【ダイニングテーブルの選び方】色や素材などに分けて考えてみました!

ダイニングテーブルの選び方

「ダイニングテーブルってどうやって選ぶの?」

「何で値段がこんなに違うの?」

「チェアはどうやって選ぶ?」

ダイニングテーブルを探していて、値段や材質の違いが分からなかったり、どうやって選んだらいいのかで迷っていませんか?

ダイニングテーブルを選ぶ場合にはポイントとなる点がいくつかあるので、サイズや材質、チェア、機能面などに分けてまとめてみました。

とりあえず個人的に好きなダイニングテーブルたち

まずは個人的によくできてるなぁと感じるテーブルをいくつかあげてみました。

選び方とは関係ないんですが、よければどうぞ。

興味が無ければ飛ばしてください。

まず最初にサイズで選ぶ

ダイニングテーブルでまず気にしないといけないのがサイズです。

といっても1センチ刻みで考える必要はありません。

何人で使うか、仮に4人掛けでもコンパクトなタイプ(120㎝幅)なのか、ゆったりサイズ(150㎝幅)なのか、といった決め方になります。

ただし高さはしっかり測って確認しましょう。

ほとんどのテーブルは高さが70㎝程度ですが、中には極端に高かったり低かったりするものもあります。

そうなると、窮屈だったり足がつかなかったりで使っていて疲れるといった事も考えられます。

幅はもちろんですが高さも考えてください。

色も選ぶときの重要なポイント

テーブルの場合、多くが木製のため茶色が多いと思いますが、同じ茶色でも濃いか薄いかで部屋に置いた時の印象や、広く見えたり圧迫感が出たりという事も。

また白いダイニングテーブルって人気なんですが、メリットやデメリットもあるので気になる人は下の記事もどうぞ。

材質といっても木だけじゃない

ダイニングテーブルといえばほとんどが茶色と言いましたが、実際には木目が入ってるテーブルでも印刷しているだけで木製じゃないタイプというのも結構あります。

表面が天然木じゃないテーブルについて、簡単にですが下の「ダイニングテーブルは無垢のほうがいいの?」という記事に書いてます。よければどうぞ。

とにかく材質については表示があると思うので、必ずしっかり確認するようにしましょう。

またガラスタイプのテーブルなんてのもあって人気がありますが、こちらもメリット、デメリットがあるので、もし考えているなら1度下の記事を読んでみてください

ダイニングテーブルといってもいろんな特徴があります

テーブルの特徴

テーブルで注意したいのは、案外脚の形状です。脚が2本か4本かでかなり使い勝手が変わってくるので、選ぶ前に1度考えておきたいポイントです。

チェアの特徴

チェアで注意したいのは、強度面でしっかりしているかじゃないでしょうか。毎日全体重がかかる家具なので、しっかり確認しましょう。

あとは人気のベンチタイプについてや肘置き、キャスターの付いた椅子についてのメリットやデメリットについても書いてみました。

「ココのダイニングテーブルってどうなの?」について

最後にいくつかお店ごとの特徴や個人的な意見について書いてます。

気になるところがあればどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする