テレビを壁掛けに! メリット、デメリットはコレです。

壁掛けの画像

「壁掛けのテレビって憧れるけど、どうなんだろう?」

「デメリットって何があるの?」

テレビが薄型になって壁に掛けることができるようになった時、ちょっと憧れませんでしたか?

映画やお金持ちの世界と思っていたのが、自分の家でもできる!と。

ところがテレビを壁掛けにしている人は意外と多くありません。テレビ台を置かずに壁掛けにする事のメリット・デメリットを考えてみました。

「どうやって壁に掛けるの?」
テレビにピッタリの金具が探せる!
 ↓

テレビを壁掛けにするメリットはコレ!

見た目がスッキリ

壁掛けにする1番のメリットは、なんといってもテレビ周りがスッキリするという事でしょう。

工事が必要ですがコードも壁の中に隠すことができ、壁面にはテレビ以外に何もない、という状態にするのも可能です。

当然その分スペースを有効に使うことも可能なので、シンプルにモノを置かないゴチャゴチャしたくないという場合には、ベストなテレビの設置方法でしょう。

テレビ台が不要になる

テレビを壁に掛ける訳ですから、いわゆるテレビ台(テレビを置くためのスペース)は無くても構わない、という事になります。完全に何も置かないのも良いですし、他の家具を置く事もできます。

特に寝室やキッチンなど、スペース的に余裕の少ない場所では、テレビ台を置かないメリットというのは大きくなるでしょう。

ただテレビ台が無い、という事に対してのデメリットもあります。

「テレビ台はいらない?」という意見について。

その辺りはあらかじめ考えておきましょう。

高さを選べる

テレビを壁掛けにする場合、金具を取り付けてそこにテレビを固定する、という流れになります。つまり金具さえ取り付けられれば、テレビの設置場所は選ばないという事。

小型のテレビを壁の上の方に、といった取り付け方も可能になります。

地震に強い

一般的にテレビを置く場合には、テレビ台の上に脚のついたテレビを置くわけですが、昔の奥行きが深かったブラウン管のものと比べると、薄型になって安定感は非常に悪くなっています。

脚の裏に張るモノやテレビを固定する転倒防止のグッズなどもありますが、揺れの大きさによっては役に立たない事もあるでしょう。

壁掛けの場合には、基本的に「壁に金具を固定しその金具にテレビを固定するという方法なので、壁自体が崩れるような大きな地震でなければ大丈夫」と言われています

また小さな子供がいる場合に誤って倒したり、といった心配も無くなります。

見た目

とにかく、オシャレ。

よっぽどの事をしなければ、放っておいてもオシャレにカッコ良くなります。

  • それほど壁掛けにしている家を見かける事が少ない
  • テレビや映画に出てくるオシャレな部屋が壁掛け

といった事も影響しているかもしれませんが、ナチュラル、モダン、シンプル、和風、北欧風、フレンチ、はっきり言ってどんなテイストにも合います。

最後にもう1度言いますが、壁掛けテレビは、間違いなくオシャレになります。

テレビを壁掛けにするデメリットはコレ!

設置の信頼性

テレビを壁掛けにするには、壁に金具を付けてその金具にテレビを固定させるわけですが、そこがしっかりしていないと、とんでもないことになります。

テレビが落ちます

家の壁というのは表面が石こうのボードでできている場合も多く、内側に柱が通っていない場所は空洞になります。

つまり金具を取り付けるにも薄い石こうボードだけに固定する事になり、テレビの重さに耐えられません。

しっかり固定できれば問題ありません

そのため柱が通っている場所を探しだして、きっちり固定する必要があります。

ただ、コンコンと叩いたらなんとなく分かるし、ホームセンターに中に柱が通っているかどうかを調べられるグッズも売っています。

心配じゃないですか?

さて、それらのグッズなども使って自分で固定したテレビを、実際に安心して使えるか、という事です。

それほど難しい作業ではないのですが、自分でやっておきながら、その作業が信用できますか?という話です。

うちは壁掛けではないんですが、もし自分でやるとなるとやっぱり不安です。大丈夫だとは思うんですが、そのあたりに不安が残る事が、デメリットと言えるでしょう。

工事をすると設置の費用がかかる

そんなこんなの不安から、業者さんに頼むとします。

それだと工事内容によっては柱の中にコードなどの配線を隠すこともできます。もちろん、しっかりと固定もしてくれるでしょう。

じゃあ、それでいいんじゃ、と思っているとデメリットになるのが、その費用

金具の取り付けや壁の補強、配線(コード)の処理などを含めてやってもらうと、業者さんにもよると思うんですが、2~3万円(小型のテレビ)から、テレビのサイズによっては、10万円近くする事もあります。

  • 壁の種類
  • 補強の有無
  • 配線の関係
  • テレビのサイズ

費用をどう考えるか

その他もろもろの条件によって値段の幅はあるようですが、32型のテレビなら価格が2万円台からあるなかで、設置のためにかかるこの価格をどう考えるか、というトコでしょう。

そしてもう1つ。費用に「壁の補強」と書いてますが、業者さんに頼んだ場合に壁の補強が必要だと判断される場合があります。

つまり、その補強がいるのかどうかの判断、そしてその補強自体は素人では難しいため、無難にいくなら業者さんに任せる方がいいのかなぁ~、というのが個人的な意見です。

賃貸では難しい場合も

壁に穴を空けられない賃貸物件などの場合には、壁掛けという選択が難しい場合が多くなります。

基本的には穴を空けての工事などは難しいと思うので、その点ではデメリットといえるでしょう。

しかし今では壁掛け風のテレビ台などもあり、また賃貸での壁掛けの方法というのも色々あります

「賃貸 壁掛け」なんかで検索するといっぱい出てきます。

(下にもあげてます)

ただし、あくまで自己責任でお願いします。個人的には、大丈夫なのか?というのもあるんで。
(中にはホッチキスで、というのもあります)

模様替えができない

テレビを壁掛けにして場合、基本的には金具を利用しているため、他の場所に動かすなど部屋の模様替えがしにくくなります

模様替えでテレビの場所を変えるというのは少ないかもしれませんが、決めるなら慎重にしましょう。

収納がない

テレビ台にするとAV機器を入れるスペースが確保されるんですが、壁掛けだとそのスペースを別で確保する必要が出てきます。

人によっては壁掛けなのに、収納のためにテレビ台を置く人もいる位です。

もちろんリビングのこまごまとした物を片付けるのにも、別に場所が必要に。

規格変更への対応が大変な場合も

コード類を壁の中に収めているんですが、将来的にテレビ回りの周辺機器やコードの端子の規格なとが変わったり、という可能性があります。

その辺りの対応が後々できるのかは確認しておきましょう

テレビを壁掛けに!のまとめ

テレビを壁掛けにしたら

「スタイリッシュというのは、こういう事か!」

と思う事になるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットをあげましたが、何度も言うように、よっぽどの事がないと、そのスペースは勝手にオシャレになるんじゃないでしょうか。

ただ落ち着く、温かみがある、といった雰囲気とは離れてしまうかもしれませんが。そこは好みの問題です。

ただし設置に関しては、自分なら、プロに頼んで安心をお金で買う、ようにするかも。

自分で行うなら自己責任で。

みんなが壁掛けにしない理由

とはいっても、実際に壁掛けにしている人はかなり少ないのが現状です。

なぜかといえば、上にメリット・デメリットをあげましたが、デメリットの方が上回るからでしょう。

特に賃貸ゆえのハードルの高さというのは大きいと思います。

壁掛け風という手も

もし

「工事や壁に穴をあけるのが大変、というか無理!」
「でも壁掛けが気になる!」

という人は、下にのせてるような壁掛け風テレビ台という手もあります。


よくできてるなーと思う、壁掛けの金具!

個人的には、壁掛けにはしていなくて、もしやるとしても業者さんに任せてしまいそうなんですが、テレビを壁掛けにするための金具というのは、意外といろいろ販売されていて、それらを紹介しているサイトもけっこうあります。

例えば下のサイトだと、設置場所や設置する方法など、素人には難しそうな内容を、分かりやすく説明してくれていたり、どんなテレビが壁掛けに対応しているかの診断もあります。

(自分でやるのが不安な人のために、工事業者の案内もしているようです)


そして驚きは、石膏ボードの壁であれば、ホッチキスで壁掛けテレビが可能!賃貸住宅でもオッケーというもの。

やったことが無いので大丈夫なのかな?という疑問はありますが、サイトによると大丈夫だそうです。


他にも楽天などで、「テレビ 壁掛け」などで検索すると、壁掛け用の金具が山ほど出てきます。
(あまりに安いものもあって、大丈夫か?と思ってしまいますが…。すべて自己責任でお願いします。)

 

壁掛け用の金具を楽天でみてみる!

 


あと、壁掛けじゃないんだけど壁掛けっぽい雰囲気の据え置きタイプのテレビ台なんかも。

普通のテレビ台と違いすっきりしてハイタイプになるので、ダイニングテーブルに合わせたり、寝室での利用もいいんじゃないでしょうか。

木目調の部分については、

  • ブラウン
  • ナチュラル

の2色あり。

このテレビ台の価格をみてみる!

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のテレビ台、おすすめ20選はコレ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする