなみに食器棚や大きめのタンスには輸入品が少ないと感じた事はありませんか?

食器棚などの大きな箱形の家具の場合、組立式でなければ体積がかなり大きくなります。そうすると輸送費が高くなり、輸入するメリットが無くなるんです。

だから食器棚は国産の商品が多いですし、食卓セットやベッドのフレームなど、組立式の家具は、その多くが輸入品となっています。

(食卓セット、特にイスこそ国産のモノが座り心地、丈夫さ、ともに申し分ないんですが、いかんせん値段がなぁ~、と感じる)

輸入品だから悪い!という事もない

まとめると、モノ(品質という意味で)は国産の方がやはり良いです。

ただし輸入品だから悪い、という訳ではないです。

なぜなら安いから。

家具にどこまでお金をかけられるかは、人それぞれ違います。某大手の家具小売店が巨大化してあちこちにできた事で、安く買えるようになったのも事実です。

(よそより安いというよりは、安いものを大量に展示してるだけですが)

輸入品が増えたおかげで、ちょっと大きめのサイズを買える場合もあるでしょうし、欲しかったものに手が届くようになったかもしれません。

また国産品の金額が3倍すれば、3倍長持ちするかというと、必ずしもそうとはいえません。
(そんなもたなかったり、もっともったり、モノによります)

大事なのは、部屋に置いて納得できるもの、落ち着くものを予算の範囲内で選ぶ事なんじゃないかと。


個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)

 


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


EMO(エモ)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


Lewis(ルイス) 


↑クリックで商品ページに

詳しい説明は
「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」


Rits(リッツ)

 

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!


幅広テレビボード

↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」

コストパフォーマンスがなかなか!

 

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のテレビ台、おすすめ20選はコレ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする