【食器棚の選び方】注意点などを、サイズ・色・テイストなどに分けて考えてみました!

食器棚の選び方

「食器棚ってどこが違うの?」

「ダイニングボードの選び方が分からない!」

食器棚を探していて、何が違うのか、どこに気を付けたらいいのか、どのくらいの大きさが最適なのかといった事で悩んでたりしませんか?

食器棚を選ぶ時に気をつけたいポイントというのはいくつかあります。サイズやタイプなどに分けてまとめてみました。

まずは個人的によくできてるなぁと思う食器棚を

いきなりですが、個人的におすすめしたい食器棚の記事をまとめてみました。

幅が狭めの食器棚をいくつか選んでみました。

まったくの個人的な好みであって、さらに選び方とも関係ないので、興味のない人は飛ばしてください・・・。

食器棚で大切なのはサイズです!(他の家具よりもサイズが重要です)

家具を選ぶとき、まず考えるのはサイズだと思います。それはどの家具を選ぶときも同じかもしれません。

ただし食器棚を選ぶときは、他の家具以上にサイズが重要になります。

なぜなら食器棚を置く場所(キッチン)のスペースには余裕がない人が多いから。

リビングに置く家具なら少しくらいずらして置くことができても、キッチンの場合には1cmでも大きければ置けない、という可能性もあります。

また使い勝手を考えると奥行きも案外重要になります。

とにかく食器棚を置く場所の幅をしっかり測るようにしましょう。

横幅、奥行、高さすべてが重要です。

タイプ別食器棚の選び方

サイズが決まったら、次に考えたいのが使い勝手も考えた機能面。

収納部分は引き出しなのか扉なのか、扉はどんなタイプがいいのかなどもチェックしましょう。

ちなみにサイズの部分と被りますが、とにかく薄め、低め、小さ目で探してる人もいるます。

家具屋さんで働いてた時も「小さい食器棚ってどこですか?」とよく聞かれたものです。

ただし小さい食器棚にもそれなりのデメリットはあるものなので、あらかじめ分かったうえで選ぶようにしましょう。

あそこの食器棚ってどうなんだろう?

食器棚といってもいろんなメーカーが作っていて、いろんな家具屋さんや通販で売られていて、と選ぶにもいろんな方法、場所があります。

いくつか気になるお店やメーカー、業態についてまとめてみたので、気になるところがあれば読んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする