ダイニングテーブルにベンチを合わせたときの使い勝手は?

photo credit: - www.alessandrocorona.com - Lost in time via photopin (license)

ダイニングテーブルを選ぶ時に、ベンチタイプの椅子を合わせる人が増えています。

以前と比べると、家具屋さんに置いてるアイテムも増えましたが、見た目だけで選んだりしてませんか?

ベンチチェアならではのメリット、デメリットがあるので、使い勝手や欠点などについて考えてみました。

ベンチタイプのダイニングテーブルの良いトコ

すっきり見える

ベンチチェアには背もたれの有るものと無いタイプがありますが、これは背もたれが無い場合です。

ダイニングセットというのは部屋の中心の方ににくる家具なので、部屋の印象を左右しますが、背もたれなしのベンチチェアだと、テーブルの天板から背もたれが見えないので、見た目の奥行きが出て、部屋が広く、すっきりとした印象を与えてくれます。

ダイニングセットというのは、テーブルの大きさも、もちろんなのですが、椅子の背もたれのデザインや色によっても、部屋に与える圧迫感が変わってきます。

場所を取らない

これも背もたれ無しの前提ですが、ベンチチェアは椅子と比べて奥行きが狭くなっているので、使用するのに必要な場所が少なくて済みます。

またベンチタイプの場合、ベンチの背中側を壁に付けて設置することができるので(壁を背もたれがわりに)、そうする事で、さらに場所を取らずに置くことができます。

たくさん座ることも

大人が2人で普通に座れるようなサイズのベンチだと、詰めて座れば子供も含めて3人で、といった使い方ができます。

お客さんがよく来たり、パーティをする事が多い場合には、使い勝手が良いんじゃないでしょうか。

ベンチタイプのダイニングテーブルの注意点!

出入りがしにくい

ベンチという事は、少なくとも2人で同時に座る事を前提にしています。

例えばテーブルからの出入りの時、普通の椅子なら引っ張って座るだけなんですが、ベンチタイプの場合には、他の人が座っている状態でベンチを動かしてもらわないといけない場合も。

それでも背もたれなしのタイプなら、ベンチをまたいで座る事も可能ですが、背もたれがあると、そうもいかず前後に動かす必要があります。

さらに3人掛けだったりすると、もう大変。真ん中の人が動く度に、端の人に立ってもらう必要も。

位置を決めにくい

上と同じ理由ですが、同時に複数の人が同じベンチに座っていると、位置(ベンチとテーブルの距離)の調整に困ります。

大人であれば、ある程度テーブルとの距離を開けたいのに、子供は届かない、物が落ちるといった理由から、テーブルとベンチの距離をできるだけ近付けたいところです。

つまり一緒に座っているので、使う人ごとに最適な位置でキープする事ができません。

疲れる

椅子に座るとき、実際には、ずーっと背もたれに持たれているわけではありません。

ただそれでも背もたれがないベンチタイプでは、いざもたれたい時にもたれられない、という不便さはあるでしょう。

よくベンチを壁にピタッと付けて、背もたれがわりにしている場合もあると思います。上にも書いたように、場所を取らずに良いのですが、それだと

  • またいで座ることができない
  • ベンチが当たっている部分の壁に傷が付く

といった欠点もあります。

4本脚では使いにくい

ベンチチェアを使う場合には、4本脚のテーブルは避けた方が良いかもしれません。

2本脚(T字脚)だと、それほどベンチを下げなくても出入りができるんですが、想像してください。

4本脚だと、ベンチの前に来てる自分の膝や足が、テーブルの脚よりも後ろに来ないと出入りができません。

それだとかなり下げる事になり、2~3人一緒に座っているベンチチェアでは、かなり不便です。

またベンチのサイズを選ぶ場合、2本脚ならテーブルと全く同じ、あるいは極端に言うと、テーブルより幅の広いベンチでも、テーブルの下に納めることができます(ちょっとはテーブルより手前に出たとしても)。

ただ4本脚のテーブルなら、脚の内側のサイズより小さなサイズのベンチしか収納することができません。

使ってない時もベンチが外にあるので、かなり邪魔です。

掃除がしんどい

掃除に関しては、ベンチの方が脚の間隔が広くて楽、という意見もあります。

ただ基本的には1脚が大きく、当然重いので(特に背もたれつき)、ベンチの方が、掃除はしんどいかもしれません。

ベンチタイプのダイニングテーブル まとめ

ベンチタイプの良さは、すっきりして見た目もおしゃれな点。

  • 出入りがしにくい
  • 位置の調節が難しい

といった欠点もあるけど、慣れてしまえば、というところも。

ただしベンチにするなら、絶対に背もたれなし!

3人掛けなら絶対!!

背もたれの付いたベンチには、見た目以外、メリットが感じられません。

背もたれが欲しいなら、椅子にした方がいいんじゃないでしょうか。


よくできてるなーと思う、ダイニングテーブル

Beronia(ベロニア)


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルBeronia(ベロニア)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

ヴィンテージウッドダイニング


↑クリックで商品ページに!

詳しい説明は
「ヴィンテージウッドダイニングのよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

TOMTE(トムテ)


  テーブルのページ↑

↓チェアのページ

詳しい説明は
「ダイニングテーブルTOMTE(トムテ) がよくできてるなぁと思う、10個の理由!」

 

WEST(ウエスト)


  クリックで商品ページに↑

↓2人掛けの伸長式もあります!

詳しい説明は
「ダイニングテーブルのWEST(ウエスト)がよくできてるなぁーと思う、10個の理由!」

 

 icon-hand-o-downベンチタイプのダイニングもあります!

人気のタイプのダイニングテーブルを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のダイニングテーブル、おすすめの18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする