【カーテンの選び方】サイズや機能性に分けて、注意点などを考えてみました。

カーテンの選び方

「カーテンってどうやって選ぶの?」

「サイズの決め方が分からない!」

「カーテンの機能って何?」

カーテンを選ぶといっても、サイズの測り方やいろんな機能がたくさんあって分かりにくくないですか?

カーテンの選び方を、サイズや機能の面からまとめてみました。

 

icon-check-square-o 家具を探している人に絶対に見てもらいたいサイトについての記事もどうぞ。

「【厳選!】家具の通販サイトで、絶対に見て欲しいのを2つに絞りました。」

家具
【厳選!】家具の通販サイトで、絶対に見て欲しいのを2つに絞りました。

 

個人的にいい感じだと思う、通販で買えるカーテンのショップ

まずは個人的にいい感じかなぁと思う、ネットで変える通販ショップをいくつか選んでみました。

選び方とは関係ないんですが、サイトによってはカーテン選びのポイントなども載っていて勉強になります。

カーテン選びはまずサイズから

まずカーテンを選ぶときの1番の難関が、採寸(測り方)じゃないでしょうか。

なかなか独特な測り方をしないといけなく、間違えると床を引きずったりする場合も。

通販で購入したりするなら基本的には自分で測る必要があり、しっかり理解して正確に測れるようになりましょう。

(店舗や中には通販でも、オーダーカーテンなどを購入するなら、自宅で採寸してくれるサービスを行っている所も)

採寸方法について記事を書いてますが、最終は必ず購入するサイトで採寸方法を確認してください。

そして必要な機能を選びます

カーテンには

  • 光を遮る
  • 熱を遮る
  • 保温する
  • UVカット
  • 防音
  • 防炎
  • 中が見えにくいレースカーテン

など、いろんな機能を備えたモノがあります。

その分価格も高くなる場合が多く、自分に必要な機能が何なのかを考えてから選ぶ必要があります。

もう一つ考えないといけないのがオーダーか既製品か

カーテンには、

  • 最初からサイズが決まっている既製カーテン
  • 自分でサイズを決められるオーダーカーテン
  • その中間にあたる、ある程度サイズの融通が利くイージーオーダー(セミオーダー)カーテン

があります。

オーダーできる方が値段は高いけど(かなりの差があります)、ピッタリ窓に合わせられるなど、オーダーか既製品化でそれぞれメリット、デメリットがあるので、購入の前にしっかり検討しましょう。

あとはスタイルや柄や値段です

あとはデザインやスタイル、価格で選ぶことになります。

デザインに関しては、部屋の中でかなり大きな面積を占めるので、あまり派手なモノは避けた方が無難です。

しかし逆に「マリメッコ」といった柄のデザインがはっきりしたモノも人気です。

デザインは個人の好みですが、部屋の統一感を考えて例えば「北欧風にする」など、テイストは揃えるようにしましょう。

その他の気をつけたいポイント

他にも「カーテンを選ぶのに注意したいポイント」についての記事をまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする