【チェストの選び方】注意点やポイントについて、サイズとかの面から考えてみました。

チェストの選び方

「チェストってどうやって選ぶの?」

「どこに気を付けたらいい?」

チェスト(たんす)を選ぶときって、違いも分かりにくいしどうやって選んだらいいか分からないという人も多いんじゃないでしょうか。

チェストを選ぶときのポイントについてまとめてみました。

個人的によくできてるなぁと思う本棚

まずは個人的にいい感じだなぁと思う本棚についての記事を集めてみました。

それぞれ見た目や使い勝手などを考えると、よくできてるなぁと思います。かなりおしゃれです。

ただ選び方とは全く関係ないので、興味ない人は飛ばしてください。

選ぶときにまず考えるべきなのはサイズです

チェストをはじめ、家具を選ぶときにサイズをどうするかは重要です。

部屋に入らなければ意味がないし、小さすぎて入れたいものが入らないのも問題なので。

ただチェストの場合、まず考えたいのがハイチェストにするのかローチェストにするのか、です。

ハイチェストは場所をとらないけど圧迫感が出るし、ローチェストは逆に低いので圧迫感はでないけど、横幅が必要だったり。

他にもいくつかそれぞれのメリット、デメリットがあるので、どちらか決める前に1度読んでみてください。

あと案外重要なのが奥行です。深いと量は入るけど場所を取るし、そこにも良し悪しがあります。

そして丈夫かどうか

あと気にしたいのが丈夫かどうか、つまり強度です。

1番注意したいのは引き出しです。

チェストでまず壊れるのは、だいたい引き出しです。

  • 底の板の厚み
  • レールの太さ
  • 引き出しに使っている板の厚み

などをチェックするようにしましょう。

また丈夫さで考えると組み立て式よりは完成品の方が上です。たいてい値段は高くなりますが、個人的には完成品の方がおすすめです。

あとチェストで脚がついたたいぷがあります。

個人的には掃除のしやすさや見た目のおしゃれ感から好きなんですが、厳密に強度の事だけ考えるなら避けた方がいいかもしれません。

(そのチェスト自体の強度にもよりますが)

もちろん値段も大事ですが注意も必要

あと気をつけたいのがチェストの価格。

誰でも安い方がいいと思いますが、特に家具の場合値段が安いのには、間違いなく理由があります。

家具の場合、ブランドもほとんどないので作りや材質に価格がそのまま比例する事が多いんですね。

(国産海外からの輸入品かで価格が変わる部分もありますが)

強度に関わってくる場合も多いので、値段だけで選ばないようにしましょう。

あと通販で「チェスト 激安」とかで検索して選ぶのもやめましょう。

たいてい本当に安い(値打ちのある)チェストはヒットしません。

チェストを選ぶときに値段だけじゃなく、チェックするポイントについて色々書いてます。

ココのチェストってどうなんだろう

最後にニトリとか無印で扱ってるチェストについて、どんな種類があるのかとまったく個人的な意見を書いてます。

気になる人はどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする