「テレビ台に引き出しは必要? 」について書いてみました。

photo credit: Valves via photopin (license)

テレビ台には引き出しが付いたタイプと、扉のタイプや、そのまま空洞になったオープンタイプがあります。

そんなテレビ台を選ぶときには「テレビ台に引き出しは必要?」、「何入れるの?」といった疑問も。

引き出しの付いたテレビ台はどうなんだろう?について考えてみました。

引き出し付きの良いトコ

ホコリが溜まりにくい

オープンタイプなどと比べると、当然ホコリが溜まりにくくなります。

結果として掃除の回数が減ります

全く溜まらない、という事はないですが、普段あんまり使わないものをずっと収納しておいても、それほど気にする事はありません。

小物を片付けやすい

オープンタイプはもちろん、扉のタイプでも中が棚になっているだけなので、細かいゴチャゴチャしたものを収納しにくくなります。

ところが引き出しタイプだと、小分けにして片付けやすくなります。

隠せる

きれいに見せて収納する、というのであればオープンタイプが適しています。

ただリビングってできるだけスッキリさせたくないですか?

できるだけ目につかないようにしたいなら、やはり引き出しか扉(ガラスではなく板戸のもの)にする必要があります。

奥まで探しやすい

扉やオープンタイプの場合、奥に詰め込んでいくと何を片付けたのか分からなくなります。

ところが引き出しタイプなら、開けると一目で何を収納しているのかが分かります

整理整頓は間違いなくしやすくなります。

いっぱい物が入る

扉やオープンタイプの棚に収納するのと比べて、引き出しの場合、より多くの量を収納する事ができます

リビング周りって細かなものがゴチャゴチャあるので、できるだけたくさん入った方が助かりますよね。

引き出し付きのデメリット

壊れるかも

引き出しの場合、物の入れすぎや扱い方によって壊れる可能性があります。

扉のタイプやオープンタイプでは、当然そのような心配がほとんど必要ありません。

背の高いものが入れにくい

引き出しの場合、高さが決まっているので、それ以上の背の高いものを収納する事ができません
(例えば筆記用具なども立てて片付ける事ができない、とか)

引き出しを選ぶときの注意点

上にも書いたように、引き出しタイプのテレビボードでは、壊れてしまうかもという心配があります。

DVDを目一杯入れるという様な使い方をする場合もあるでしょう。

物である以上、絶対に壊れないという事はないんですが、引き出し付きのテレビ台を買う場合には、次のような点に注意しましょう。

底がしっかりしているか

引き出しを見る上で、底板が厚いかどうかは重要です。

ちょっと手で押してみて、やたらとしなる(たわむ)物は注意が必要。

前の板がしっかりしているか

引き出しの前面の板も、壊れやすい(外れやすい)場所です。

しっかりビスなどで固定されているか、を確認するとともに、できれば前の板が2重(引き出しの枠が組まれた後に前板がくっつけられた状態。箱組とも呼ばれます)になっている物を選ぶようにしましょう。

レールがしっかりしているか

最近の引き出しでは多くの場合レールが使われていますが、そのレールも引き出しの重さを支える重要なパーツです。

白い金具にコマが付いてるだけ、といったものではなく、スライドレールと呼ばれる、スチール製(シルバー)のもので、できるだけ太いレールが付いたものにしましょう。

引き出しには何を入れる?

ちなみに引き出しには何を入れてますか?

一般的には

  • CD
  • DVD
  • ゲームのソフトや周辺機器
  • 化粧品
  • もらった年賀状
  • 筆記用具

とかでしょうか。

別に何でもいいんですが、リビングにおいてテレビ台の収納というのは一等地になります

使う頻度が高いモノを収納!

部屋の中心になる場合が多いので、便利なんですね。

そこにあまり普段使わないものを置いておくのはもったいないんですね。

(ほとんど見ないDVDで引き出しが埋まっているとか)

あまり使わないものは別の場所に片付けて、よく使うモノから引き出しに入れるようにしましょう。

テレビ台の引き出しについてのまとめ

デザイン的には好みの問題なので、オープンタイプの方が良い、という人もいるでしょう。
(私はそうです)

ただ引き出しは「物を収納する」という事を考えた場合にはメリットが多く、テレビ台の重要な要素です。

リビングの場合、

  • 細かなものをたくさん入れる
  • DVDを目一杯入れる
  • そこら辺にあるものを片っ端から入れる

といった使い方をすることも多いと思うので、できるだけしっかりした物を選ぶようにしましょう。

あと、引き出しのデザイン(色、材質、取手の形や素材)は、そのテレビ台の見た目の大部分を決めます。

引き出し(目に見える部分)の材質が安っぽいと、テレビ台自体も安物に見えるし、取手にアルミを使っているだけでスタイリッシュに、という事もあります。

引き出しに限らずテレビ台の前面は、細かな所にもこだわりましょう。

テレビ台の収納についての記事は、こちらにもまとめています

テレビ台の収納スペースはどうする?収納家具としての記事まとめ
「テレビ台の収納スペースってどんなのがいいんだろう?」 「引き出しと扉ならどっちがいい?」 テレビ台というのはテレビを置くための台である...


個人的によくできてるなぁ~、と思うテレビ台!

ATICA(アティカ)



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「ATICAのよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!」もどうぞ。


EMO(エモ)



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「EMOがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!」もどうぞ。


Lewis(ルイス) 



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「よくできてるなぁと思うテレビ台、Lewis(ルイス)」もどうぞ。


Rits(リッツ)

 

icon-hand-o-right テレビ台リッツの価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「Ritsがよくできてるなぁ~、と思う10個の理由!」もどうぞ。


幅広テレビボード



icon-hand-o-right このテレビ台の価格をみてみる!

 

詳しい説明は

「ベーシックだけど、よくできてるなぁと思うテレビ台!」もどうぞ。

コストパフォーマンスがなかなか!

 

人気のタイプのテレビ台を、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「人気のテレビ台、おすすめ20選はコレ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする