一人暮らしのカーテンって、どうしたらいいんだろう?

photo credit: bdrc Junior via photopin (license)

初めての一人暮らし。

インテリアにこだわって過ごしやすい空間を作りたいところですが、いろいろ選んでいく中でカーテンって意外と悩みませんか?

一人暮らしでカーテンを決めるのに注意するべきなのは、こんなトコです。

一人暮らしのカーテンの選び方についての注意点!

調和を考える!

調和と書きましたが、とにかく

  • 他の家具
  • カーペット
  • ラグ

といったものとのバランスをしっかり考えましょう、ということです。

当たり前のことですが。

ただ、一人暮らしだと広さがそれほどない場合が多く、部屋を見たときにカーテンの占める面積はかなり大きくなります。

そのため部屋のイメージを決定付けてしまう場合も。

また例え赤色が好きでも、真っ赤なカーテンを選ぶというのも、やめときましょう。

落ち着きません。

いくら赤好きでも。

部屋のなかでの占める面積が広いというのは、しっかり頭に入れて選ぶようにしましょう。

女性の部屋での色選びにも注意

女性の一人暮らしとなると、防犯面でも気をつけたいところ。

人によってはカーテンをつけないという人もいますが、防犯の事を考えると論外。どんな人が住んでいるか(性別や年齢)が外からわかる時点で、危ないといえます。

もちろん女性なら、可愛らしい色や柄の物を選びたいとなりますが、特に外から特定しやすい階の部屋では避けた方がいいかも。

カーテンというのは部屋の中でかなり大きな面積を占めるので、その色やデザインに染まりすぎるという面もあります。

逆にそこを使わないほうが模様替えがしやすかったり、おしゃれな雰囲気を出せるという利点もあります。

柄だけで選ばない!

またカーテンを柄だけで選ぶと、他にも後悔する場合があります。カーテンにはインテリア性以外にもいろんな側面があるので。

機能面

カーテンには、いろんな機能がついてるものもあります。例えば、

  • 遮光(光を遮る)
  • 遮熱(熱を遮る)
  • 保温(温度を保つ)
  • 遮音・防音(音を軽減する)
  • 防炎(火がついても広がりにくい)

など。

他にもいろんな機能を持ったカーテンがあります。人それぞれ違うかもしれませんが、一人暮らしだからこそ欲しい機能というのはあるんじゃないでしょうか。

色や柄だけでなく必要な機能を備えたカーテンを選ぶようにしましょう。

(それぞれの機能には度合いがあるので、しっかり確認しましょう。カーテンなので完全に遮断したりするのは無理です)

防犯面

またカーテンの役割としては、外から中が見えないというのも重要。

特に一人暮らしの女性では、しっかり対策をしておくべき部分でしょう。

外から中の様子が分からないように、上に書いた遮光カーテン(光が漏れないので中の様子が分からない)にしたり、いかにも女性の一人暮らし、といった柄を選ばない、といったことも必要かもしれません。

レースカーテンも慎重に!

カーテンはカーテンでも、レースカーテンって特に適当に選んだりしてませんか?

上に書いた防犯も含めて、目隠しという点では重要な役割があります。

外から見られたくなければ、昼でもカーテンをかければいいんですが、それだと

  • 暗い
  • 風が通らず暑い

といったデメリットも。

そんな時に助かるのがレースカーテン。

特にミラーレースと呼ばれるレースカーテンだと、昼間に外から見えにくくしてくれるので、とても重宝します。

注意点としては夜には効果がない(厚手のレースカーテンで見えにくくなってるモノはありますが)ので、厚地(ドレープ)カーテンをかける必要があり、風通しは悪くなります。

一人暮らしでおすすめのカーテンはこんなの!

ミラーレースカーテン

まず部屋の中を隠す、というカーテンの基本的な役割を果たすためには、ミラーレースカーテンはおすすめです。

よく一人暮らしで昼間はあまりな家にいない、という人もいますが、休みの日にはいる訳だし、例え留守だったとしても中の状況が透けて丸見えというのは、やっぱり防犯上よろしくないです。

特に女性はしっかりガードしておくべきでしょう。

遮熱・保温カーテン

あんまり意識してない人も多いんですが、カーテンには夏場の日差しによる温度の上昇を抑える、あるいは冬場の保温といった役割もあります。

一人暮らしだと部屋数も少ないので、カーテンによって温度の調節をしやすく光熱費を抑えることにもつながります。

熱を遮る、あるいは温度を保つという事に特化したカーテンがあるので、生活に取り入れてみるのもいいんじゃないかと。

遮光カーテン

遮光カーテンとは、読んで字のごとく光を遮るカーテンです。
「遮光カーテンってどうなの?メリットとデメリットを考えてみました!」

昼間はミラーレースカーテンなどで中を見えなくできますが、夜になるとレースだけでは丸見え。

厚地(ドレープ)カーテンをかけることで、中が見えなくできます。

ただ普通のカーテンだと光を通してしまうので、丸見えではないものの人影は分かります。

特に女性で気になる人は、遮光カーテンにした方がいいかも。

ただし遮光率の高いカーテンだと、本当に真っ暗になります。
なかなかの暗さなので寝過ごし注意!

一人暮らしのカーテンのまとめ

一人暮らしのカーテンで気を付けたいのは、デザイン的なモノもありますが、防犯面。

どうしても機能つきのカーテンだと色や柄が限られてきますが、安心して生活できるのが第一かと。


よくできてるなー、と思うカーテンの通販サイトはココ!

 cucan(クーカン)

↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「cucan(クーカン)がよくできてるなぁー、と思う理由!」


無印良品


↑画像クリックでサイトに飛びます!

詳しい説明は
「無印のカーテンがよくできてるなぁと思う理由!」


びっくりカーテン


画像引用:http://www.bicklycurtain.com/

詳しい説明は
「びっくりカーテンがよくできてるなぁー、と思う理由!」

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする